財布をネコババして捕まる確率は?捕まった時の処分は?

スポンサーリンク

財布をうっかり紛失してしまいましたか?

自分の不注意だし、仕方ないか…」とあきらめている人も多いと思います。

 

ですが、財布の中には、沢山の現金が入っていた場合。

そんな時は、「現金だけ抜きやがって!」と怒りますよね。

 

お金が盗まれたのだから、警察は、犯人を捕まえてほしいのは本音です。

しかし、自分に落ち度があって、紛失したお金です。

 

今回、財布がネコババされて捕まる確率について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

財布のネコババが捕まる確率は?

まずはじめに、財布のネコババで、犯人が捕まる可能性はないに等しいでしょう!

 

理由は証拠がないからです。

 

防犯カメラでなど、財布から金品を取った瞬間の映像があるなら、警察も動くかもしれません。

ですが、証拠映像がなければ、警察も動くこと事はできません。

 

また、財布の紛失は事件性がありません。

警察は、基本的に事件性の高いモノから、動きます。

 

うっかりミスで紛失した財布のネコババは、警察は動く可能性は低いですね…

 

とはいっても、財布が紛失してしまったことは、間違いありません。

お金以外にいろいろなものが入ってますので、紛失届を出さなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

財布をネコババされた時にすぐにすること

財布には、お金以外にも色々なものが入っています。

紛失したと気づいた時点で、すべき事があります。

財布をネコババされた時にすぐすること

  • 警察へ連絡、及び被害届を出す。
  • クレジットカードやキャッシュカードなどカード類の使用停止、及び再発行。
  • 運転免許証の遺失届・盗難届を出して、再発行をする。

 

これらは、早ければ、早いほど良いでしょう。

警察は紛失届を勧めてくるでしょう。

 

しかし、犯人を罪に問いたいならば、被害届を出さなくてはいけません。

 

運転免許証は、車はしばらく運転しないからいいや・・・と放置してはいけません。

悪い人に悪用される可能性も捨てきれません。

 

カードが悪用されると起こること

  • 消費者金融でお金を借りられる
  • ブラックな世界に情報を売られる
  • 勝手にクレジットカードなどを作られる など

 

運転免許証は、自分の身分を証明するとても大事な物です。

 

再発行の仕方は、各県の警察のHPにも載っています。

紛失したまま放置しないようにしてくださいね。

 

以前、友人が運転免許証をなくした事がありました。

いつなくしたのか、記憶にもなく、家中探しても見つかりませんでした。

 

結局、彼は、ひょっこり出てくるかもしれないけれど、放置して、危険な目に遭いたくないと、お金はかかりましたが再発行していました。

 

捕まった時の処分は?

運良く、犯人が捕まった場合、一体どんな罪になるのでしょうか?

考えられるのは、窃盗罪と占有離脱物横領罪です。

窃盗罪【刑法第234条より】

「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」
他人が持っている物、または明らかに他人の物と分かっている物を、盗んだ場合、これに当たります。

占有離脱物横領罪【刑法第254条より】

横領罪のひとつです。

「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。」

 

つまり、他人の落し物や拾った物を、自分の物のように扱い、勝手に使ったり売ったりすることが、これに当たります。

このふたつは、刑罰の重さがまったく違います。

  • 誘惑に負けてつい出来心でやってしまったのかどうか?
  • 所有者の占有を侵害したのかどうか?
  • 所有者が、置き忘れたと気づいてから現場に戻るまでの時間
  • (短ければ短いほど、所有者の占有が主張できる)

 

どちらの罪になるのかは、状況や社会通念を考慮して、警察が判断します。

 

まとめ

財布をネコババされた場合、そのままの状態で返ってくることはないと諦めた方が良いですね。

 

少なくとも、入っていたお金は諦めなくてはいけないでしょう。

自分の管理不足だったと反省し、二度と同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

 

ネコババするのは犯罪です。

バレなければやっても良いということではありません。

 

もし、あなたが財布を拾った側の人になった場合、誘惑に負けずに、警察にはそのままの状態で届けてくださいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ