「むやみに切なく」2話のあらすじと感想は?

スポンサーリンク

2006年、ウルもジュニョンも高校生。

ウルの父は朝から晩まで屋台をしてウル達を養っている。

 

暴力を振るってしまったジュニョンは10日間の無期停学処分を受ける事になる。

 

ジュニョンは女子を助ける為にやったのに、ジュニョンが喧嘩をふっかけったことにされたのですが、ジュニョンの母が必死で先生に土下座します。

 

スポンサーリンク

 

「むやみに切なく」2話のあらすじ

ここは泣きましたね。

例え演技だとわかっていても視聴者を泣かせる演技力です。

 

警察からジョンシクが引き取り、豆腐を食べさせながら、その時テレビに出ていた有名検事が、ジュニョンの本当の父親であると言うことをうっかり話してしまう…

 

本当の父親は、韓国最高の法学部の生徒で検事になる人で、「キャバクラで働くお前には吊りあわない」と本当の父親の兄に言われてしまう。(実際はもっとひどい)

 

これを聞いたジュニョンは、検事になるため勉強に必死に励むようになる。

 

高校生の時、近隣ですっごい有名なイケメンだったジュニョン!

バスの中でスカウトされます。まぁ、名詞を握り潰すんですけどね(笑)

 

ジュニョンの事が好きなウルの友達のナリ。

ナリに対して無視するジュニョン。

 

友達思いのウル。

実はウルも過去にジュニョンの事を好きでいたことがあるんです。切ない。

 

ジュニョンが白い熊のぬいぐるみを持ってウルに「100日おめでとう」と言う。

全然付き合ってもなんでもないのに、、、これを見たナリは崩れ落ちる。

 

夜、父を迎えに行くウル。

その父が、赤い車に乗っていた女にひき逃げされた。(めちゃ美人)ウルは必死で追いかけたが、、、、

 

ウルは現場を見ていたため車のナンバーも覚えていた。警察で証言するも自首してきたのは別人の男性。

この時、ある議員からヒョンジュン(ジュニョンの父)に「娘が事故を起こした為助けてほしい」と電話が…

 

警察でウルはヒョンジュンが介入して犯人も車も全部変わった。と聞かされた。あれれれれれれれ!!!!

第2話の時点でもう様々な複雑なものが見えてきました!

 

スポンサーリンク

 

「むやみに切なく」2話の感想

1話で見る気力50パーセントだった私は、2話で一気に100パーセントになるぐらいの内容でした。

もう関係が絡み合い過ぎです!

 

韓国の俳優さん、女優さんは本当に演技力が素晴らしいです。

ですが、ジュニョンの母が必死で謝るところなど本当に母の愛を感じました。

 

それと、キム・ウビンさんは役で病気なのですが、このドラマの後、本当に病気になってしまい今、現在闘病生活をしています。

私は病気になる前に見たのですが、今もう一度見直して見て以前より感情移入がすごいです。

 

リアル過ぎる。ジュニョンの100日おめでとうのシーンはマジで最悪だと思いましたけどね。

そして、なんと言っても2話で印象強いのが、ウルの父親がひき逃げされるシーン。自分の父親が目の前で、、、、

 

自首してきた人も自分が見た人と違うし警察は、この事件にヒョンジュンが介入した事によって車も犯人も変わったと言ってくるし、このシーンは見ていて胸が痛くなりました、韓国社会の闇的なものが見えましたね。

 

そして、この赤いスポーツカーの女は後々、、、、

 

2話が終わり続きが気になって仕方がなかったです!!

 

U-NEXTは約1カ月間無料トライアルできます。

期間内に解約すれば、料金はかかりませんよ♪

U-NEXT

 

あと余談ですが、ジュニョンの母がキャバクラで働いている事を身分が低いなど扱いされていました。

ですが、韓国ではキャバクラなどそういうお店で働く子とは遊ぶな、という親御さんもいるそうで、、、

 
だから皆結構黙っている人が多いみたいです。

このドラマでは韓国の風習、文化、こうした裏事情?なども知れるので見終わった後には韓国についてもっと知りたくなってること間違いなしです!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ