ドライアイスはどこで売ってるの?購入場所と相場

スポンサーリンク

ドライアイスは、学園祭や演奏会等の演出でよく使われます。

ですが、いざ買おうと思った時に、どこに売ってるか分からないとお悩みの方も多いはずです。

 

コンビニじゃ売ってないし、スーパーにも置いてません。

一体どこで買えばいいのか考えちゃいますよね。

 

そこで今回は、「ドライアイスはどこで売ってるの?購入場所と相場」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

ドライアイスはどこで売ってるの?購入場所と相場

ドライアイスを買う上で、重要なポイントは量です。

学園祭等で使用するとなれば、一定量以上のドライアイスが必要になります。

 

それを踏まえた上で購入場所についてご紹介させていただくと以下のような場所での購入が可能となっております。

ドライアイスの購入場所

  • 氷屋
  • ガス屋
  • 葬儀屋

 

氷屋

 

氷屋と言われてもピンとこない方もいらっしゃるかと思います。

氷屋は、氷の専門店、俗に「製氷店」と呼ばれている店の事です。

 

近年では減少傾向にあり、身近に存在しない場合が多いです。

もしも身近にあるようであれば、こちらで購入するのが一番ですね!

 

おすすめ理由は、専門店なので、「量が確保できる事」と「安価で販売されている事」です。

製氷店は、「〇〇氷店」や「〇〇冷蔵」といった名称になってます。

 

ガス屋

 

「ドライアイスとガスは関係ないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、ドライアイスは炭酸ガスを使い、製造する関係上、無関係ではありません。

 

なので、地域にあるガス屋に問い合わせ、販売しているかどうか聞いてみるのもいいでしょう!

 

ちなみに、ガス屋で取り扱いがあるかどうかは場所によります。

どちらかというと、「ガス屋さん」より「ガス会社」と呼ばれている大きい会社のほうが、取り扱いの可能性が高いです。

 

葬儀屋

 

葬儀屋さんは、少し意外かもしれません。

 

葬儀屋は仕事の際、遺体の保存の為、ほぼ必ずと言っていいほど、ドライアイスを使用します。

 

そのため、大量に所有している場合が多く、1kg~10kg程度の量であれば、その場での購入に応じてくれるところも増えてきています。

 

「相場」と「購入場所」を調べる方法

また、相場についても触れておくと一般的な相場としては「1kgあたり300~400円程度」となっています。

 

ただし、業者によっては500円で販売しているところも存在しています。

購入場所によって異なる部分が大きいですので、あらかじめご了承ください。

 

購入場所を調べる方法は、やはり「iタウンページ」ですね。

地域検索から、「製氷店」などの検索ワードを打ってみてください。

 

ドライアイスの購入方法は、ある程度分かりました。

次に問題なのがドライアイスの保存方法です!

 

次章で、ドライアイスの保存方法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドライアイスの保存方法

ドライアイスの保存方法で最も重要なのがドライアイス自身の体温で保存することです!

なぜなら、ドライアイス自体が温度が低いからです!

 

広島の氷屋さん己斐製氷によると、ドライアイスは、-78度と言われています。

つまり、これより温度が低い冷蔵庫は存在しません…(笑)

 

出典:https://ameblo.jp/koiseihyou/

 

上記、図は、20kgのドライアイスを常温(20~24度)で保存した場合の溶けるスピードです。

常温で保存した場合は、溶けるスピードが速いのが分かりますね。

 

それを踏まえたうえで、ドライアイスの保存方法を書いていきます。

ドライアイスの保存方法

  • 新聞紙に包む
  • 発泡スチロールに入れる

 

新聞紙に包む

 

ドライアイス自体の体温で保存するうえで欠かせないのが、新聞紙です!

「外気に触れさせない工夫」という意味で効果が高い方法です。

 

外気に触れさせないためには、出来るだけキレイに包むことですね。

ちょっとでも、ドライアイスが空気に触れていると、溶ける原因になります。

 

キレイに包んで、テープ等で貼っておくとよいでしょう。

 

発泡スチロールに入れる

 

発泡スチロールも新聞紙と同様で、断熱効果もあります。

 

発砲スチロールの選び方は、厚めでドライアイスに合ったサイズがベストです。

発砲スチロールが大きいと、空間が出来てしまうので、溶けやすくなります。

 

出来るだけ空間をなくすことが重要です。

ドライアイスを新聞で包むと思いますが、さらに、発砲スチロールの中に新聞紙を引くと、空間が埋まるので溶けにくくなります。

 

最後になりましたが、ネットでドライアイスを購入する方法をお伝えします。

 

ネットでドライアイスを買うなら

今まで、実店舗で購入する方法をお伝えしました。

ですが、ネットでもドライアイスは購入可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドライアイス10kg お届け日指定が必須条件です
価格:4276円(税込、送料別) (2018/3/8時点)

 

通販での購入だと「送料負担」&「常温配送の可能性」があります。

配送の間に、ドライアイスが少しサイズダウンすることを考えると、大きめのドライアイスがいいのではないでしょうか?

 


 

まとめ

以上、「ドライアイスはどこで売ってるの?購入場所と相場」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • ドライアイスの購入場所は「氷屋」「ガス屋」「葬儀屋」
  • 相場は1kgあたり300~400円程度
  • ドライアイスの保存方法は「新聞紙などに包む」「発泡スチロールに入れる」
  • ネットでもドライアイスは買える
  • ネットの場合、送料&常温配送がネック

 

まずは、iタウンページで「製氷店」や「ガス会社」「葬儀屋さん」を当たってみてください。

もし、近くにない場合は、ネットで買ってしまったほうが、早いかもしれません。

 

また、購入する際には、使用する日を考えて買いましょう!

保存している間は、ドライアイスが溶けてしまいますよ~(笑)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ