銭湯でシャンプーを「持ち込みする派」?「備え付け派」?

スポンサーリンク

多くの銭湯にはシャンプーが備え付けられています。

ですが、銭湯の備え付けシャンプーって、洗った後、髪がキシキシになることが多いです。

 

それだけ、銭湯の備え付けシャンプーは、安いイメージがあると感じている人が多いでしょう。

特に女性にはその傾向が強いため、持参しないと「髪に気を遣っていない人」のように思われてしまうケースもあります。

 

また、世間一般的には、銭湯備え付けのシャンプーを使っているのかどうか?も気になるところです。

 

そこで今回は、「銭湯でシャンプーを「持ち込みする派」?「備え付け派」?」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

銭湯でシャンプーを「持ち込みする派」?「備え付け派」?

一般的に見た場合「髪に気を遣う」のは、男性より女性の割合が多いですね!

女性が多い理由は、やはり、身だしなみを気にしている人が多いからでしょう。

 

また、髪が長いことも理由の一つです。

安いシャンプーだと、髪の毛がキシキシになってしまうので、髪の毛が、とかしずらいですからね。

 

その点、男性の場合は、短髪の髪型が多いので、備え付けのシャンプーでも問題ありません。

 

それを踏まえた上で、「持ち込みする理由」と「備え付けを利用する理由」については以下の通りです。

持ち込みする理由

  • 髪がパサつく
  • 髪がキシキシする
  • 髪質に合わない可能性があるから

 

いろいろな理由がありますが、一言で表すと、「シャンプーへのこだわり」ではないでしょうか?

 

特に美容師さんの場合は、シャンプーの良い悪いを知ってます。

安いシャンプーを使うことで、頭皮まで痛めてしまう場合もありますからね。

 

では、備え付けシャンプーを利用する理由を見ていきましょう。

備え付けを利用する理由

  • 銭湯によるが、結構高い物が置かれている場合もあるから
  • 荷物を増やしたくない
  • 頻繁(ひんぱん)に利用するわけではないから
  • 持参するのが面倒

 

備え付けを利用する方は、髪への意識が低い傾向にあります。

 

銭湯に入って、1回頭を洗うぐらいなら、備え付けシャンプーもアリと考えているはずです。

また、上記理由にもある通り、持参するのが面倒臭いという理由もあります。

 

やはり、人によって、考え方が違いますね!

どちらかというと、男性より女性のほうが、髪の毛に対する意識が高いことが分かりました。

 

ところで、備え付けシャンプーって、洗うと髪がキシキシになりますよね。

管理人も、同じ経験したので分かります!

 

銭湯備え付けシャンプーって、安全なのでしょうか?

次章で詳しく書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

銭湯に備え付けのシャンプーは安全?

銭湯のシャンプーを利用するにあたり、気になるのが安全性です。

安全性を確認する目的でもシャンプーに使われている成分のメリットとデメリットを挙げてみました!

ラウレス硫酸ナトリウム

  • 洗浄力が強く、汚れが落ちやすい
  • 洗浄力が強いため、髪に含まれる油分も落としてしまい、パサつく

 

脂肪酸ナトリウム

  • ラウレス硫酸ナトリウムよりは弱いが、比較的強い洗浄力を持っている
  • ラウレス硫酸ナトリウム同様、油分(ゆぶん)を落としてしまう

 

ココイルグルタミン酸

  • 保湿性が高く、頭皮に優しい
  • 洗浄力が弱い

 

主なシャンプーの成分として用いられているのは、ラウレス硫酸ナトリウムのような高級アルコール系や脂肪酸ナトリウムが属する石鹸系です。

ココイルグルタミン酸は、アミノ酸系になります。

 

この中でも高級アルコール系や石鹸系のシャンプーは特に洗浄力が強いため、髪にダメージを与えます。

 

洗浄力の強い成分が頭皮にダメージを与えるプロセスに関しては、エイジングケア化粧品の公式通販、アンファーストアにて以下のように記載があります。

「洗浄力が強すぎると頭皮に必要な皮脂(ひし)までも奪ってしまい、それを補うために皮脂が過剰に分泌。さらにそれを奪うといった悪循環(あくじゅんかん)となり、どんどん頭皮を痛めてしまう」

 

加えて、この成分は高級と名が付いていますが、実際には安価で購入することが可能となっています。

そのため、市場に出回りやすい成分であると言え、手に入りやすいということは多くの場所で利用されていることにもなるでしょう!

 

よって、銭湯でシャンプーを利用した際、「髪がキシキシする」ことや「パサつく」のも一因となっているのはこれらの成分であると考えられます。

 

結論として、洗浄力の強い成分が含まれたシャンプーが使用されている場合、髪へのダメージ等のリスクがあるのは間違いありません!

ですので、銭湯にもよりますが、髪への影響を気にされる方はなるべく持参した方がいいのではないでしょうか?

 


 

まとめ

以上、「銭湯でシャンプーを『持ち込みする派』か『備え付け派』か?」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 一般的には持参する人の方が多い
  • 持参する人と備え付けを使う人の違いは髪に対する意識の度合い
  • 女性のほうが髪の毛に対する意識が強い
  • 銭湯に備え付けのシャンプーは洗浄力の強い成分が含まれている場合、安全とは言えない
  •  

    銭湯は大衆浴場と呼ばれているぐらいですから、多くの人たちが利用します。

    なので、安いシャンプーを使ってる銭湯が多いです。

     

    1回だけ使うぐらいなら、備え付けシャンプーも問題ありません。

    ですが、長期的に見た場合は、「髪」や「頭皮」に悪いそうです。

     

    出来るだけ、質の高いシャンプーを使いたいところですね!

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ