昼休みに電話当番は労働時間になる?頼まれた時の対処法

スポンサーリンク

昼休みに会社にいると、働かされることって多くありませんか?

わかりやすい例で言うと、「電話」などが挙げられます。

 

昼休みに電話を出ていると「自分だけ電話当番させられた気分」になります。

「アレッ、これって、自由時間じゃなくて労働時間だよね…」

 

会社で働いている以上は、ある程度、会社の意向に従わなくてはいけません。

ですが、自由時間まで拘束されたくないというのも本音だと思います。

 

自由時間(休み時間)に働かされた場合、それが労働時間にあたるのかどうか?が気になるところじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、「昼休みに電話当番は労働時間になる?頼まれた時の対処法」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

昼休みに電話当番は労働時間になる?

まず、昼休みに電話当番が労働時間にあたるかどうかについてですが、ズバリ、労働時間にあたります!

この点については厚生労働省の公式ホームページ上に以下のような記載があります。

休憩時間について

  • 休憩時間は労働者が労働から離れることが保障されていなくてはならない
  • 待機時間等のいわゆる手待時間は休憩に含まれない
  • 昼当番で昼休みが費やされてしまった場合、会社は別途、休憩を与えなくてはならない

 

国の基準からしても、電話当番は労働時間に含まれることがわかります。

 

また、休憩時間に関しては労働基準法でも定められており、電子政府の総合窓口イーガブに以下の内容が記載されています。

労働基準法第34条第一項

「使用者は、労働時間が6時間を超える場合には45分、8時間を超える場合には1時間の休憩時間を与えなければならない(一部抜粋)」

 

労働基準法第34条第3項

「使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない」

 

上記、労働基準法でも分かる通り、電話当番させることは、休憩時間になりません。

休ませずに働かせることになりますので、法律的には労働基準法違反になります。

 

とはいっても、電話当番させられたからといって、会社を訴えることはできませんよね?

 

昼休みに電話当番をすることになったら、うまく対処するしかありません!

次章で、昼休みに電話当番をさせられた時の対処法について、書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

昼休みに電話当番を頼まれた時の対処法

前章で、昼休みに電話当番することは、労働時間に含まれることがわかりました。

出来れば、昼休みに電話当番を回避したいところです。

 

この章では、昼休みに電話当番を頼まれた時の対処法について書いていきます。

対処法は主に2つあります。

昼休みに電話当番を頼まれた時の対処法

  • 電話の鳴る場所にいない
  • 休憩時間を別にもらう

 

電話の鳴る場所にいない

 

一つ目は、電話の鳴る場所にいないことです!

 

昼休みが始まってすぐ、「オフィス内の違う場所に移動する」または「外出する」ことで、電話当番を回避することが可能です。

 

基本的に電話番を頼まれる人は、オフィスに残って昼食を摂っている人の中から選択されるカタチになります。

そのため、上司に目を付けられる前にオフィスを離れるのが、一番確実な方法です!

 

休憩時間を別にもらう

 

もう一つは、休憩時間を別にもらうことです。

 

ここで大切なのが、「電話当番が労働時間という事」を上司に認識してもらうことです!

 

上司に、「電話当番=労働時間」と認識してもらわない事には、休憩時間を取ることができません。

よって、まずは、上司に「今、電話当番してたので、休憩行ってきます」とアピールしましょう。

 

休憩時間をもらったら、オフィスの外で休憩しちゃいましょう…(笑)

 

この2つが、現実的な対処法だと思います。

 

では、昼休みに電話している人は、そもそも、なぜ電話してくるのでしょうか?

次章で、昼休みに電話してくる人の心理について書いていきます。

 

 

昼休みに電話してくる人の心理

昼休みに電話してくる人の心理についてですが、主に2つの理由があると管理人は考えます。

昼休みに電話してくる人の心理

  • 出てくれる可能性が高い
  • 自分が休憩中だから

 

出てくれる可能性が高い

 

一つは、出てくれる可能性が高いからです。

昼休み以外だと、忙しくて電話をつないでくれないこともあります。

 

その点、昼休みなら、誰もが休憩していることが分かります。

誰かしらいることが分かっていて、狙ってかけているケースです。

 

自分が休憩中だから

 

二つ目は、自分が休憩中だからという、単純な理由です。

 

忙しい人にとっては、昼休みにしか電話をかけられないというのも納得できます。

こういったケースでは、仕方ないとは思います。

 

まぁ、昼休みに電話をかけてくる人は、細かいことは気にしてない場合が多いのも事実です…

自分勝手と言ってしまうのもアリですが、電話している本人は何とも思ってないですね!

 


 

まとめ

以上、「昼休みに電話当番は労働時間になる?頼まれた時の対処法」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 電話当番は労働時間になる
  • 昼休みに電話番を頼まれた時の対処法は「電話の鳴る場所にいない」「休憩時間を別にもらう」
  • 昼休みに電話をしてくる人の心理は「出てくれる可能性が高い」「自分が休憩中だから」
  •  

    今回ご紹介したポイントで重要になるのは、「対処法について」です!

     

    実際、法律的には規約違反というのは間違いありません。

     

    しかし、日本のようにコミュニティを大切にする文化の場合、指摘する人は少ないです。

    そのため、「休憩時間を別にもらう」などの代替え案が、人間関係もスムーズにいきます。

     

    今後も、会社に存続することを考えると、柔軟な対応がいいと思います!

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ