大相撲の行司の給料はいくら?偶数月の仕事内容は?

スポンサーリンク

お相撲の審判である行司の人って、結構、謎が多いですよね!

 

一番の謎は、給料です。

お相撲は「2カ月に一度しか開催」がありません。

 

なので、開催されない月に、「行司の人の給料あるのか?」とか「開催月以外は、何もやってないの?」など、気にしている方も多いでしょう。

 

そこで今回は、「大相撲の行司の給料はいくら?偶数月の仕事内容は?」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

大相撲の行司の給料はいくら?

大相撲の行司の給料については月給制となっています。

以下のように相撲協会の規則で定められていますね。

行司の給料について

  • 立行司 40万~50万まで
  • 三役行司 36万~40万未満
  • 幕内行司 20万~36万未満
  • 十両行司 10万~20万未満
  • 幕下行司 42000円~10万未満
  • 三段目行司 29000円~42000円未満
  • 序二段行司 20000円~29000円未満
  • 序ノ口行司以下 14000円~20000円未満

財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則より

 

 

これに別途、手当てと衣装代が加算される形で算出されています。

上記の金額を基準に各自の能力、成績、勤務状況等を考慮した上で理事長が最終的な給与を設定しているとされています。

 

ですが、月給はある程度決められているものの、手当についての明確な記載は存在していません!

 

一応、初任給の場合は12万6千円との記載があります。

なので、大よそですが、この辺りが基準となると予測されます。

 

それから、衣装代も相撲規則において以下のように規定があります。

支給される衣装代(一場所ごと)

  • 立行司 50000円
  • 三役行司 40000円
  • 幕内行司 30000円
  • 十両行司 25000円
  • 幕下以下行司 20000円

財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則より

 

また、補足として、大関や横綱に昇進すると名誉賞として50万~100万円が支給されます。

 

これは行司の場合も同様です。

行司の場合だと最高位の立行司(たてぎょうじ)に昇進した際に50万円の支給を受け取ることができます!(再昇進の場合は適用されない)

 

行事の給料は、何となくわかりましたね!

では、大相撲が開催されていない偶数月は、行事の人たちは、何をしているのでしょうか?

 

次章で詳しく書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

行事の偶数月の仕事内容は?

前章で、行事の給料は月給制ということをお伝えしました。

つまり、仕事がない偶数月でも収入に困ることはありません!

 

ただ、行司は力士と違い、稽古をしません。

なので、「この間、何をしているのか?」というのも気になるところでしょう!

 

調べてみると偶数月、行司が行っているのは、以下の業務になります。

偶数月、行司が行っている業務

  • 地方巡業の手配
  • 所属している相撲部屋の事務
  • 番付表の作成

 

地方巡業の手配

 

大相撲では奇数月にしか試合が行われない関係上、偶数月には「稽古や地方巡業を行うのが通例」です。

この地方巡業に関する宿泊等の手配は主に行司が行っているとされています。

 

これは行司が原則として、相撲部屋に所属していることが要因として挙げられます。

相撲部屋に所属していれば、同部屋に所属している力士の巡業先の「宿の手配」や「移動手段の確保等」を行わなくてはならないケースは必ず出てきます。

 

下っ端の力士が手配をするイメージがありますが、力士は稽古がありますよね。

そうした意味で、一番時間に余裕がある行司が行うケースが大半になります。

 

ちなみに、こういった雑用的な仕事は、一番位が低い序の口行司がやるようです。

最近、テレビで「行事の裏側の特集」をしていました。

 

どの業界も上下関係がありますね!

 

所属している相撲部屋の事務を担当

 

地方巡業のところで触れたように行司は相撲部屋に所属しています。

なので、その部屋の事務的な仕事も請け負っています。

事務的な業務

  • 番付の発送
  • 冠婚葬祭の宛名書き
  • 後援会への連絡

 

加えて、横綱や新十両が誕生した際に作成されるその力士の過去の戦績を記した「星取表(ほしとりひょう)」の作成も行司が行っています。

 

番付表の作成

 

3つは、番付表の作成です。

番付表の作成が出来れば「一人前の行司」と言われています。

 

誰にでも出来るわけではないこの役を任されることは、「行司にとって大変名誉なこと」だとされています。

 

行司の中で一番、相撲字(隙間が少なく直線的な文字)が上手い人が番付表の担当しています。

約10日もの期間をかけて作成すると言われるだけに正直、手間はかかります。

 

それから、補足として、番付は隙間がないほどびっしり書くのが通例となっています。

その理由として言われているのは、「隙間がないほどお客さんに入ってほしい」という願いからだとされています。

 

そんな行司ですが、定年はあるのでしょうか?

 

 

行司に定年はあるの?

行司に定年があるかどうかについてですが、定年はあります!

 

相撲協会が定めている規則の内の一つ、「定年退職規定」第六条によると「行司は、満65才にて定年とする」という記載があります。

人間は年齢と共、にどうしても集中力が落ちてしまう生き物です。

 

特に行司はとっさの判断力が求められる仕事です。

集中力が求められる仕事において、それが低下すると満足に勤められなくなることは容易に推測できるのではないでしょうか?

 

その意味でも65歳までというのは納得できる規則と言えますね!

 


 

まとめ

以上、「大相撲の行司の給料はいくら?偶数月の仕事内容は?」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 行司の給料は月給制
  • 基本給に手当と衣装代が付加される形になる
  • 仕事のない偶数月は「地方巡業の手配」「所属している相撲部屋の事務担当」「番付表の作成」
  • 行司には定年があり、ルール上は「満65歳まで」となっている

 

給料のところでも触れましたが、力士だけでなく、行司にも階級が存在しています。

つまり、実力主義の社会です。

 

なので、最初は、月給も少ないので、生活は厳しいのが現実です。

生活出来るレベルは「十両行司」以上になってくるでしょう。

 

この前テレビで見ましたが、10代で行司の仕事をしている若者がいました。

将来、どんな行司になるかが、楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ