体育座りでおならが出てしまう理由は?対策と出た時のごまかし方 | トレンド総合ニュース

体育座りでおならが出てしまう理由は?対策と出た時のごまかし方

スポンサーリンク

体育座りって超お腹が痛くなりますよね!

中にはお腹が痛すぎて、「プッ」とおならをしてしまった人もいるのでは??

 

体育座りは、その姿勢的におならが出てしまうのが仕方ありません。

なので、仮にそうなってしまったとしても何も不思議なことではないでしょう。

 

でも、やっぱりおならが出てしまうのは恥ずかしいですよね!

その意味では、万が一に備えて、対策やごまかし方を知っておくことは大事ではないでしょうか?

 

そこで今回は、「体育座りでおならが出てしまう理由は?対策と出た時のごまかし方」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

体育座りでおならが出てしまう理由

まず、はじめに、体育座りでおならが出てしまう理由ですが、ズバリ、腸を圧迫する姿勢だからです!

 

体育座りというのは、前傾姿勢ですよね。

前傾姿勢になることで、お腹を縮める事になります。

 

それにより、体内に溜まったガスは外へ出ようとします。

結果的におならが出やすくなる状況が生まれると言えますね!

 

過敏性腸症候群の可能性もある

この他、ストレスが要因となって起こるとされる「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)」の可能性もあります。

 

この病気は主に「便秘や下痢を繰り返す」症状があります。

 

なので、頻繁におならが出たり、ガスで下腹部が異常に張ってしまう症状が出るケースもあります。

この状態は「過敏性腸症候群」のガス型と呼ばれていますね!

 

さいたま市にある「心と体のクリニック」院長の大林正博医師によれば、「特に緊張する場面などで悪化する人も少なくない」と語っています。

 

続けて、「失敗がさらにプレッシャーやストレスとなって、症状を悪化させてしまう」とも語っています。

 

そのため、「前傾姿勢」+「緊張状態」+「ストレス」により、おならが出る可能性は高くなるということです。

 

次章では、おならが出ないようする対策について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

おならが出ないようにする対策

前章で、体育座りでおならが出る理由についてお伝えしました。

「座り方」+「ストレスや緊張状態によりガスが溜まる」のが主な原因だと考えられます。

 

では、おならを出ないようにするためには、どのような対策をすればよいのでしょうか?

おならが出ないようにする対策

  • 体育座りをする前にトイレに行ってお腹に溜まったガスを出しておく
  • ガスが溜まる原因を作らない
  • ストレスの軽減やリラックスできる環境作りも大切!
  • 座り方を工夫する

 

体育座りをする前にトイレに行ってお腹に溜まったガスを出しておく

 

まずはじめに、おならを出ないようにするためには、事前に体内のガスを排出しておくことです。

 

単純なお話ですが、体内にガスがなければ、おならが出ません。

仮に、体育座りをして、お腹が圧迫されたとしても、おならが出ることはないでしょう!

 

もし、根本的な解決をしたい場合は、腸内洗浄(コーヒーエネマ)も、おすすめです!

管理人は、週2ぐらいでやってます。

 

根本的な解決はコチラ↓《ニキビ・肌も若返りますよ》

腸内洗浄の効果は?メリットデメリットを体験談でご紹介

腸内洗浄のやり方!自宅でエネマキットでやる方法はコレ

 

ガスが溜まる原因を作らない

 

おならの一番の原因は、口から空気が入ることです。

 

独立行政法人理化学研究所の辨野義己(べんのよしみ)先生によるとおならの成分の内、約70%は食事などの際に口から飲み込んだ空気であると語っています。

 

ですので、この70%を抑制することが重要です。

また、食べるものによっても、ガスが溜まりやすくなります。

食事でガスを溜まる理由

  • 炭酸飲料の摂取
  • 肉類の過剰摂取
  • 食物繊維の摂取
  • 早食い

 

特に、「炭酸飲料の摂取」「食物繊維の摂取」は、即効性があります。

なので、「今日は体育館に集りそう!」ってときは、この2種類は避けたほうがよいですね!

 

ストレスの軽減やリラックスできる環境作りも大切!

 

これは、前章で紹介させていただいた「過敏性腸症候群(ガス型)」のパターンです。

この病気は、前章でもお伝えした通り、ストレスが主な原因です。

 

よって、改善していくためには「ストレス軽減」&「リラックスできる環境作り」が最も効果的です。

 

ストレス発散方法は、「寝る」「散歩する」など、人それぞれ違います。

なので、あなたなりのストレス発散法が、一番おすすめですよ。

 

座り方を工夫する

出典:http://yugami119.com/701-2/

 

体育座りというと一般的には、背中を丸めるようなイメージです。

しかし、実際にはこれは正しい座り方ではないとされています!

 

正しい座り方は背筋を丸めるのではなく、上記画像の右の図のように背筋を伸ばした状態のことを指しています。

 

この状態で、膝(ひざ)の下あたりに手を添える感じにすると背中も丸まらず、お腹への負担も軽くなります。

 

お腹への負担が軽くなれば、腸への刺激も最小限で済みます。

結果的におならが出にくくなることにも繋がるでしょう!

 

次章では、おならが出てしまった時のごまかし方について書いていきます。

 

 

おならが出てしまった時のごまかし方

前章で、おならを出ないようにする対策についてお伝えしました。

「事前排出」「ガスが溜まりやすい食べ物を避ける」「ストレス軽減」などで、対策が出来ることが分かりました。

 

ですが、実際に、体育座りをした時に、どうしてもおならが出ちゃったってこともあり得ます。

そんな時の、ごまかし方についても触れておきますね!

我慢できずに出てしまったときのごまかし方

  • 音を鳴らしてごまかす
  • 音が出ないようにする(すかす)

 

音を鳴らしてごまかす

 

一つ目は、音を鳴らしてごまかすです。

 

具体的な方法は、体育シューズを鳴らすです。

理由は、音が高音になるからです。

 

おならって、結構高い音が出ますよね。

体育シューズも、「キュッ」と高い音が出ますので、うまくごまかせます。

 

ただし、おならが出てしまった後だと、ごまかしがききません。

なので、おならが鳴るタイミングで、「キュっ」と鳴らしてください。

 

また、ベタな方法ですが、おならと同時に咳(せき)をするという方法もあります。

 

「体育シューズ」と「咳」を同時にやるのは、不自然かもしれません。

ですが、おならが出るのがバレるより、ましですよね…(笑)

 

音が出ないようにする(すかす)

 

2つ目は、おならをすかす方法です。「すかしっ屁」ですね!

音のメカニズムを逆手に取ったやり方です。

 

音は振動によって生じると言われています。

おならの音は、ガスが肛門を出る時に、肛門を振動させることで生じています。

 

ですので、力んだりして肛門が閉じているような場合には隙間が狭くなります。

そうなると振動も大きくなるため、音も大きくなるというわけです。

おならをすかすSTEP

  • 片方のおしりを床に押し付ける
  • もう片方は浮かす
  • そうすると穴が開き、音がしなくなる

 

上記のやり方で言うとおしりを片方上げることで隙間を作り、空気に逃げ道を与えることで音がしないようにするという方法になります。

 

ただ、音量を抑え込むことは可能かもしれませんが、無音(むおん)にするのは難しいです。

なので、あくまでも、ごまかしが利く程度の音量に留める方法だと解釈していただければいいでしょう!

 

補足として、力むと音も大きくなる傾向にあります。

ですから、出る直前に少し力を抜くといった方法も音を抑える上では有効ですね!

 


 

まとめ

以上、「体育座りでおならが出てしまう理由は?対策と出た時のごまかし方」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 体育座りで音が出てしまうのは主に2つ
  • 「腸が圧迫される」
  • 「過敏性腸症候群(ガス型)」
  • 対策は主に4つ
  • 「事前にトイレに行き、ガスを出しておく」
  • 「ガスが溜まる原因を作らない」
  • 「ストレス発散&リラックス」
  • 「座り方の工夫」
  • 出てしまった時のごまかし方は主に2つ
  • 「音を鳴らしてごまかす」
  • 「音が出ないようにする(すかす)」
  •  

    生きていくうえで、おならは出ることは、ごく自然です。

    なので、おならが出ること自体は、気にする必要ありません。

     

    ですが、出したくない時に出てしまうのは困ります!

    なので、困ったときは、今回の方法を試してみてください。

     

    炭酸飲料と食物繊維は、結構、おなら出やすいので、気を付けてくださいね^^

    あと、すかす方法をマスターすれば最強ですね(笑)!

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ