バイトで無断欠勤した時の言い訳は?次の日の謝罪方法

スポンサーリンク

バイトの無断欠勤は、バイト先に迷惑がかかる行為なので、当然NGです。

しかし、シフトの勘違い等、自分の不注意が原因で無断欠勤をしてしまうケースもあります。

 

この場合、悪意がなく無断欠勤してしまったパターンですね。

 

ですが、バイト先に迷惑をかけてしまったのは事実です。

なので、謝罪方法も含めた対応に悩んでいる方も多いでしょう!

 

そこで今回は、「バイトで無断欠勤した時の言い訳は?次の日の謝罪方法」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

バイトで無断欠勤した時の言い訳

バイトで無断欠勤した時の言い訳として、考えるのがウソの理由です。

ですが、ウソの理由は、原則避けるようにしてください!

ウソの言い訳がNGな理由

  • ウソはバレる
  • 罪悪感が残る
  • 人間性の問題

 

上記のように、ウソは必ずバレます。

なぜ、バレるか?というと、相手(店長)はいろいろな人達を見てきてます。

 

いろんなパターンを把握済みですので、「またか…」と思われるでしょう。

また、ウソをつくことで、信用も一気に落ちます。

 

その後に、ウソをついたという罪悪感も残ります。

「人間的に正しい事」をやってないので、人間性に問題ありです。

 

それを踏まえた上で以下の方法は、対処法として効果的と言えます!

 

無断欠勤した時の対処法

  • 素直に謝る
  • おわびの気持ちを伝える

 

素直に謝ることが、一番重要です。

「素直さを出すこと」=「ウソをつかない人間」だということを証明できます。

 

経営者サイド(店長含む)は、ウソをつく人間が嫌いです。

ウソをついた時点で、信用がなくなったと思って間違いないです。

 

ただ、正直に話すだけでは、相手に誠意が伝わりません。

かえって怒らせてしまうので、心のそこからお詫びの気持ちを伝えるのが、大切です。

 

迅速にお詫びするのが鉄則

ここで、重要なのが、責任者への連絡は出来る限り、気付いた段階で迅速に行うことです。

 

理由は、店長が無断欠勤を気にしています。

時間が経過するほど、イライラが溜まってきます。

 

「気まずいから連絡しにくい」という気持ちもあるのは、十分わかります。

ですが、時間をかけることはデメリットでしかありません。

 

また、職場の人たちは「何かあったのでは?」と心配している可能性も高いです。

さらに、家族に連絡がいく場合も考えられ、大事に発展するケースも出てきます。

 

なので、無断欠勤した際には必ず、連絡を入れておくというのを忘れないようにしてください!

 

次章では、無断欠勤した場合の次の日の謝罪方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

無断欠勤した場合、次の日の謝罪方法

前章では、無断欠勤した時の言い訳についてお伝えしました。

「ウソNG」「素直に謝る」「誠意を見せる」この3つが重要です。

 

では、具体的にどのように謝罪をすればよいのでしょうか?

前章でもお伝えした通り、迅速に連絡するのが鉄則です。

 

なので、まずは、無断欠勤したことを気付いた時点で、連絡します。

無断欠勤した際の謝罪方法

  • 電話
  • メールor LINE
  • 直接会って謝罪

 

電話

 

まず、最初の電話は、無断欠勤に気付いた時点です。

気付いた時点で、必ず連絡してください。

 

もし、電話が通じなければ、メールもしくは、LINEで伝えます。

重要なのは、何度もお伝えしますが、迅速に行う事です。

 

もう一つ重要なのは、メールやLINEだと相手に気持ちが伝わりにくい事です。

なので、電話→出なければメールorLINEの順番で、伝えてください。

 

言い方としては、「ごめんなさい。今気づきました。〇〇してました。明日からは出勤しますのでよろしくお願いいたします。」

 

謝罪から入り、シンプルに謝るのがおすすめです。

下手に長くなることで、言い訳っぽく聞こえます。

 

メールor LINE

 

電話→メールの順番という事をお伝えしました。

 

メールかLINEは連絡手段としては適していません。

ですが、電話ではどうしても連絡が取れないというケースでは選択肢に入ってきます。

 

電話の留守電に入れておくのもいいのです。

ですが、「電話が繋がらなかったので…」と言った流れでメールやLINEでのフォローという形ならばOKです。

 

ただ、最初からメールやLINEを使うのはマナーとしてNGです。

あくまでも、電話がつながらなかった時の限定方法として頭に入れておいてください!

 

直接会って謝罪

 

電話、出なければメールで取り急ぎ連絡という事をお伝えしました。

その次の日になったら、直接会って謝罪です。

 

「前日に電話で謝罪したからいいのでは?」と思ってしまう方もいます。

ですが、何かの問題を起こした際、直接会って謝罪するのは社会人としてのマナーでもあります。

 

前日に電話で誠意を見せても、直接会って謝罪しないことで、誠意が足りないと受け取られてしまいます。

 

ですので、申し訳ないという気持ちと誠意を示すためにも、「電話」&「直接謝罪」のダブル謝りでいきましょう!

 

謝罪方法としては、「昨日は本当申し訳ございませんでした。以後気を付けます。」

余計な言い訳をせず、シンプルに謝ってください!

 

職場の同僚にも謝罪する

補足ですが、同僚にも謝罪しておいたほうがよいでしょう。

無断欠勤したことで、急遽、休日出勤になったバイトさんがいるかもしれません。

 

同僚に謝罪しないことは、居心地の悪さにも繋がってくるので、対応をしっかりやっておきたいところです!

 

次章では、無断欠勤した後のお店側の対応について書いていきます。

 

 

無断欠勤した後のお店側の対応

前章で、無断欠勤をした時の謝罪方法についてお伝えしました。

「電話で誠意を伝える」さらに「直接謝罪して誠意を伝える」この2点が重要でしたね!

 

では、無断欠勤をした人に対して、お店側はどのように対応するのでしょうか?

無断欠勤した際のお店側の対応は以下の通りです。

無断欠勤した際のお店側の対応

  • ペナルティをかされる
  • 解雇される可能性がある

 

ペナルティをかされる

 

バイトを無断欠勤した場合にペナルティをかされることはよくあることです。

 

一般的なイメージとしては罰金が挙げられます。

アルバイトのペナルティとして罰金を払わせる行為は違法となっているため、実際にそうなる心配はありません。

 

しかし、減給についてはその限りではなく、一ヶ月の給料の内、10分の1以下までならば法律上、可能となっていますので、その点は覚えておいてください!

 

実際問題として、罰則なしでは周りが納得してくれません。

なので、減給にはならないかもしれませんが、何らかのペナルティがかされることは覚悟しておいた方がいいでしょう!

 

解雇される可能性がある

 

無断欠勤が一回や二回程度なら解雇されることはそうないかと思います。

これが何度も繰り返されるようであれば、解雇される可能性も出てきます。

 

さらに、無断欠勤後、連絡がしばらく途絶えた場合は、解雇対象になるのは間違いないです。

また、無断欠勤は雇う側がバイトを採用する際に結ぶ、雇用契約における契約違反行為に該当してしまいます。

 

ただ、雇用主も労働力を失うのは痛いはずです。

「迅速」かつ「誠意を見せた謝罪」であれば、解雇の確率は低いと思いますよ!

 


 

まとめ

以上、「バイトで無断欠勤した時の言い訳は?次の日の謝罪方法」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 言い訳をするときはウソをつかない
  • 正直に言い、申し訳なさを伝える
  • お詫びを必ずする
  • 連絡は無断欠勤が分かった時点で迅速に行う
  • 無断欠勤した際の連絡は電話が基本
  • 連絡が取れない場合にはメールやLINEでも代用可
  • 事前に連絡していても責任者には直接会って謝罪した方がいい。
  • 併せて同僚にも一通り、謝罪を済ませておく
  • 無断欠勤した場合、ペナルティがかされるケースや解雇されるかも
  •  

    無断欠勤は、悪い事ではありません。

    人間誰だってミスは犯します!

     

    今後ミスを犯さないように、気を付けてくださいね♪

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ