バイトのヘルプの断り方!相手が納得する方法

スポンサーリンク

バイトのヘルプって、頼られるのは嬉しいですよね!

でも、頼られすぎて、休みを返上してまでヘルプだと、かなりキツイです。

 

ただ、ヘルプはキツイけど、「店長の言う事も断れない」という気持ちもあります。

そんな時、「どのように断ればいいのか?」と考えてしまいませんか??

 

そこで今回は、「バイトのヘルプの断り方!相手が納得する方法」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

バイトのヘルプの断り方!相手が納得する方法

学生はアルバイト気分でも、お店側からすると、立派な仕事です。

ある程度、店側の意向に従わなくてはならない面があるのも確かです!

 

ただ、それにも限度がありますし、便利屋扱いされてしまうのも問題アリです。

 

多くの場合、アルバイトは学生であるケースが大半です。

ですから、時間を作ること自体はそれほど難しくないでしょう!

 

それを踏まえた上でのヘルプの上手い断り方については以下の通りです。

バイトのヘルプの断り方

  • 「学業に支障をきたすから」等の理由をつけて断る
  • ヘルプ先の人間関係の悩みを相談する
  • 「家の用事」を理由にする

 

「学業に支障をきたすから」等の理由をつけて断る

 

学生の場合、一番おすすめな方法は、学業を理由にすることです。

 

理由は、本来、学生は学業に専念すべきだからです。

バイトのせいで、成績が下がってしまったら、単位が取れない可能性大です。

 

単位が取れなかったら、最悪、留年になります。

留年になっても、お店側の責任にできませんよね??

 

そういう理由から「学業に支障をきたしているから」という理由は説得力の観点からも十分と言えます。

 

加えて、今後、理由である学業のことを考慮し、ヘルプの頻度を下げることも検討してみてはいかがでしょうか?

 

店長は、シフトを決定する立場にある人はバイトの立場を尊重しないケースも多いです。

ですが、辞められてしまったら困るのも事実です。

 

また、ヘルプを頼むということは、信頼できる人物だと思っています。

 

そのような人材を失うのは店側としても避けたいはずです!

なので、理由ありきであれば、断れる可能性は高いです。

 

ヘルプ先の人間関係の悩みを相談する

 

こちらの方法を伝えるうえで、ポイントは2つあります。

一つは、人間関係が原因で、「仕事の効率が下げること」を伝える事です。

 

仕事の効率を下げることは、ヘルプ先でも迷惑がかかります。

せっかくヘルプに入っていても、迷惑がかかっていれば、仕事を邪魔するだけになります。

 

もう一つは、ヘルプに入ることで「仕事が辞めたくなった」事を伝えることです。

「仕事が辞めたくなった」ことを伝えれば、さすがに、ヘルプ先に行かせることはできません。

 

また、バイトが辞めることで「自店の人員不足」になる可能性もあります。

この方法なら、ヘルプの頻度を下げてくれることを考慮してくれる可能性もありますよ!

 

「家の用事」を理由にする

 

これは極論、「嘘をつく」という話です。

バイトのヘルプを断る上では嘘をつくことも重要になってきます。

 

真面目な人にとっては難しいことかもしれません。

ですが「家の用事」だと言えば、相手も無理強いすることはできないのではないかと思われます。

 

店長やエリアマネージャーは従業員の情報をある程度把握しています。

ですが、プライベートまでは知ることができません。

 

一番おすすめなのは、祖父母の介護等ですね。

ウソをついているようで、ウソっぽくない理由です。

 

上記の理由から「どうしても外せない家の用事があるので…。」といった感じで話を持っていくのは効果的であると思いますよ!

 

次章では、あなたがヘルプを頼まれる確率が高い理由について、書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

バイトで「ヘルプ」を頼まれる確率が多い理由

前章で、バイトのヘルプの断り方について、お伝えしました。

「学業に専念したい。」ことを伝え、徐々にヘルプの頻度を下がるのが効果的な方法です。

 

では、そもそも、なぜ、あなたがヘルプを頼まれるか?というと、ズバリ「あなたが信頼されている」からです。

 

前章でも、軽く触れました「信頼」について、詳しく書いていきます。

 

他店に送り込むということは、「仕事が出来るだけ」では通用しません。

知らない人ともコミュニケーションできる人柄が必要です。

 

よく、「仕事は出来る」けど、「人間関係が苦手」っていう人見かけますよね?

このバランスがとれているということが、仕事を頼まれるんです。

 

なので、信頼できる人は、「仕事」&「コミュニケーション力」ができる人です。

ということで、ヘルプを頼まれることは、自信をもってください。

 

また、人手不足という理由もあるでしょう!

 

やはり、飲食業のイメージは「接客大変そう…」というのがあります。

なので、初心者がアルバイトをやる場合、応募するのに抵抗があります。

 

やはり、お店を明るい雰囲気にするのが重要です。

明るい雰囲気にして、店舗に求人募集すれば、学生さんも応募するかもしれませんよ!

 

良かったら、この記事を店長さんに見せてあげてください。

特に、リサーチ力が足りてないことで、求人が来ないケースは多いです。

 

【気になる関連記事】

【体験談】求人が来ない!なぜアルバイト募集が集まらないの?

 


 

まとめ

以上、「バイトのヘルプの断り方!相手が納得する方法」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • バイトのヘルプの断り方として効果的なのは、「学業への支障を理由に断る」
  • 一時しのぎであれば、「家の用事」を理由にするのもアリ!
  • バイトで「ヘルプ」を頼まれる確率が多いのは、「信頼されている」
  • 人手不足でヘルプを頼まれていることもある
  • 信頼されていることは自信を持っていい!

 

今回のポイントは、学業優先ということでした。

なので、遊びの予定などは、出来るだけ避けてください。

 

ただ、遊びの予定でも、前から決まっている予定なら、断る理由にしてもアリです。

結局、理解力ある店長またはオーナーでないと、難しいですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ