バイトでヘルプ時は時給UPしてくれるの? | トレンド総合ニュース

バイトのヘルプ先での時給は上げてくれるの?

スポンサーリンク

バイトに慣れてきて、店長などの責任者から信頼を得ると他店のヘルプに行かされるケースも出てきます。

 

ヘルプは店側の都合でもありますし、やる側に多少なり、負担がかかることでもあります。

また、時給UPなどをしてくれないと割に合わないという気持ちにもなりますよね?

 

仕事の負担が増加すれば時給UPもある意味、当然とも言えます。

しかし、実際問題、「他店のヘルプに行くことで時給を上げることは可能なのか?」というのは気になるところでもあるでしょう!

 

そこで今回は、「バイトのヘルプ先での時給は上げてくれるの?」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

バイトのヘルプ先での時給は上げてくれるの?

バイトのヘルプ時の時給ですが、ズバリ、チェーン店によるとしか言えないのが実情です!

 

一例として、「モンテローザ」というチェーン店では、他店のヘルプに入っても所属店舗の時給が採用されるため、ヘルプに行くことで時給が上がることはありません。

 

他にも、チェーン店として有名な「すき家」や「マクドナルド」等でも同様の形式を取っています。

「すき家」や「マクドナルド」も「自分が所属している店舗の時給」で換算されていますね。

 

一方で、ヘルプの際、「+○○円」という形を取っているところもあります。

「+○○円」を採用している飲食店は、大手よりは規模が小さい傾向にあります。

 

よって、基本、自動的にヘルプで時給が上がるというのは、あまり考えない方がいいかもしれません。

 

結論は、会社の方針によるところが大きいですね!

所属している会社のルールを今一度、確認してみては、いかがでしょうか?

 

次章では、時給を上げてもらうには、どうすればいいのか?について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

時給を上げてもらうには?

前章で、バイトのヘルプ時の時給が上がるか?について、お伝えしました。

会社の方針次第と結論が出ました。

 

結局のところ、自店の時給が採用されるわけなので、自店の時給を上げなくては、自分の時給が上がりません。

 

で、一番有効なのは、「店長に直談判すること」しかありません!

なぜなら、彼ら(経営者に近い立場の人)は、「出来るだけ時給は上げたくない。」と考えてます。

 

1人の時給が50円でも上がれば、経費が50円上がることになります。

経営者としては、経費が増えることになりますので、避けたいところです。

 

そうは言っても、時給を上げてもらいたいですよね?

そんなに重要になるのは、お店への貢献度です!

お店への貢献度

  • 店長の言うことを素直に聞く
  • 出来る限りヘルプを引き受ける

 

上記、2つの項目をすることにより、信頼が生まれます。

信頼が生まれたあとに、時給交渉するのが鉄則です。

 

店長が不信に思われている人は、間違っても時給は上がりませんからね…(笑)

ヘルプに関しても、出来る限り、要望に応え、ヘルプを引き受けるのが効果的です。

 

時給交渉の理由

  • 遅刻早退がない点
  • 欠勤がない点
  • シフト通りに出勤している
  • 他店応援を引き受けている
  • 他店でも仕事に貢献している

 

時給交渉の点は、上記のようなカタチです。

真面目に働いていることを、アピールするのが一番ですね!

 

時給交渉の3STEP

  1. 店長に直談判する
  2. 信頼関係を構築する
  3. 時給交渉する

 

先ほどもお伝えした通りですが、自分から直談判することが重要です!

間違っても、向こう(経営者)から、時給UPのことは、言ってくれません。

 

必要であれば、他の仕事(時給高い仕事)からお誘いがあるという交渉もしていいかもしれません。

もし、人手不足の場合は、高い時給を払ってでも、あなたを雇用したいはずです。

 


まとめ

以上、「バイトのヘルプ先での時給は上げてくれるの?」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  1. 時給アップしてくれるかどうかは所属している会社の方針次第
  2. 有名なところのチェーン店ではヘルプによる時給アップは行っていない
  3. 時給アップを図る上では、自ら直談判することが重要
  4. 真面目なことをアピールして信頼関係構築
  5. 信頼関係が構築された後に時給交渉が鉄則

 

時給UPの前にやるべきことは、信頼を得ることです。

信頼を得てから、時給の相談をしてくださいね!

 

また、時給上げるにも限度があるということも覚えておいてください。

経営者側も、時給の上限は決めているはずです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ