わざと大きい音を立てる人の心理は?対処法を考えてみた

スポンサーリンク

職場で仕事をしていると、わざと大きい音を立てる人っていますよね!

 

そうした人は単なる気分屋であるケースが多いです。

相手を嫌っているにも関わらず、わざと大きい音を立てている可能性が高いです。

 

ですが、なぜ?大きい音を立てているのか?具体的な理由は、探ったことがないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「わざと大きい音を立てる人の心理は?対処法を考えてみた」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

わざと音を立てる人の心理

わざと音を立てるような人の心理というのは、一般の方から見れば、理解しがたいです。

 

しかし、単に常識がないケースもあれば、そうでないケースまで存在します。

様々な心理状態が影響しているのも事実です。

 

それを踏まえた上で紹介させていただくと以下のようなことが考えられます。

わざと音を立てる人の心理状態

  • 内向感情タイプである
  • ストレス発散や解消の為
  • 周囲の気を惹くため
  • 相手に敵意を持っているor嫌っている

 

内向感情タイプである

 

カール・グスタフ・ユングさんという心理学者が8つの心理機能という概念を提唱したのは、ご存知でしょうか?

 

その中に、内的感情タイプというタイプがあります。

このタイプの人は外側に感情を出すことを嫌う傾向にあります。

 

内側の気持ちを大切にします。

なので、一見するとおとなしく、穏やかに見えるのが特徴です。

 

しかし、穏やかに見える一方で、激しい感情を秘めているケースも多いです。

「外から見ている印象」と「内面が合致していない」のも内向感情タイプの人にはよく見られますね!

 

また、このタイプの人は外側の反応やその場の空気を察知しようとしない傾向があります。

内的感情タイプの特徴

  • その場の空気に流されない
  • 感情を外に出すことを好まない
  • ストレスを溜めやすい性質

 

このような特徴を持っているため、突然、不機嫌になる場合も多いです。

 

イライラしていると物に当りたくなる気持ちにもなりますから、性格面というのも要因の一つに挙げられるでしょう!

 

ストレス発散や解消の為

 

人はストレスを感じるとそれを発散する必要があります。

ストレスを発散するためには、内側に溜まった感情を吐き出してしまうのが一番です。

 

ただ、いきなり叫びだすこともできませんから、大きな音を立てるといった行動をします。

よって、不満を吐き出し、発散しようとするわけです。

 

その他、「自分の不機嫌や怒りを理解してほしい」という気持ちも少なからずあります。

それを伝えるためのサインとして大きな音を立てようとする人も多いようです。

 

不快な気持ちに共感し、認めてもらうことにより、多少は気分も楽になります。

理解や共感を求めている可能性も高いです。

 

周囲の気を惹くため

 

これは元ヤンキーの人などに多いです。

周囲の気を惹きたいがために大きな音をさせる人もいます。

 

別の言い方をすると目立ちたがりの人に多いと言えます。

当人がどう思っているかは別にして、迷惑をかけているという認識はないと考えていいでしょう!

 

こうしたタイプの人は物を乱暴に扱ってもさほど気にしない傾向にあります。

ある意味で周りの人の気持ちを汲むことができない人だということもできるかと思います。

 

相手に敵意を持っているor嫌っている

 

周囲の人に対しては普通に接するのに特定の人に対してのみ、大きな音を出すようなことをしているケースもあります。

 

このケースで真っ先に疑われるのは、特定の人物に悪感情を持っている。

もっとわかりやすく言えば、嫌っている可能性についてでしょう!

 

嫌いな人にする2つの行動

  • 無視する
  • 嫌がらせをする

 

特定の人に対して、上記のような行動が出ます。

なので、普段から観察していれば、誰が嫌いなのか?は、わかるはずです。

 

次章では、音を大げさに出す人への対処法について、書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

音を大げさに出す人への対処法

前章で、わざと音を出す人の心理についてお伝えしました。

では、このような人たちに対して、どのように対処していけばよいのでしょうか?

わざと音を出す人への対処法

  • 上司や顔が利く同僚に注意してもらう
  • 可能であれば、席の移動を申請する
  • 音が響かない材質の備品を活用する

 

上司や顔が利く同僚に注意してもらう

 

最も手っ取り早く、効果が期待できるのは上司や顔の利く同僚に注意してもらうことです。

 

注意された相手が上司であれば、部下も何も文句言わずに、言うことを聞くでしょう。

上司が周りに信頼されているような人物であれば、改善される可能性は高いでしょう!

 

ですが、「周囲から信頼がない上司」は聞く耳をもってもらえない可能性があります。

 

ですので、同僚に注意してもらうときには、ある程度の影響力を持つ人に頼むようにしてください!

 

可能であれば、席の移動を申請する

 

2つ目は席の移動です。

席の移動に関しても、基本的に上司に相談しないといけません。

 

上司が納得してくれる理由は「仕事に集中できない。」ですね!

仕事に集中できないことは、上司にとっても都合が悪いですので、席替えしてくれる可能性大です。

 

音が響かない材質の備品を活用する

 

音が響かない備品というと、「防音設備」のようなイメージがあるかもしれません。

ですが、最近は後付けで簡単に取り付けられる、手間のかからないモノが多いです。

 

例えば、音が響かないゴムのような材質の備品を活用することです。

このような備品を活用することで、「音を小さくする」「音がしないようにする」ことも可能です。

 

 

他人の音が許せない病気かも?

わざと音を立てる人への対処法についてご紹介しました。

やはり、上司に注意してもらうのが一番効果的だと思います。

 

今まで、「わざと音を立てる人」というテーマで書いてきました。

ですが、実は、あなた自身が音に敏感すぎるのかもしれません。

 

音に関する病気の一つ、通称、「音嫌悪症」は日常音程度でも敏感に反応してしまうのが特徴です。

音嫌悪症の要因

  • 幼少期のトラウマ
  • 精神的ストレス

 

幼少期に聞いた音がきっかけで、トラウマになるパターン。

精神的なストレスにより、音に敏感になるパターン。

 

これらのことが原因で、音に敏感になっている可能性大です。

また、具体的にイヤな音は下記の通りです。

音嫌悪症が反応する音

  • ガムをクチャクチャと噛む音
  • 食べる音
  • 足音
  • ペンをカチカチする音

 

ちょっとしたことで、過剰に反応してしまうのが特徴ですね!

極端に音を立てるケースですと、音嫌悪症に限らず、反応するのも事実です。

 

普段から、音に過剰に反応してしまうか?が音嫌悪症を見分けるポイントだと感じます!

 


 

まとめ

以上、「わざと大きい音を立てる人の心理は?対処法を考えてみた」についてでした。

 

今回のポイントについては以下の通りです。

  • わざと音を立てる人は主に4つ
  • 「内向感情タイプ」
  • 「ストレス発散or解消の為」
  • 「周囲の気を惹きたいから」
  • 「相手を嫌っている」
  • 対処法は主に3つ
  • 「上司や顔が利く同僚に注意してもらう」
  • 「席の移動」
  • 「音が響かない材質の備品の活用」
  • 音嫌悪症という病気の可能性もアリ!

 

わざと音を立てる人ですが、本人自体が気づいていないケースもあります。

その場合は、「音が気になるんですけど…」と軽く言ってあげるだけで、改善するでしょう!

 

耳栓で対処するという方法もありますが、その場しのぎにしかなりません。

なんらかのカタチで本人に伝える方法を取ることで、根本的に改善するでしょう!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ