わざと人を怒らせる人の心理とは?効果的な対応方法

スポンサーリンク

学校や会社等で必ずと言っていいほど存在するのが「わざと人を怒らせる人」です。

そもそも何故、「人を怒らせようとするのか?」というのは気になるところです。

 

人を怒らせても基本、得はありませんから、なおさら、疑問に思えることでもあるでしょう!

 

ただ、こうした人たちとの出会いを避けるのは難しいため、効果的な対応方法を知っておく必要もあるかと思います。

 

そこで今回は、「わざと人を怒らせる人の心理とは?効果的な対応方法」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

わざと人を怒らせる人の心理とは?

わざと人を怒らせる人の心理には自分よりも相手の方が優れていることに対する不満や周囲の目をひきたいという感情が隠されています。

 

なので、一見、意味がない行動に見えたとしても実際には意味があり、少なくともその行動をしている側には理由があるわけです!

 

それを踏まえた上で何故、怒らせるのかを見ていくと以下のような要因が考えられますね!

わざと人を怒らせる人の特徴

  • 劣等感を感じている
  • 周囲の関心をひこうとしている

 

劣等感を感じている

 

他者に対して劣等感を抱いている場合、わざと怒らせてくるケースは多いです。

 

劣等感を抱いている人の多くは自分に自信がないパターンが多いです。

相手が自分よりも優れていることが悔しいという感情を持っています。

 

自分に自信も持てず、「一人の力では勝てない」とも思っています。

自分の価値を高めるのではなく、相手の価値を下げようとする心理が働くわけですね!

 

そのため、怒らせた上で悪者に仕立て上げ、自分よりも立場を落とすことにより、優越感に浸っていると考えられます。

 

また、劣等感が原因でこのようなことをしている場合、相手の価値を下げると共に自分の評価は上げようとしますから、余計、人を怒らせる原因になります。

 

周囲の関心をひこうとしている

 

それから、周囲の関心をひきたい場合もわざと相手を怒らせようとする傾向にあります。

 

これは親にかまってもらえない子供によく見られることです。

幼少期、大事にされなかった子供は承認欲求が強いと言われていますね!

 

この「承認欲求」というのは簡単に言えば、認められたい気持ちが強いことを指しています。

 

これが子供の頃だけで済めば良いのですが、大人になってからもこの感情を持ち続ける人は少なくありません!

承認欲求が強い人の特徴

  • 周囲の人に認められたい
  • かまってほしい

 

このような思いが強すぎると、行動に現れます。

周りを困らせることも平然としますし、怒らせるのもこの中の一つに入ってきます!

 

要は子供のような気持ちを持ったまま、大人になっている人、別の言い方をすれば、精神的に幼いとさえ、言えるのではないでしょうか?

 

次章では、人を怒らせる人に対しての効果的な対応方法について、書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

効果的な対応方法

わざと人を怒らせる人の心理については前章でご紹介させていただきました。

で、重要なのはそれに対する対処方法になります。

 

その対処方法についてですが、ご紹介させていただくと以下のような方法があります。

わざと怒らせる人の対応方法

  • 極力、関わらないようにする
  • 相手の思惑に乗らない

 

極力、関わらないようにする

 

嫉妬や劣等感が原因でわざと怒らせるようなことを言われる場合、なるべく距離を置くことです。

できれば、関わらないようにすることが対策としてはベストですね!

 

前章でもお伝えしましたが、劣等感がある人は、自分に自信がありません。

なので、少しでも相手より優れていると思われた時点で、劣等感が生まれます。

 

劣等感を生まないためには、最初から関わらないのがベストです。

 

とはいっても、全く関わらないことは難しいです。

可能な限り、接触を絶つことが現実的な手段になってくるかと思われます。

 

相手の思惑に乗らない

 

承認欲求が強い場合の話ですが、この場合には相手にしないことが一番です。

相手にすることで、「相手をわざと怒らせる」「揚げ足取り」といった心理ゲームが行われます。

 

こうした相手の心理をかき回す心理ゲームに乗ってしまうと相手の思うつぼです。

ですから、相手の思惑に乗らないことも効果的な対応法に挙げられるでしょう!

 

要するに、「過剰な反応を示さない」ことが重要です。

過剰に反応してしまうことで、逆に相手を怒らせることになりますからね!

 


まとめ

以上、「わざと人を怒らせる人の心理とは?効果的な対応方法」についてでした。

 

今回のポイントをまとめると以下のようになります。

  • わざと怒らせるのは「劣等感」と「周囲の関心をひこうとする」のが要因
  • 効果的な対応方法としては「極力、関わり合いになるのを避ける」、「相手の思惑に乗らない」
  • 大人になってからも承認欲求を持ち続ける人は少なくない
  • 過剰な反応を示さない、返さないことも重要

 

わざと怒らせる人は「劣等感を払拭したい」「承認欲求を満たしたい」という欲求があります。

わざと人を怒らせているわけではありません。

 

なので、これらの人たちと、関わるときは、「劣等感を持たせない」「過剰な反応をしない」のが重要になってくると思います!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ