わざと熱を出す方法は?仮病を使って休むには?

スポンサーリンク

やる気がないと、どうしても、学校休みたくなりますよね!

また、学校に行ってる場合、途中で早退したいと考えている方も多いでしょう。

 

しかし、熱もなく、病気ではないとすれば、休むのは難しいですし、早退も不可能です!

どうしても休みたい場合には仮病を使うしかありません。

 

ただ、仮病を使うにしても、熱が出てないと、仮病が成立しません。

 

そこで今回は、「わざと熱を出す方法は?仮病を使って休むには?」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

わざと熱を出す方法

「わざと熱を出す」前に、とても重要なことがあります。

それは、温度が上がり過ぎないように調節する事です!

 

なぜなら、温度が上がり過ぎると下手をすれば、病院に連れて行かれるなどの大事に発展するケースもあります!

 

ですから、そうならないようにあらかじめ、調整の練習をしておくとよいでしょう。

 

それを踏まえたうえで、わざと熱を出す方法をご紹介します。

わざと熱を出す方法

  • ホッカイロを使う
  • 摩擦でワキを熱くする
  • ひたすら体温計を擦(こす)る

 

ホッカイロを使う

 

ホッカイロを使うことで、短時間で体温を上げることが可能です。

ワキにホッカイロを挟んで、意図的に体温を上げます。

 

メリットは、短時間で体温を上げられます。

 

デメリットは、ワキの体温はごまかせるけど、熱が出ているように見えない事です。

例えば、「おでこで熱を確認」されてしまった場合、あきらかに熱がないことがバレます…(笑)

 

そうならないためにも、全体的にホッカイロを当てておく必要があります。

ホッカイロで、熱が上がりすぎてしまうことがあるので、温度調整だけは十分に気を付けてください。

 

摩擦でワキを熱くする

 

2つ目は、王道のパターンです!

手とワキで擦り合わせることで、体温を上昇させる方法です。

 

メリットは、自然に体温が上がることです。

 

自然に体温が上がるので、間違っても40度まではいきません。

この点、1つ目のホッカイロを使う方法は、温度調整が難しいですよね!

 

デメリットは、時間がかかることです。

 

摩擦熱で擦るので、それなりに時間がかかるでしょう。

また、ワキが擦れすぎることで、ワキが痛くなります…(笑)

 

ひたすら体温計を擦る

 

3つ目は、体温計自体を擦る方法です。

体温計を擦って温度を上げるステップ

  1. 体温計のスイッチを入れる(デジタル温度計の場合)
  2. 一度、ワキに挟む
  3. 計測が始まったら、ひたすらに体温計の先端を擦る

 

このようなステップで、体温を上げます。

 

メリットは、一番、体に負担がないことです。

先ほどご紹介した「ワキを擦る方法」だと、ワキが痛くなる可能性があります。

 

デメリットは、「ホッカイロを使う方法」でもお伝えしましたが、熱が出ているように見えない事です。

なので、熱が出ている演技もしないといけませんね…(笑)

 

次章では、熱以外で仮病を使うには、どうすればいいのか?について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

熱以外で仮病を使うには?

前章で、わざと熱を出す方法をご紹介しました。

「熱で仮病」というテーマでしたが、これだけだと不安の方も多いでしょう。

 

なので、熱以外で仮病を使う方法が、より帰れる確率が高まります。

熱以外で仮病を使う場合、例えば、腹痛等を装うことになります。

 

ただ、それをするにあたり、注意したいことあります。

それは、過剰な演出をしないことです。

 

理由は、2つあります。

 

一つは、演技をやりすぎることで、逆に「ウソなのでは?」と疑われます。

 

疑われたら、いろいろな検査をさせられ、仮病ということがバレてしまう可能性大です。

なので、あくまで、自然な演技で通すのがポイントです。

 

二つ目は、過剰演出により心配を与えることです。

先ほどと同様に、いろいろな検査をさせられる可能性あります…(笑)

 

なので、自然な演技をしながら「市販薬を飲んで休めば治りますので、今日は早退させてください。」という流れで、帰宅するのが、ベストです。

 

「病院に行く。」と言ってしまうと、「証拠を出せ。」と言われた困ります。

なのでなので、「市販薬を飲んで休めば治ります。」というのはセリフとして覚えてください。

 


まとめ

以上、「わざと熱を出す方法は?仮病を使って休むには?」についてでした。

 

今回のポイントをまとめると以下のようになります。

  • わざと熱を出す方法は主に3つ
  • 「ホッカイロを使う」
  • 「摩擦でワキを熱くする」
  • 「ひたすら体温計を擦る」
  • どの方法を試す時も温度が上がり過ぎないように注意
  • 熱以外で仮病を使う時の注意点は「過剰な演技をしない」
  • 過剰演出により「過度な心配」「ウソだと思われる」
  • 過剰演出により「いろいろ検査される」
  • 検査されることで「仮病がバレる」

 

ホッカイロで体を温めながら、ワキを擦る。

 

その後、体温計を擦ることで、「熱がカラダ全体に行き渡る」「時間短縮」「ワキを痛めない」などのメリットがあります。

 

合わせ技をすることで、デメリットが解決できます。

 

今回の最大のポイントは「体温計の温度調整」と「自然な演技力」です!

どちらも超重要なので、今回の内容をもう一度復習してくださいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ