雪が嫌いな人が多いのはなぜ?理由を考えてみた

スポンサーリンク

子供たちは雪が大好きですよね!

でも、大人になると雪が嫌いになる人って、結構多いんです…

 

理由は人それぞれですが、意外にも「寒い地域に住んでいる人の方が雪嫌いの人」が多いんですよね。

 

そこで今回は、「雪が嫌いな人が多いのはなぜ?理由を考えてみた」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

雪が嫌いな人が多いのはなぜ?理由を考えてみた

雪が嫌いな人が多い理由について、「なぜ嫌われるのか?」について理由をいくつか考えてみました。

雪が嫌われる理由

  • 寒い
  • 車の運転
  • 雪かきをしなくてはならない
  • 歩きにくい

 

では、一つずつ見ていきましょう!

 

寒い

 

これは非常にシンプルな理由です。

 

基本的に、雪が積もっている状態は、氷を置いているのと同じです。

その辺に、氷が置いてあれば、気温も下がります。

 

単純に、人間が冷凍庫の中に入ってると考えると、寒いわけです!!

さらに、雪が沢山積もって溶けなければ、ずっと寒いですよね。

 

お笑い芸人の「バカリズム」さんが「アメトーーク」内で語った内容も非常に共感できるものでした。

 

例えば、冬が好きという人は「鍋とこたつが冬の魅力」、「雪が好き」等を理由に挙げる人が大半ではないでしょうか?

しかし、バカリズムさん曰く、「鍋とこたつ」は寒い冬を少しでも快適に暮らすための人間の知恵と技術だと語っていますね。

 

また、「雪が好き」という人についても言及し、手袋やコートで完全防備する等、結局のところ、人間の知恵と技術がないと楽しめないと語っています。

これはひねくれた意見の様にも取れますが、逆に納得できる理由にも挙げられますね

 

車の運転

 

また、「車の運転」というのも理由に挙げられます。

 

これは、全国どこで降ったとしても挙げられる理由の一つです。

多くの人に共通する意見でもあるでしょう!

 

雪が嫌いな理由として車の運転を挙げる人が多い要因

  • 雪が降るとスリップしやすくなる
  • 視界が悪くなる
  • 交通事故を起こす可能性が高くなる

 

一番怖いのがスリップですよね!

経験すると分かりますが、必然的に、運転も慎重になります。

 

視界が悪い場合も同様です。何よりも事故の可能性が高まるのは嫌われる理由の一つです。

 

事故を起こせば、損害賠償などの問題や修理費用の問題も生じてきますから、車を持つ人にとっては、雪嫌いは納得できます。

 

雪かきをしなくてはならない

 

雪かきをやった経験がある人は、分かりますが、とにかく重労働なんです!

 

雪かきの姿勢は、常に前傾姿勢ですよね。

前傾姿勢を続けると、腰がやられます!

 

特に、寒い地域で、長時間降るとなれば、何度も雪かきをしなくてはならず、その分、手間も多くなってしまうでしょう!

なので、地域が限定される問題ではありますね!

 

歩きにくい

 

車の場合も同様ですが、視界が悪くなることや歩きにくい問題はどうしても出てきます。

 

特にあまり雪が降らない地域では、雪慣れしていません。

慣れていないので、路面凍結の怖さを深く理解していません。

 

路面凍結は、とても滑りやすいです。

転び方によっては、大怪我に発展するケースも出てきますよね!

 


まとめ

以上、「雪が嫌いな人が多いのはなぜ?理由を考えてみた」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 雪が嫌われる理由は主に4つ
  • 「寒い」
  • 「車の運転」
  • 「雪かきをしなくてはならない」
  • 「歩きにくい」
  • 「車の運転」の理由は主に3つ
  • 「スリップしやすくなる」
  • 「視界が悪くなる」
  • 「交通事故を起こす可能性が高まる」

 

今回の内容をまとめると、「寒い」「ケガ」「肉体疲労」「交通事故の危険」

この4つに集約されるのではないでしょうか?

 

嫌いな人の要因は現実的な問題が多いですね!

実生活に与える影響も含めて考えていかなくてはならない問題でもあります。

 

最初は降っていて、「楽しい雪」も、慣れてくると、「嫌いな雪」になるのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ