バイトで無断欠勤した時の辞める方法は?給料はもらえるの?

スポンサーリンク

バイトで無断欠勤してしまうと、一気にやる気をなくしますよね…

これを機会に、そのまま辞めたいという人も多いでしょう。

 

ただ、辞めるとしても相手ありきのことですから、カンタンには辞めることができません。

無断欠勤をしてしまった時の辞める方法を知っておく必要があります。

 

また、それまで働いた分の給料がもらえるのかどうかも気になるところでしょう!

 

そこで今回は、「バイトで無断欠勤した時の辞める方法は?給料はもらえるの?」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

バイトで無断欠勤した時の辞める方法

バイトで無断欠勤してしまい、もうやる気も起きない…。

こんな時に、バイトを辞める方法ですが、基本的には「責任者に直接伝える」のがいいと思います。

 

正直、辞めるような状況で直接伝えるのは避けたい気持ちも強いはずです。

しかし、何も言わずに辞める、いわゆる「バックレ」等での辞め方は以下のリスクからおすすめできません!

 

「バックレ」で辞めた場合のリスク

  • 損害賠償(そんがいばいしょう)の可能性がある
  • 制服を借りている場合、返却しないと実費請求(じっぴせいきゅう)される恐れも!

 

損害賠償の可能性がある

原則、バイトを辞める場合にはその意思を「事前に伝えておかなくてはならない」という決まりが存在しています。

 

民法第627条の規定に書いてありますが、辞める2週間前までに責任者に伝える必要があります。

つまり、2週間に事前連絡しておけば、法律的には、何も問題ありません。

 

ですが、多くの会社が、就業規則として、1ヶ月前までには伝えるというルールになっています。

 

その上で、損害賠償についての話をさせていただくと、この場合の損害賠償とは無断欠勤されたことによって受けた損害に関することになります。

 

わかりやすい例を挙げると無断欠勤されたことで「人員不足に陥り、手が回らず、売り上げに響いた」等になります。

 

しかし、実際には損害賠償を請求する手間がかかります。

「損害賠償と無断欠勤の関連性」を証明するのは難しいです。

 

仮に「損害賠償を請求する」と言われても、言葉だけで、行動まで移す確率は低いと言えます。

それでも、無断欠勤された側がこうした行動に出ないとは言い切れませんので、最後まで油断しないでくださいね。

 

制服を借りている場合、返却しないと実費請求される恐れも!

これも「バックレ」で辞める際によくあることの一つです。

例えば、制服を借りたままにしておくと後に実費請求される可能性がこれに該当します。

 

これは会社の規定で「返却に関する項目」があるケースもあります。

ですので、辞める時には必ず確認しておくようにしてください!

 

また、最悪の場合、借りっぱなしにしておくことで「業務上横領罪」になる可能性も出てきます。

ですから、大事になる前に返却しておいた方がいいでしょう!

 

補足として「業務上横領罪(ぎょうむじょうおうりょうざい)」についても触れておくと「業務上、自分が占有しているものを横取りする」ことを指しています。

 

会社の制服を例に取れば、「会社の物である制服を横取りした」という形になることが予想されます。

 

このように何も言わずに辞める「バックレ」等を用いた辞め方にはリスクも多いです。

 

関わりたくない気持ちは痛いほどに理解できます。

ですが、上記の点から「バックレ」を利用した辞め方はおすすめできません。

 

オーソドックスではありますが、「責任者に辞める意思を伝える」といった従来のやり方が好ましいです。

 

無断欠勤をしてから、しばらく連絡しないと、責任者が怒っている可能性があるので、早めに連絡しておきましょう。

 

次章では、無断欠勤前の給料はもらえるのか?について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

無断欠勤前の給料はもらえるの?

前章で、無断欠勤した時の辞める方法についてお伝えしました。

原則、2週間前に連絡すれば、ひとまずルール的には問題ありません。

 

では、無断欠勤前に、働いていた分の給料はもらえるのでしょうか??

これは結論から先に言うともらうことができます!

 

「厚生労働省」によると労働基準法第24条にある「全額払いの原則」に則り、賃金は全額支払われなくてはならないとされています!

 

ですので、働いている分に関しては、受け取る権利が存在していることになります。

そのため、むしろ支払わない方が違法となるでしょう!

 

無断欠勤した上、辞めるとなれば、自分の側に非があるようにも感じてしまいます。

「自分が悪い」と思ってしまうと、相手に強く言えない面もありますよね。

 

しかし、法律で認められている以上、働いた分の給料をもらうことは何らおかしなことではありません!

ですので、万が一、支払われないという事態におちいった場合には、そのバイトの責任者に連絡し、支払ってもらうように交渉するしかないありません。

 

この時の連絡方法としては基本、電話かメールが挙げられます。

ですが、その際のポイントとして、「迷惑をかけてしまい、反省している」ことを含むのも重要になってきます。
 

実際問題として迷惑をかけたことは疑いようのない事実です。

 

その上で反省のそぶりも見せず、「給料を払え」と伝えても上手くいく確率は低いです。

言われた側からしてみれば、到底納得できない言い分になってきますよね。

 

そのため、場合によってはトラブルに発展する恐れも出てきてしまうでしょう!

なので、「反省していることにまず触れてから、給料の支払いに関する話に持っていく」のがベストな方法です。

 

次章では、電話を無視したあと、どうなるか?について書いていきます。

 

 

電話に出るのが怖い!無視したらどうなる?

前章で、無断欠勤前の給料はもらえるということをお伝えしました。

でも、給料をもらう前に、「気まずくて電話できない…」と思ってしまうのが本音です。

 

正直なところ、怖くて出たくないですよね!

でも、職場からの電話を無視するのは、リスクの観点から辞めておいた方がいいと思います。

職場からの電話を無視するリスク

  • 職場との関係性の悪化
  • 迷惑をかけていることが気になってしまう
  • 電話攻勢や自宅に訪問するケースもある

 

職場との関係性の悪化

 

「どうせ辞めるから構わない」という方も多いかと思います。

ですが、ここで問題になるのは辞める時というよりも辞めた後、給料未払い等のトラブルについてです!

 

極論として、気に食わない相手に給料を払いたいと考える経営者(責任者)は存在しません!

そんな相手に対してだとむしろ払いたくないとすら考えてしまうでしょう!

 

そうなってしまえば、働いた分の給料を受け取るまでが一苦労になってしまいます。

その意味でなるべく関係の悪化は避けるべきですね!

 

迷惑をかけていることが気になってしまう

 

基本、無断欠勤していると職場から電話が何度かかかってくるかと思います。

このように職場から電話があることで、迷惑をかけていることを強く意識してしまう人も多いですね。

 

電話がかかってくるということは多少なり、周囲に対して迷惑をかけていることはまず間違いありません。

 

結局のところ、迷惑をかけることへの罪悪感が、心の中にずっと残るでしょう。

 

電話攻勢や自宅に訪問するケースもある

 

電話攻勢は先程、ご紹介したように精神衛生(せいしんえいせい)上、良くない点が問題になります。

しかし、状況によっては直接、責任者が自宅に訪問する場合もあります。

 

関わりたくないから電話に出なかったのに、自宅に来られては何の意味もありませんよね!

こうしたケースはまれですが、一応、覚えておいてください。

 


まとめ

以上、「バイトで無断欠勤した時の辞める方法は?給料はもらえるの?」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • バイトで無断欠勤した時の辞める方法は「責任者に直接伝える」のがベスト!
  • 「バックレ」は損害賠償等の問題から避けた方がいい
  • 無断欠勤前の給料をもらうことは可能。法律でも認められている
  • 職場からの電話は無視しない方がいい

 

「気まずくて電話できない…」というのが、大きな心理的壁ですよね??

ですが、ここは勇気をもって、「責任者に直接伝える」ことがベストです。

 

現実を直視するという行動をこの機会にやっておかないと、同じ場面になった時に、また逃げます。

 

逃げるという行為は悪いことではありません。

ですが、現実直視をしないと、信頼がなくなります。

 

世の中は、信頼関係が一番大切です!

ぜひ、勇気をもって、責任者に連絡してくださいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ