クレジットカードはどこで作るがおすすめなのかを徹底解説

スポンサーリンク

クレジットカードって、沢山ありすぎて、どれを作ればいいのか?わかりませんよね。

また、どこで作るのがお得なのか?も初心者にとって、迷うはずです。

 

あと、1番のネックが審査が通るかどうか?です。

 

クレジットカードには、一定の審査基準があるのも確かです。

なので、カードを作る上では審査が甘いところを探すのもポイントになってくるでしょう!

 

そこで今回は、「クレジットカードはどこで作るがおすすめなのかを徹底解説」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードはどこで作るのがおすすめ?

クレジットカードはどこで作るのが、おすすめなのか?ですが、ズバリ、使用頻度が高い場所です。

なぜなら、使用頻度が低い場所で使っても、特典を使うことができません。

 

例えばですが、旅行に行かないのにマイルを貯めても、マイルの無駄ですよね。

どんな用途で使うのか?」が一番重要です!

 

また、クレジットカードには、大きく分けて2つの目的があります。

クレジットカードを持つ目的

  • 貯める
  • 節約する

 

貯める場合

この「貯める」というのは、買い物等をした際に貯まるポイントのことを指します。

 

JCBが2016年度に行ったクレジットカードに関する総合調査によると、以下の場所が利用頻度が多いことが分かりました!

クレジットカードの利用頻度が高い場所

  1. ネットショッピング
  2. スーパー
  3. プロバイダ料金
  4. 飲食店
  5. 家電量販店
  6. コンビニ
  7. 百貨店
  8. 旅館・ホテル

※貯める系クレジットカードのみを厳選

 

この8つの中から、普段使用頻度が高い場所を選ぶことで、どこでクレジットカードを作ればいいのか?が見えてきます!

 

また、電車の利用が多い方におすすめなのが、交通系ICカード

交通系ICカードで、JR東日本の子会社が発行している「ビューカード」を利用することで、ポイントをお得に貯めることができます。

 

このカードはオートチャージ等、便利な機能が搭載されている上、チャージするときや定期券の発行の際、ポイントが3倍になります。

 

なので、日常的に利用していれば、自ずとポイントが貯まりやすいカードと言えます。

電車通学の方にとってはメリットが多いカードと言えるのではないでしょうか?

 

続いて、節約する場合の目的も見ていきましょう!

 

節約する場合

節約する目的で利用するのであれば、以下のようなケースが考えられます。

節約目的の利用場所

  • 携帯料金の支払い
  • 公共料金の支払い
  • ガソリンスタンドの利用

 

携帯料金の支払い

 

携帯料金をカードで支払う場合、利用料金が高くなればなるほど、ポイントが多くなる仕組みになっています。

また、携帯電話料金以外にも、スーパーで2倍ポイントが貯まるクレジットカードもあります。

 

貯まったポイントは様々な場所で利用できます。

 

一番おすすめが携帯電話代金の支払いです。

料金が高くなったときに、貯まったポイントで支払うことが出来れば節約になりますよね。

 

あと、補足として携帯料金の支払いに向いているクレジットカードもご紹介しておきますね!

携帯料金の支払いに向いているカード

  • au自分カード
  • softbankカード
  • dカード

 

当たり前のお話ですが、自分が持っている携帯電話会社のクレジットカードが特典が付くのでお得です。

 

公共料金の支払い

 

公共料金の支払いは銀行の引き落としの人が大半だと思います。

ですが、実はクレジットカードで有名な楽天カードは公共料金を1%還元してくれるサービスを提供しています。

 

料金の値引きにはなりませんが、還元分のポイントは利用可能な店舗も多いです。

何より、大手通販である楽天サイトでの利用が可能な点は確実にメリットと言えるでしょう!

 

携帯電話と公共料金は、毎月、料金がかかります。

なので、自動で貯められるクレジットカード払いがおすすめです。

 

ガソリンスタンドの利用

 

ガソリンスタンドを利用した際、還元率の高い楽天カードや石油会社が発行しているカード等を使うとポイントが貯まりやすくなります。

 

それに加えて、楽天カードの場合は加盟店であるENEOSだとさらに還元率が高くなります。

石油会社各社が発行しているカードは当該店舗の利用で割引サービスも受けられます。

 

なので、車の利用が多い方はこれらのカード利用も視野に入れておくといいでしょう!

 

以上、節約目的の利用場所について書いてみました。

 

で、先ほどのクレジットカードの総合調査で、節約系カードは、どの料金が一番利用頻度が高いのでしょうか?

節約カードで利用頻度が高い料金

  1. 携帯電話料金
  2. 電気料金
  3. ガソリンスタンド
  4. ガス料金

※節約系クレジットカードのみを厳選

 

携帯電話料金は、圧倒的に利用頻度が高い事が分かりますね。

一人暮らしになれば、電気料金、ガス料金もかかってくるので、利用頻度高いです。

 

次章では、店頭の場合、どこで作れるのか?について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

店頭の場合、どこで作れるのか?

前章で、「貯める」「節約する」の2つの視点から、クレジットカードの選び方についてお伝えしました。

では、具体的に、クレジットカードを作る場合、どこで作るのでしょうか?

店頭でクレジットカードを作れる場所

  • 百貨店のカウンター
  • 大型家電量販店
  • スーパー
  • ガソリンスタンド
  • コンビニ

 

上記以外でも様々な場所で作ることができます。

 

念のためですが、上記の場所は、カードの受付のみとなってます!

なので、審査~発行までは、1週間~1ヵ月ほど時間がかかります。

 

いろいろ作る場所はありますが、やはり、ネットで作るのがおすすめですね!

 

理由は、「即時発行」&「キャンペーン適用」です。

 

ネットだと、個人情報を入力して送信した時点で、申込情報がカード会社に送られます。

なので、審査がとても早いです。また、キャンペーンも大々的にやってることが多いです。

 

次章では、初心者でも通りやすいクレジットカードについて書いていきたいと思います。

 

 

初心者でも審査が通りやすいクレジットカード

前章で、クレジットカードを作れる場所についてお伝えしました。

 

最終的にネットが断然お得という事が分かりました。

 

こうなれば、あとは作るだけです!

でも、ネックなのが、クレジットカードの審査…

 

どのクレジットカードが審査通りやすいのでしょうか?

 

初心者でも審査が通りやすいカードは、以下のような感じです。

 

石油系>流通系>信販系>銀行系

 

石油系が審査に通りやすい理由としては、石油系だと各社共にシェア拡大競争が激しく、顧客の囲い込みをしたい意図が挙げられます。

 

流通系も同様の理由です。

一定の顧客の確保、及び、その拡張を狙っているのが、審査が甘い要因として挙げられるのではないかと思います。

 

信販系や銀行系は一定以上の基準を設けているケースが大半です。

なので、比較的、審査は通りにくいでしょう。

 


まとめ

以上、「クレジットカードはどこで作るがおすすめなのかを徹底解説」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • クレジットカードは使用頻度が高い場所のカードを作る
  • クレジットカードを作る目的は「節約」、「貯める」
  • 店頭で作る場合は「百貨店」「ガソリンスタンド」「スーパー」「家電量販店」「コンビニ」等
  • ネットは「即時発行」「キャンぺーン」があるのでお得
  • 初心者でも審査に通りやすいのは「流通系」か「石油系」
  • 「石油系」や「流通系」が審査に通りやすい理由は一定の顧客の確保、拡張の狙いから

 

クレジットカードをどこで作るのがいいのかについては、用途次第の面が非常に大きいです。

自分がどういった使い方をするのかを明確にしておくことが大切になります!

 

つまり、普段、「どのようなことにお金を使っているのか?」についてキチンと把握することが重要です。

一度、何にどれだけ使っているのか?1カ月間調査してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ