扇風機つけっぱなしは火事になるの?火災防止する方法

スポンサーリンク

外出した後に、扇風機をつけっぱなしにしたことに気付きましたか?

 

1時間ぐらい扇風機をつけっぱなしにするぐらいなら、まだ気になりませんが、

さすがに1日中扇風機をつけっぱなしにしておいたら、火事になるか心配になりますよね。

 

特に、扇風機を買ってから、10年以上たつと、扇風機本体事態が劣化してしまうので、火事になる可能性高いです。

そこで、今回、扇風機をつけっぱなしにしたら、火事になるのか?について、噂なのか本当なのか真相を知って予防策を考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

扇風機つけっぱなしは火事になるの?

扇風機をつけっぱなしした場合、どのような時に火事になる可能性が高くなるのでしょうか?

扇風機をつけっぱなしにして、火事になる理由は、主に2つあります。

扇風機つけっぱなしで火事になる理由

  1. 扇風機を長年使用している
  2. 新しくても使い方による

 

1.扇風機を長年使用している

 

一つは、長年扇風機を使用していることで、経年劣化による火事です。

「製品内部の部品劣化や性能低下したこと」によるものです。

 

では、扇風機が劣化して、火災になるパターンを見ていきましょう!

扇風機が経年劣化して火災になるパターン

  • 首振り機能が長年行われた結果、内部の配線が断線し発火
  • モーター内部の絶縁、劣化による発火など

 

「配線の断線」または「モーターの故障」による原因が大きいです。

なので、これらが劣化していれば、当然、扇風機自体が動かないことがあります。

 

では、火事になる前の兆候を見ていきましょう。

主に3つあります!

知っておきたい火事になる前の兆候!大きく3つ

  1. スイッチを押しても反応しない→モーター部が熱い
  2. モーターの振動が大きい→モーター内部に何らかの故障
  3. モーター部分やコードがとても熱い、焦げ臭い→内部の絶縁、配線の折れ、曲がりにより熱がたまっている

 

上記、3つの症状が出たら、火事になる兆候です。

以上、扇風機の劣化による火事について、カンタンにまとめてみました。

 

2.新しくても使い方による

 

二つ目は、使い方です。

新品の扇風機でもコンセント差し込み口に衣類やホコリがたまると、「ホコリと火花」で発火することがあります。

 

また、コンセントの差し込むが緩いことで、異常発熱が起こります。

それにより、発火してしまうこともあります。

 

さらに、やってしまいがちなのは、扇風機のつけっぱなし

1日扇風機をつけっぱなしにしてませんか?

 

扇風機って、実は「1日の運転時間が決まってる」って、ご存知ですか?

JIS規格によれば、扇風機の標準運転時間は1日8時間とされています。

 

そのため、1日合計で8時間以上、扇風機を回していると、モーターが熱くなる可能性大です。

「ちょっと、扇風機を回し過ぎだな。」と感じたら、モーター部分を確認しましょう!

 

標準仕様基準の詳細

  • 法施行により2009年4月以降製造製品には標準使用期間が表示されている
  • 設計上の標準使用期間10年

※JISが定めた標準的な使い方での劣化年数に基づくものであり、工場などのように終日使用するなどすると条件が変わってきますのでご注意を!

 

「標準使用期間が表示されていない扇風機」は2009年3月までに製造されていると思われる製品です。

なので、2009年3月以前の扇風機は、注意をはらって使用するか、買い替えるなどご検討ください^^

 

で、この章の結論としていえることは、1日中扇風機をつけていても、火事にならない扇風機もあります。

 

ですが、このあたりは、ケースバイケースになりますので、扇風機のつけっぱなしが、気になるなら、早めに帰るのが安心です。

 

次章では、扇風機による火災を防止する方法について書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

火災防止する方法

前章で、扇風機つけっぱなしが、なぜ、火事になるか?について、お伝えしました。

扇風機なんかで火事は起こしたくないですよね^^;

 

火事を起こさないために、防止する方法を考えてみました。

火災防止する方法

  • タイマー使用
  • コンセントを抜く習慣
  • コンセントのそばに燃えるものを置かない
  • 玄関のドアに張り紙

 

タイマー使用

 

前章の繰り返しになりますが、扇風機は1日合計8時間(JIS規格)が標準運転時間です。

なので、これ以上、扇風機を回すことは基本的にNGということです。

 

ですが、扇風機を消し忘れしてしまうことはよくあります。

使用する時は、同時にタイマー設定をしておくと「消したっけ?どうだっけ?」と迷うことなく必ず切れていることを確信できて安心です。

 

コンセントを抜く習慣

 

前章で、「ホコリと火花」が火災の原因だということをお伝えしました。

火花を起こさないためには、扇風機を使用後、面倒だけど必ずコンセントを抜くことです!

 

コンセントを抜くことは、省エネにもなりますよ^^

 

コンセントのそばに燃えるものを置かない

 

「コード周りのホコリ掃除」が完了!

でも、これで安心はしないでください。

 

意外と忘れがちなのが、コンセント近くにあるモノです。

布などコンセントのそばに置いておくことで、火事の原因になります。

 

玄関のドアに張り紙

 

外出時に思い出すように玄関ドアに「扇風機消す」など目の高さの位置に張り紙をしておくのも、消し忘れ防止になります!

 

張り紙は、急な外出の際でも目にはいります。

何度も忘れる傾向にある方はコレをして、つけっぱなしを防止しましょう。

 

親世代(おじいちゃん世代)は古い扇風機を使う

ここからは少し余談です。

 

親世代は、新品の扇風機をプレゼントしても使いません。

なぜなら、古い扇風機は「まだ使えるから」といって、使い続けます…(笑)

 

その場合、古い扇風機を回収しておく方が無難です!

もし、古い扇風機が原因で、親の家が火事でなくなってしまったら、悲しいですからね^^;

 


 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の内容をカンタンにまとめてみました。

  • 火事になる原因は主に劣化による
  • 新しい扇風機でも使い方による
  • ホコリを溜めない
  • タイマーを使用する
  • コンセントを必ず抜く
  • コンセントの近くに何も置かない
  • 玄関のドアに張り紙

 

火事になってしまった場合は、損害額は計り知れません!

また、家に人がいた場合は、命にかかわりますよね。

 

早めに新品に取り換え、安全第一でいきましょう!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ