子供への将棋の教え方は?親が注意するべきポイント

スポンサーリンク

最近、巷では空前の将棋ブームですね!

バラエティーでお馴染みのひふみんや藤井六段の活躍など、以前より将棋が身近なものとなり、親しみやすくなりました。

 

「5歳から始めると知育にすごく良い」ので、「子供に将棋をやらせたい。」と思う方もかなり増えてきました。

やはり、将棋は頭を使いますので、賢くなることは間違いありません!

 

でも、いざ子供に教える時、親が将棋の事を理解していなければ、子供に教えることができませんよね。

そこで今日は、子供に将棋を教える場合におすすめの方法や、注意するポイントをご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

 

子供への将棋の教え方は?3つの段階

将棋を子供に教える時ですが、ズバリ、「年齢別」または「レベル」に合わせて教え方を変えるべきだと管理人は考えます。

年齢別の教え方

  • 将棋に興味を持ってもらう段階
  • 将棋のやり方を教える段階
  • 将棋を上達する段階

 

将棋に興味を持ってもらう段階

まず、将棋に興味を持ってもらう段階として有効なのが、おもちゃ、ゲームアプリなどです。

 

おもちゃ 5歳~

 

子供と初めて将棋を対局する場合は、おもちゃがおすすめです。

 

なぜなら、子供は、将棋の駒の動かし方を全て覚えていません。

もし、覚えていたら、あなたのお子さんは、天才棋士になれます…(笑)

 

KUMONから発売されてる「スタディ将棋」では、将棋の駒の動かし方が、あらかじめ駒に記入されています。

将棋が分からない大人でも、駒の矢印の方向を見ながら、動かすことが出来ます。

 

お子さんと一緒に楽しむことができるのでおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くもん NEW スタディ将棋 (リニューアル)
価格:3456円(税込、送料無料) (2018/3/23時点)

 

ゲームアプリ 4歳~

 

今の時代、何と言ってもアプリの存在は欠かせません。

誰でも手軽にできる将棋ゲームアプリも、非常に高性能になりました。

 

プロ棋士・強い上級者が上達や勉強のために使うほどの最強アプリから、初心者や子供に最適な入門用アプリまで、それぞれのレベルに合ったアプリがたくさんあります。

  • オンライン対戦できるものがおすすめ
  • 操作がしやすく、エンターテイメント性の高いアプリを選ぶ
  •  

    あまりにも本格的なものからスタートしてしまうと、楽しいという気持ちや好奇心が薄れてしまいます。

    ここでもゆるキャラを使用した親しみやすいものがありますので、まずはお子様に合ったところから使ってみてください!

     

    将棋のやり方を教える段階

     

    将棋のやり方を覚えるのにおすすめなのは、本です!

     

    本を読むことは、読解力が上がります。

    読解力が上がれば、学校の成績もよくなりますよ^^

     

    また、本を手元に置くことで、ルールブックの役割も果たします。

    将棋の駒の進め方で、わからないことがあれば、本を取りだせばOKです。

     

    将棋を上達する段階

    将棋に興味を持ってもらい、ルールが分かったら、あとは実践のみです!

     

    実践をするなら、いろいろな対戦相手とやるべきです。

    人それぞれ攻め方が違いますので、実践力が上がります。

     

    上達するのに、おすすめは、将棋教室や将棋スクール、イベントなどです。

     

    将棋スクール

     

    子供将棋スクール

    全国の将棋スクール一覧

     

    何よりも、将棋が好きな仲間同士で交流を深められるのが、おすすめポイントです。

    同じ年齢の子供たちと対戦することで、刺激にもなりますからね^^

     

    イベント

     

    夏休みなどの長期休暇中に各地でイベントが行われています。

    将棋に触れることを目的としたイベントから、実際に対局をするイベントまで様々です。

     

    お子様の現在のレベルに合わせて、「イベントに参加することで将棋は楽しい!」と思えればいいですし、1つの経験として気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

     

    以上、3つの段階別で、教え方を変えるべきだという事をお伝えしました。

    では、親が子供に対して、自分で教える時は、どのように教えればいいのでしょうか?

     

    次章で詳しく解説していきます。

     

    スポンサーリンク

     

    子供への将棋の教え方は?親が子供に教える時

    実際に将棋を教えていきたいけど、どうしたらいいか…と悩みますよね。

    ステップとしては、以下の通りです。

    親が子供に教える時のSTEP

    1. 親自身が勉強してルールを覚える
    2. 親自身が実践で覚える
    3. 子供に興味を持たせる事を考える
    4. 興味を持った段階でおもちゃ・本などを準備する
    5. 親子で対局して感覚をつかませる
    6. 親以外との対局をする
    7. 詰将棋などで一人で練習する

    まずは、親自身が将棋を覚えるのが大切だと思います!

    親の背中を見せながら、覚えるスタイルですね^^

     

    いろいろあると思いますが、まずは将棋に対して興味を持ってもらうことが大切です。

     

    ある程度ルールを覚えたら、対局するのがベストです。

    大人でもそうですが、1度にいろいろ説明されても全部理解するのは難しいですし、飽きちゃいます^^;

     

    実践を交えながら少しずつ教えていきましょう!

     

    また、将棋は何百、何千と手があります。

    前章の繰り返しですが、同じ人と対局を続けるよりも、他の人との対局を挟む方が効果的です。

     

    できるだけ色んな人と対局できるようにするためにも、上記で挙げた教室やイベントを利用してみましょう!

     

    次章では、親が子供にして注意するポイントについて書いていきます。

     

     

    親が子供に対して注意するべきポイント

    親が子供に対して、注意するべきポイントは、将棋のやり方より作法や精神面です。

    親が子供に対して注意するべきポイント

    • 負けても気にしないことを、繰り返し伝える
    • きちんとした礼儀作法で
    • 「これはだめな手」とは絶対に言わない
    • その子に合った方法を考える
    • 専門用語は極力使わない

     

    始めたばかりの子供に大切なことは、勝敗ではありません。

    なんで勝てたのか、どうして負けたのか、と考え修正していくことが大切です。

     

    勝ちたい!と思うことは必要なことですが、そこに固執しないように促してあげましょう!

    また対局前や終わりに一礼する、といった簡単な礼儀作法はぜひ一緒に覚えさせたいです。

     


     

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    では、今回のポイントをカンタンにまとめてみました。

     

    • まずは将棋に興味を持ってもらうことが何より重要
    • 興味を持ってもらったら、ルールを教える
    • ある程度ルールが分かったら、実践
    • 将棋スクールやイベントに参加して交流を深める
    • いろいろな相手と対戦することで感覚を養う
    • 親が注意するべきポイントは作法や礼儀

     

    将棋は天候に左右されたり、特殊な道具が必要だったりもしないので、気軽に始められることがメリットですね。

    また年齢の壁を越えてできますし、長く続けられることもとてもいいですね。

     

    将棋の基本的なルールはそこまで複雑ではないですし、気軽に始められそうなので、私もルールを覚えるところからはじめてみようと思いました!

    1つのゲーム感覚で親子楽しく遊べる1つになるといいですね。

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ