ガソリンがなくなる寸前「給油ランプが点灯」してからの距離数

スポンサーリンク

ガソリンの給油ランプが点灯したあとって、ドキドキしませんか?

「いつガソリンがなくなるのか?」がハラハラしますよね!

 

当然ですが、ガソリンがなくなったら、車が動きません。

動かなくなったら、ガソリンを入れなければなりません。

 

そんな時は「ガソリンの調達方法」も気になります。
 

そこで今回は、「ガソリンがなくなる寸前「給油ランプが点灯してからの距離数」というテーマで書かせていただきました。

 

スポンサーリンク

 

ガソリンがなくなる寸前、「給油ランプが点灯」してからの距離数

まず、給油ランプが点灯してからの走行可能距離数についてご紹介していきます。

 

JAFのテストによると給油ランプが点灯した時点ではおよそ8ℓ~11ℓのガソリンが残っているとされています。

 

一般的に普通車は約10km/Lと言われていますから、50キロ程度であれば走行可能と見ていいのではないでしょうか?

ただし、これはあくまで目安に過ぎず、給油ランプが点灯するタイミングは車種によって異なる場合が大半です。

 

加えて、燃費の良し悪しが絡んでくる事でもあります。

なので、確実な走行可能距離を調べるためには、実際に走ることが一番です。

 

ガソリンを入れる時に、走行メーターをリセットして、次のガソリン給油の時に、走行メーターを計ります。

走行距離÷ガソリンのリットル数=燃費

走行距離700km÷35L=1リッター20キロ

 

また、車の説明書に、ガソリン残量がどのくらいでランプが点灯するのかの記載がされています。

ランプが点灯した時のガソリン残量を把握しておけば、走行距離を算出することが可能となっています。

 

このようにすれば、給油ランプがついたときに、どれだけ走るか?がわかります。

では、ガス欠になるときは、どんな予兆が現れるのでしょうか?

 

次章で詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

ガス欠になる時の予兆

ガス欠になる時の予兆としては以下のような現象が現れます。

ガス欠になる時の予兆

  • 給油ランプが点灯
  • 踏み込んでも加速しない
  • 勝手に減速する
  • エンジンの回転数が不安定に
  • ハンドルが重くなる

 

給油ランプの点灯は、第一段階ですね!

 

第二段階は、「踏み込んでも加速しない」です。

これは、ガソリンが底を付いてる合図です。

 

最後に、「ハンドルが重くなる」という症状が現れます。

ガソリンがなく、加速できないので、ハンドルが動かなくなるのでしょう。

 

そうならないためにも、給油ランプがついた時点で、給油する場所を探しましょう!

では、ガソリンがなくなった時、どうやって給油すればいいのでしょうか?

 

次章で詳しく解説していきます。

 

 

ガソリンがなくなった時は、どうやって給油する?

給油ランプが点灯していても近くにガソリンスタンドがない場合があります。

そんな時の対処法についてもご紹介させていただきます!

ガソリンがなくなった時の対処法

  • JAFを呼ぶ
  • 自動車保険のロードサービスを呼ぶ

 

JAFを呼ぶ

日本自動車連盟(JAF)

 

JAFは全国に本部や支部を持っています。

ですので、万が一の際は「JAFのロードサービスに依頼すること」で対応することが可能です。

 

JAFは会員、非会員共に利用することが可能となっております。

なので、いざという時は頼りになる存在です。

 

最近では電話だけでなく、メールやアプリ、FAXでも依頼が可能となっています。

そのため、連絡手段に困ることはないでしょう。

 

また、会員であれば、何度でも無料で利用可能な点も強みと言っていいですね!

 

自動車保険のロードサービスを呼ぶ

 

ガス欠になった際の対処法としてこちらを利用する方も多いのではないでしょうか?

自動車保険のロードサービスとJAFを比較した際、以下の点が比較対象として挙げられます。

自動車保険とJAFの比較

  • レッカー移動距離
  • 非会員の場合の料金の高さ(JAF)

 

レッカー移動距離

自動車保険を利用する際の強みとしては、レッカー移動可能距離が長いことが一つ挙げられます。

 

JAFはレッカー移動可能距離を15kmまでを無料と定めています。

正直、これは短いですね。

 

逆に自動車保険では大手であるチューリッヒを例に取ると100kmまでの無料対応を行っていますね。

その他、レッカー移動距離無制限のところがあることも踏まえると、この点は自動車保険の強みであると言っていいでしょう!

 

ただ、注意点として自動車保険会社は、各社で契約内容が大幅に異なるケースも存在しています。

ですので、契約する際には必ず契約内容についてしっかりと把握しておくようにしてください。

 

非会員の場合の料金の高さ(JAF)

JAFを利用する場合の問題点の一つは料金の高さです。

会員ならばともかく、非会員の場合には割高になってしまいます。

 

一例を挙げると非会員の場合、レッカー移動に12000円以上かかり、ガス欠時のガソリン補給も8230円に実費が加算される仕組みになっています。

 

そのため、非会員の方にとっては利用しにくい面があると言え、この点はJAFのデメリットとして挙げられますね!

さらに自動車保険は年会費や入会費無しで加入できるところが多いのも強みではないでしょうか?

 


 

まとめ

以上、「ガソリンがなくなる寸前『給油ランプが点灯』してからの距離数」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • 給油ランプが点灯してからの走行可能距離は大よそ50kmは走る(普通車の場合)
  • より正確に調べたい場合には、給油したあと走って燃費を確認
  • ガス欠になる時の予兆は主に5つ
  • 「給油ランプが点灯」
  • 「ハンドルが重くなる」
  • 「エンジンの回転数が不安定に」
  • 「勝手に減速」
  • 「踏み込んでも加速しない」
  • ガソリンがなくなった時の対処法は主に2つ
  • 「JAFを呼ぶ」
  • 「自動車保険のロードサービスを呼ぶ」

 

今回、ガソリンがなくなった時の対処法として2つ挙げさせていただきました。

 

どちらの方がいいのかは状況によるのですが、年に何度も利用するようならJAF。

そうでないなら、自動車保険のロードサービス利用がおすすめですね!

 

また、補足ですが「最寄りのガソリンスタンドに相談する」という方法も存在します。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ