ヤンキー座りができない原因は?改善するためのストレッチ法

スポンサーリンク

ヤンキー座りって、カラダが硬いとできませんよね。

こうした座り方は一般的な作法で言えば、無理にやる必要はありません。

 

しかし、ヤンキー座りができないほど、関節が硬いとなると日常生活に影響を及ぼす可能性も出てきます。

そのため、関節を柔らかくする方法、例えばストレッチなどは、実践しておいて損はないでしょう!

 

そこで今回は「ヤンキー座りができない原因は?改善するためのストレッチ法」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

ヤンキー座りができない原因

ヤンキー座りができない原因については、関節の硬さが主な理由として挙げられます。

ただ、関節と一口に言っても「どの箇所が硬いからできないのか?」というのも気になるところです。

 

一般的にヤンキー座りができない原因とされているのは以下の要因が考えられます。

ヤンキー座りができない原因

  • ふくらはぎや太ももの筋肉が硬い
  • アキレス腱(けん)や脛(すね)が硬い
  • 腹筋が弱い

 

まず、大前提としてですが、「下半身の筋肉」「アキレス健」「股関節」に柔軟性が備わっていないとヤンキー座りはできません。

 

その理由としては、以下の要因が挙げられますね!

関節が硬いとヤンキー座りができない理由

  • ヤンキー座りは前かがみになって座るため、股関節が柔らかいことが前提となる
  • アキレス健が硬いと屈伸ができないので、上手く座れない

 

この他、「ふくらはぎ」や「太ももの筋肉」が硬い場合でも柔軟性が失われます。

要するに、下半身全体が硬いと、ヤンキー座りはできません…(笑)

 

腹筋が弱い場合も同様です。

ヤンキー座りは腹筋が弱いと前かがみの姿勢を維持することが難しくなり、後ろに倒れてしまいます。

 

では、ヤンキー座りをするためには、どのように改善すればよいのでしょうか?

次章で詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

ヤンキー座りをするための改善方法

前章で、ヤンキー座りができない原因についてお伝えしました。

結論的には、下半身全体を柔らかくすることです。

 

ヤンキー座りをするためは、どのように改善すればよいのでしょうか?

ヤンキー座りができるようにするための改善方法

  • ふくらはぎや股関節を柔らかくする
  • 腹筋を鍛える

 

ふくらはぎや股関節を柔らかくする

ふくらはぎや股関節を柔らかくする上で効果的なのは、ストレッチを行うことです。

やり方については、以下の動画を参考にしてみてください。

「しなやかな体をつくる!柔軟性を高めるストレッチ」【東洋羽毛_美活お役立ち動画】

 

いかがでしょうか?

 

どの動きをするにも、基本的にゆっくり動かすことが重要です!

急に動かしてしまうと、足がつる可能性が出るので、注意してください。

 

腹筋を鍛える

前章で触れたように腹筋が弱いケースでもヤンキー座りは難しくなります。

なので、腹筋を鍛えるのも効果的な方法に挙げられますね!

腹筋を鍛える方法

  1. 両手にダンベルを持ち、腕を前に伸ばす
  2. そのままヤンキー座りをする

 

手順としてはとても簡単ですが、効果は高いです。

 

まず、この方法だとダンベルの重さにより、重心が後ろに下がることが無くなります。

なので、ヤンキー座りをしていて後ろに倒れる心配がない上にこの姿勢を維持し続ければ、ダンベルの重さにより、腹筋を鍛えることもできます。

 

その意味では、一石二鳥(いっせきにちょう)の方法と言えるのではないでしょうか?

 

ストレッチの方法に関しては、1日実践しただけでは、体は柔らかくなりません。

毎日、ストレッチすることで、徐々に体は柔らかくなります。

 

では、ヤンキーが座りができると、どんな効果があるのでしょうか?

また、できないデメリットについても、次章で解説していきます。

 

 

「ヤンキー座りの効果」と「できないことのデメリット」

ヤンキー座りの効果としては一般に以下のようなことが言われています。

ヤンキー座りの効果

  • 腰痛の改善になる
  • 便秘が良くなる
  • 全身の血行が良くなることで冷えやむくみが無くなる
  • 骨盤や股関節のゆがみが改善される
  • 背筋が伸びる
  • 内臓の働きが良くなる

 

中でも「腰痛の改善」に関しては、2018年の1月25日に放送された「主治医が見つかる診療所」の番組内で紹介されていました。

 

この時に紹介してくれた戸田整形外科リウマチ科クリニックの戸田佳孝先生によるとヤンキー座りは腰痛に効果があるということでした。

 

その理由として挙げていたのは、腰痛の原因の一つは脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)が硬くなること。

また、脊柱起立筋の疲労であるケースが腰痛の原因だとも言われています。

脊柱起立筋とは

脊柱起立筋の場所についてですが、人間の背中の中央部にある筋肉のことを指しています。

 

背骨を支えている役割を持つ筋肉は背骨の中心部分を支えている「ローカル筋」と背骨全体をカバーする役目を持つ「グローバル筋」に分類することができます。

脊柱起立筋は全体をカバーするグローバル筋に分類されますね。

 

「ローカル筋」「グローバル筋」は、バランスがとても重要です。

 

どちらかが機能不全を起こした場合、もう一方がその負担を一手に受け止める形になります。

そのため、バランスが崩れてしまい、結果として腰痛が発生するわけです。

 

その意味では、脊柱起立筋が固まらないようにするための方法として、前章でご紹介した動画を参考に定期的なケアをしてあげるといいでしょう!

 

それから、「できないことのデメリット」についても触れさせていただくと以下の点が挙げられます。

ヤンキー座りができないことのデメリット

  • こむら返りを起こしやすい
  • 肉離れを起こしやすい
  • 冷え性

 

こむら返りを起こしやすい

こむら返りと言われるとイメージしにくい面もあるかと思います。

これは別の言い方をすると「足がつる」といったことになります。

 

足がつる原因は、主に血行不良が原因で起こりやすくなるとされています。

ふくらはぎが固まっている場合、血行が悪いと言ってもいいです。

 

こむら返りは、症状が起こってから、5分程度で痛みが治まります。

 

肉離れを起こしやすい

 

ヤンキー座りができないということは先程も触れた通り、ふくらはぎを中心とした筋肉に柔軟性がないということを意味しています。

医師が監修しているサイト、「Docters me」によれば、肉離れは筋肉の収縮動作が急激に行われることで生じるとされています。

 

例を挙げると日常的に動かしていれば問題は無くとも、普段使っていない筋肉を急激に動かしたりすると肉離れになる確率が高くなると言えるでしょう!

別の言い方をするなら、固まった筋肉をほぐさずに激しい運動をした場合もこれに該当します。

 

よって、ヤンキー座りができないほど、ふくらはぎが固まった状態は肉離れを引き起こす可能性が非常に高いと言えます。

 

肉離れは、こむら返りと違い、症状が出てから、長期間痛みが続くのが特徴です。

 

冷え性

 

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています。

この部分が固まると、心臓に血液を戻す働きができなくなるため、血流が悪くなる恐れがあります。

 

血流が悪くなることで、下半身が冷えます。

下半身が冷えることは、「月経不順」や「不妊」にもつながります。

 

ヤンキー座りができないことは、デメリットだらけですね。

 


 

まとめ

以上、ヤンキー座りができない原因は?改善するためのストレッチ法」についてでした。

 

今回のポイントは以下の通りです。

  • ヤンキー座りができない原因は「ふくらはぎや太ももの筋肉が硬い」「アキレス健や脛が硬い」「腹筋が弱い」
  • ヤンキー座りをするための改善方法は「ふくらはぎや股関節を柔らかくする」「腹筋を鍛える」
  • ヤンキー座りの効果は様々だが、特に「腰痛の改善」「便秘解消」
  • できないことのデメリットは「こむら返りを起こしやすい」「肉離れを起こしやすい」「冷え性」

 

ヤンキー座り以前に、体が硬いことは、メリットがないことがわかりました。

毎日、ストレッチを習慣化させて、柔らかいカラダにしていきたいですね♪

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ