「泣きの演技」は必要?卒業式で泣く方法

スポンサーリンク

卒業式って、独特の雰囲気ですよね。

卒業式になると、泣きたくなくなくても、泣かなくてはいけない雰囲気がありませんか??

 

卒業式で泣くかどうかはあくまでも人によるのであって、必ず泣かなくてはならないという決まりはありません。

しかし、周りがみんな泣いているような状態の中、一人だけ泣いていないと薄情な人だと思われてしまう可能性もあり得ます。

 

ただ、自然に涙を出すのは難しいですから、そんな時は「泣きの演技」をする必要も出てくるのではないかと思います。

 

そこで今回は、『「泣きの演技」は必要?卒業式で泣く方法』というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

卒業式で『泣きの演技』をする必要はあるの?

近年の傾向として、卒業式で泣く人の割合の方が多いと言われています。

 

なので、必ずしも泣く必要はないのですが、周囲に泣く人が多いようなケースでは泣いてないと薄情だと思われてしまう可能性はありますね!

 

薄情というと、少し抽象的な表現です。

薄情は「他社への関心の薄さ」や「人情がない冷たい人」という表現が正しいですね。

 

これらを一言でまとめると、「他人へ共感のなさ」です。

これらが、欠けていることで、今後、あなたは、社会で孤立する可能性が高いです。

 

ちょっと、大げさな表現になってしまいましたね…(笑)

ですが、社会人になれば、ある程度周りに合わせることは確実に必要です。極端に浮いてなければOKですね!

 

なので、念のため、泣けるような演技もできるようにしておいた方がいいと思います!

どのような状況にも対応できるようにしておきましょう!

 

次章では、本題の卒業式で泣く方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

卒業式で泣く方法

前章で、「他人への共感」が大切だということをお伝えしました。

社会へ出るときは、「素の自分」だけでは生き残れません。

 

役者のように演技する力も必要です。

思ってもないお世辞を上司に言って、実力がないのに、昇進する人って結構多いですよね…(笑)?

 

アノ人たちは、世渡り力が上手いだけなんです!

つまり、世渡り力が上手であれば、社会で生き残ることも可能です。

 

なので、世渡り力を身につけるために、卒業式で泣くという演技をしてみましょう!

 

で、卒業式で泣く方法については以下の通りです。

卒業式で泣く方法

  • 「自分の大切な何かを失った」と考えて、自分の感情を揺さぶる
  • まばたきをしない

 

「自分の大切な何かを失った」と考えて、自分の感情を揺さぶる

「泣きの演技」とは言っても涙が出ていない状態だと周囲にはすぐに嘘泣きだとバレます。

なので、嘘泣きをするにしても「涙を出す」ことは重要なポイントになりますね!

 

役者等が行っている演技レッスンの一つに「自分の大切な何かを失った」という考えを思い浮かべ、感情を揺さぶるのが効果的であるという方法があります。

役者さんは、次のような流れで涙を流します。

役者が演技レッスンで涙を流すステップ

  1. 「自分の大切な何かを失った」という設定を作る
  2. 悲しみの感情を生じさせる
  3. 悲しさから涙が出るようになる

 

ただ、プロならば、即席でも実践可能かもしれません。

ですが、一般の方はすぐには実践できないと思いますので、事前に練習をしておいた方がいいでしょう!

 

加えて、設定を作るのもいいですが、自分が過去に経験したことやアニメ等の泣けるシーンを思い浮かべて悲しみの感情を呼び起こすのも効果的です。

妄想よりも実際にあった出来事の方が感情移入しやすくなります。

 

なので、「これなら泣ける!」という経験を思い出すのも有効ではないでしょうか?

 

まばたきをしない

また、まばたきをしないというのも効果的な方法として知られていますね!

 

まばたきをしないことによって涙が生じるプロセスは以下の通りです。

まばたきをしないと涙が出てくる理由

  1. まばたきをしないと乾燥した空気にあてられて目が乾いてくる
  2. 目が乾燥してくると目を保護するため、涙があふれてくる
  3. 結果として涙が生じるようになる

 

一見すると乾燥することで、かえって、涙は出なくなるように感じます。

ですが、実際には目が乾くと「体が目に潤いを与える仕組み」になっているため、涙が生じるようになるのですね!

 

ただし、この方法は涙が出るまで「まばたきをしない」ことが前提となってくるため、即効性はなく、ある程度の時間を必要とします。

加えて、目が痛くなるというデメリットもあります。

 

ですから、悲しいことを思い浮かべても涙が出ない時の最終手段として試してみていただければと思いますよ!

 


まとめ

以上、『「泣きの演技」は必要?卒業式で泣く方法』についてでした。

今回のポイントは以下の通りです。

  • 泣きの演技の必要性は状況次第だが、できるようにしておいた方がいい
  • 卒業式で泣く方法の一つは、「自分の大切な何かを失った」と考えて感情を揺さぶること
  • 即座にできるようにするには事前の練習もしておいた方がいい
  • まばたきをしないのも涙を出す上では有効!
  • まばたきの場合は時間がかかるのと目が痛くなるのがデメリット
  •  

    この他、「目薬を使う」、「あくびをする」といったやり方も存在していますが、これらの方法はあまりおすすめできません!

    「目薬を使う」場合、涙を流していても嘘泣きの様に映ってしまいます。

     

    また、「あくびをする」のも卒業式の場で見れば、真面目に参加していないものとして周囲の目に映ることでしょう!

     

    以上の点から、泣くことはできるかもしれませんが、実践するのは止めておいた方がいいですね!

    「泣きの演技」というのは、卒業式のような学校だけでなく、今後、様々な場所で利用可能な技術でもありますから、覚えておいて損はないと思います!

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ