ガスコンロとIHはどっちがいいの?料金以外も徹底比較!

ガスコンロとIH、どっちがいいか?迷いますよね~。

住宅メーカーの担当に聞いても「ガスとIHは、半々くらいで選ばれる」と言われ、「余計悩むんだけど…」と感じてる方も多いでしょう。

 

実は、管理人も、家を新築するにあたって、ガスとIHどっちにするか?超迷いました。

今回、管理人の体験談を含めて、どっちがいいのか?を考えていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ガスコンロとIHクッキングヒーター(電気)の料金の比較

まず、はじめに、ガスコンロとIHクッキングヒーターの使用料金のみを比較しました。

これから、長く使うことを考えると、月々の使用料金は重要ですよね。

 

どっちがコスパがよいのか?という視点で、見ていきたいと思います。

※基本料金は含まれていません。

 

ガスコンロの使用料金

ガスの最大手東京ガスさんのホームページのQ&Aによると、強火で1時間加熱した場合に、かかるガス代が約25.7円とのことです。

ガス料金の目安【1時間加熱した場合】

  • 強火→約25.7円
  • 中火→約14.5円
  • 弱火→約3.3円

※東京電力Q&Aサイト参照

 

では、1日あたりだと、どのくらいのガス代(キッチンだけ)がかかっているのでしょうか?

1カ月あたりのキッチンにおけるガス代の計算式

  • 約25.7円×3回=77.1円→1日あたりのガス代
  • 約77.1円×30日=2313円→1ヶ月あたりのガス代

※1食1時間×1日3回。1カ月30日で計算した場合。常に強火とした場合。

 

ザックリとした計算ですが、使用料金のみで、月々2300~3000円という数字が出ました。

 

この数式は、単純に1食1時間×3食という計算です。

場合によっては、2時間かかることもありますし、0時間(外食したら)という場合もあります。

 

だいたい、3000円以内くらいのイメージです。

 

では、続いて、IHクッキングヒーターの使用料金について見ていきましょう。

 

IHクッキングヒーターの使用料金

電気比較サイト「エネチェンジ」さんによりますと、IHクッキングヒーターで、カレーライスを1回料理するのに、かかる電気代が約42円とのことです。

カレーライスは約30~1時間あれば、完成するでしょう。

 

ということは、IHを使った場合、1時間に約42円の電気代がかかることがわかります。

1カ月あたりのキッチンにおけるIH代の計算式

  • 約42円×3回=126円→1日あたりのIH代
  • 約126円×30日=3780円→1ヶ月あたりのIH代

 

ガスコンロとIHの1カ月の電気代(キッチン)を比較

  • ガス→1ヶ月あたり約3000円程度
  • IH→1ヶ月あたり約3780円程度

 

このように見ていくと、若干、ガスコンロのほうが、コスパがよいことが分かります。

ですが、ガスコンロもIHも機械が最新になるにつれ、コスパも改善されることが予測されます。

 

結論を言うと、使用料金に関しては、それほど大差はないというのが、管理人なりの意見です。

使用料金に関して、現状、ガスが優勢ですが、他の面を比較すると、どっちがいいのでしょうか?

 

次章で詳しく見てきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ガスコンロとIHはどっちがいいか?料金以外も徹底比較!

前章で、ガスコンロとIHの料金面を比較しました。

ガスのが若干安いですが、さほど変わらないことが分かりました。

 

では、料金以外を比較した場合、どっちがいいのか?を見ていきましょう。

5段階評価で解説していきます。

見た目

ガス:★★
IH :★★★★★

見た目を比較した場合、圧倒的に、IHのほうが良いですね!

そもそも、IHは邪魔するモノが、何もありませんので…(笑)

 

これは比較するまでもありませんが、確認の意味で比較しました。

 

ちなみに、見た目という面でいうと、掃除してるか?してないか?によっても違います…(笑)

つまり、見た目はあなた次第・・・(笑)!!!

 

安全性

ガス:★★★★
IH :★★★★

続いて安全性です。

安全性に関しては、「ガスのが危ないじゃん…」と思いがちですが、最新のガス器具は違います。

 

最新のガスコンロには、「Siセンサーコンロ」という機能が付いています。

「温度センサー」「炎検知センサー」の2つの機能が付いています。

 

これらのセンサーのおかげで、ガスコンロによる火災を防止することが出来ます。

※「Siセンサー」は国が定めた基準です。

 

上記は、国が定めた基準ですが、さらに、ガスコンロ業界全体で決められた安全基準があります。

  • チャイルドロック機能
  • 焦げ付き消化機能
  • 鍋なし検知機能
  • グリル加熱防止機能
  • コンロ消し忘れ機能
  • グリル消し忘れ機能

 

これらの機能以外にも、まだまだあります。

機能は、ガス器具メーカーによって、それぞれ機能が異なります。

 

ということで、安全性に関しては、どちらも、安全性は高い傾向にあることがわかります。

 

掃除

ガス:★★★
IH :★★★★★

掃除のしやすさに関しては、圧倒的にIHがおすすめです。

ガスのほうが凹凸があるので、やっぱり掃除しづらいですね…(笑)

 

凹凸があるガスコンロは、掃除しずらいですが、最近はガラストップを採用しているモデルもあります。

 

なので、IHのほうが凹凸がないので、圧倒的に手間がなくてラク。だけど、汚れの落としやすさは、ガスもIHもほぼ同じ。

 

使いやすさ(操作性)

ガス:★★★★★
IH :★★

操作性に関しては、ガスコンロが圧倒的にラクです。

ガスコンロは、説明書がなく操作ができるiphoneのようです。

 

逆に、IHクッキングヒーターは、少し難しいです。

IHは、説明書が必要なアンドロイドといった印象ですね。

 

実際にIHを説明書なしで操作したことがありますが、30分位、格闘してました…(笑)

「説明書読めよ!」って話ですが、管理人は説明書読むのが苦手です。

 

おばあちゃんが説明書なしで、操作できるのは、ガスですね。

 

料理の美味しさ

ガス:★★★★★
IH :★★★★

料理の美味しさですが、「ガスのが美味しい」という人もいれば、「IHでも十分美味しい」と人それぞれです。

これに関しては、「どっちがいい」とは言い切れません。

 

焼き方の違いは、IHは「底のみ温める」のに対して、ガスコンロは、「全体を温める」事が出来ます。

結局のところ、美味しくいただければ、IHでもガスでも、どちらでもよいと思います。

 

ただ、プロの料理人はガスを使っていることを考えると、管理人はガス派です。

プロの料理人が、「IHで料理」するのと「ガスで料理」するのを比較したら、やっぱり、ガスで料理したほうが美味しそうに見えますよね。※管理人だけかも

 

この章のまとめ

  • 見た目→IH
  • 安全性→同じ
  • 掃除→IH
  • 使いやすさ→ガス
  • 料理の美味しさ→ガス

 

2勝2敗1引き分けで、両者引き分けです。

次章では、「ガスコンロ」と「IH」で迷っている人に、とっておきの秘密をお伝えしたいと思います。

 

 

ガスコンロとIH!迷ったらどうする?

前章で、ガスとIHの料金以外の比較をしました。

結局、どっちがいいか?まだ迷うな~という方も多いでしょう。

 

そんなあなたに、とっておきの秘密をご紹介します。

ガスかIHか迷った時に考える2つの方法

  • ガス&IHが組み合わせ可能なキッチンを検討
  • 両方持っておく方法
  •  

    ガス&IHが組み合わせ可能なキッチン

    ガス器具メーカーである「リンナイ」さんが、2009年に「ドロップインコンロ マルチチョイス」という商品を発売しています。

     

    これは、ガスコンロとIHの良いとこどりができる商品です。

    ガスとIHの組み合わせ例

    • ガス・1口+IH・2口=合計3口
    • ガス・2口+IH・2口=合計4口
    • ガス・3口+IH・2口=合計5口

     

    このように、組み合わせを自由に選択することができます。

    もし、これが可能であれば、住宅メーカーの担当さんに相談してみてください。

     

    両方持っておく方法

    もう一つの方法は、両方持っておく方法です。

    • ガスコンロ+予備「卓上IH」
    • IHコンロ+予備「カセットコンロ」

     

    このようにしておくことで、どちらも使うことができます。

    いざ災害になったときも、安心ですよね。

     


    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    今回の内容をカンタンにまとめてみました。

     

    • 使用料金→ガスのほうが安い
    • 見た目→IHのほうがスッキリ見える
    • 安全性→どちらも安全性高い
    • 掃除→IHのほうが掃除がラク
    • 使いやすさ→ガスコンロのがカンタン
    • 料理の美味しさ→どちらと言えないが、ガスのが美味しい
    • 迷ったら、ガス&IHの組み合わせキッチン
    • 両方持っておくことで、リスクヘッジ

     

    最後に、ガスコンロ&IHの組み合わせキッチンをご紹介しました。

    ですが、ガスとIH、どちらかを選ぶとしたら、管理人はガスコンロを選びます。

     

    実際に、災害にあった経験が2度あります。

    その時に、電気は復旧に5日かかりましたが、ガスはプロパンだったので、すぐ使うことができました。

     

    あと、ガスコンロのが料理が美味しいと感じます。※管理人の個人的な意見

    どちらを選択にしても、予備は持っておいたほうが良いですね。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ