ヤンキーがブランド物の財布を使う理由

スポンサーリンク

ヤンキーって、ブランドの長財布使っている人が多いですよね!

でも、客観的に見て、なぜ?ブランド財布を使ってるのか?ご存じない方も多いと思います。

 

また、ブランド物の財布を使っているのであれば、どのようなブランドを好むのかも気になるところではないでしょうか?

 

そこで今回は、「ヤンキーがブランドの財布を使う理由」というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

ヤンキーがブランド財布を使う理由

ヤンキーがブランド財布を使う理由として考えられるのは、単刀直入に「見栄を張りたいから」ですね!

見栄に関しては、ブランド財布に限らず、車・バイクにも、同じようなことが言えます。

 

「見栄=自己表現」です。

 

この自己表現は、WEibo辞書によりますと、「自分の感情を反映させた芸術作品」と言われています。

要するに、目立ちたい、一般人との違いをアピールしたいということでしょう。

 

その手段として、高級ブランドを身に着け、持ち歩く行為は、周囲に自分の存在を強く印象付けるための方法でもあるのではないでしょうか?

 

ブランド物の財布を持っているからといって、自分の価値が上がるわけではありませんが、周囲の目を惹くことだけは間違いないでしょう!

 

次章で、ヤンキーがどんなブランド財布を使っているのか?について、書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ヤンキーはどんなブランドを使うのか?

ヤンキーがブランド財布を使う理由については前章で紹介させていただきました。

 

では、「どんなブランドを使うのか?」というと、一番多いのは、ルイ・ヴィトンです!

なぜなら、見栄を張りたいヤンキーにとって、ルイ・ヴィトンは最適なブランドだからです。

ルイ・ヴィトンが人気な理由

  • 広く知られているメーカーであること
  • 高級ブランドであること

 

この2点が兼ね備えたルイ・ヴィトンに人気が集中するのもある意味では仕方がないとも言えるでしょう!

他にもグッチを持っているケースもあるようですが、今はルイ・ヴィトンの方が人気を集めていますね!

 

見栄を張りたいという理由で持つ以上、ある程度、知られているメーカーでなければ周囲の関心を集めることはできません!

実際、高級ブランドだとしても知らないメーカーの品を持っていたところで特に気にはなりませんよね?

 

で、「THE・ルイ・ヴィトン」なデザインはコレです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 新品 新作 ルイヴィトン Louis Vuitton 財布 長財布 ラウンドファスナー 小銭入れあり ジッピー・ウォレット モノグラム アルマニャック M42616(旧品番M60017) メンズ レディース 正規品 福袋 セール お年賀 sale ギフト 2017 ブランド品
価格:108900円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

 

ただ、ルイ・ヴィトンは偽物が数多く出回っていることでも知られています。

一般的な物であれば、財布だと最低5万ぐらいは見ておく必要がありますし、10万を超える物も珍しくありません!

 

しかし、偽物は1万円程度で入手可能となっていますから、ヤンキーが持っているのはこの偽物ではないかという声も少なからずありますね。

 

次章では、昭和のヤンキーに流行った長財布について、書いていきたいと思います。

 

 

昭和にヤンキーに流行った長財布

現在はルイ・ヴィトンが一つのステータスのようになっているヤンキーですが、昔はどうだったのでしょうか?

 

調べてみると昭和の頃に流行っていたのは、西陣織財布ですね!

西陣織(にしじんおり)というのは、京都(西陣)で生産される多品種少量生産が特徴のさきぞめの紋織物のことで、国の伝統工芸品に指定されていることでも知られています。

 

西陣織財布が人気な理由は、黒や紫などの色が、ヤンキーに好まれていたからです。

国の伝統工芸品に指定された技術の高さと長い歴史の中で培われてきた独創性は流行もありましたが、個性を愛するヤンキーの心を掴むことにも成功したのでしょう!

 


まとめ

以上、「ヤンキーのブランドの財布を使う理由」についてでした。

今回のポイントをまとめると以下のようになります。

  • ヤンキーがブランドの財布を使うのは、見栄を張りたいから
  • ヤンキーはルイ・ヴィトンを好む傾向がある
  • ヤンキーが持ち歩いているのは偽物の可能性も?
  • 昭和のヤンキーの間では西陣織財布が流行っていた

 

ヤンキーはメンツを非常に気にします。

外見的な特徴に関しては特に注意を払っている人たちが存在します。

 

なので、中には、本物のフリをして偽物を持ち歩くヤンキーも多いですね!

 

また、歴史を振り返ると昭和の頃は和を表現していると言える西陣織財布が流行り、現在はそれがルイ・ヴィトンに変化してきている現状もあります。

歴史を見ればわかるように不良やヤンキーと呼ばれる人たちも時代と共に変化してきているのが、お分かり頂けるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ