「すき家」と「なか卯」の違いは?具体的に比較してみた

一般的に「すき家」は牛丼、「なか卯」は親子丼の印象がありますが、どちらも似たようなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 

それだけに双方の違いを知りたいと考える方も少なくないのではないかと思います。

 

そこで今回は、『「すき家」と「なか卯」の違いは?具体的に比較してみた』というテーマで書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

「すき家」と「なか卯」の違い

「すき家」と「なか卯」はどちらも同じゼンショーが運営しているため、一見すると違いはさほどないようにも思えます。

しかし、ゼンショーは「すき家」との違いを明確にするために「なか卯」のメニューから牛丼を無くしています。

 

で、両者の違いは、ズバリコレ!

「すき家」と「なか卯」の大きな違い

  • すき家 牛丼推し(牛丼を中心とした展開)
  • なか卯 卵推し(親子丼を中心とした展開)

 

大きな違いで見れば、予想通りのイメージです。ここまでは、すでにご存じでしたね…(笑)

では、メニューの違いを細かく見ていきましょう。

 

「すき家」と「なか卯」のメニューの違い

  • すき家 親子丼系のメニューなし
  • なか卯 親子丼系のメニュー豊富
  • すき家 豚丼あり
  • なか卯 豚丼なし
  • すき家 まぐろ系の海鮮丼
  • なか卯 海鮮丼系は「生うに丼」のみ
  • すき家 うどんなし
  • なか卯 うどん、そばあり
  • すき家 朝食に目玉焼きはなし
  • なか卯 朝食に目玉焼きあり

 

細かい違いを見ていくと、すき家には、まぐろ系の海鮮丼が豊富にあります。

鉄火丼、山かけ鉄火丼、まぐろたたき丼、まぐろユッケ丼。管理人は、まぐろユッケ丼が大好物です…(笑)

 

それに対し、なか卯は、海鮮丼は、生うに丼のみとなってます。

 

また、麺類に関しては、すき家はないのに対して、なか卯には、うどん、そばがあります!

いわしのつみれそば・うどん、鶏塩うどん。鴨そば。

 

あと、意外と知られていないのが、朝食の目玉焼き

すき家も、目玉焼きやろうと思えば、出来そうですよね。ただ、焼くだけだし(笑)

 

次章では、「すき家」と「なか卯」の歴史について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

「すき家」と「なか卯」の歴史

「すき家」と「なか卯」の歴史についても触れさせていただくとまず、「すき家」ですが、元々は横浜が発祥の地とされていますね。

ゼンショーは1982年、横浜でランチボックスという名の弁当屋を開業、経営していました。

 

ただ、この弁当屋が上手くいかず、多彩なおかずの調理を必要とする弁当からシンプルな牛丼の販売にシフトしていき、同年の11月に1号店が誕生しています。

現在は東京に本社を移していますが、その歴史は横浜から始まっていたのですね。

 

その後、2004年にはアメリカ産牛肉の輸入禁止措置による影響を受け、販売中止に追い込まれるもオーストラリア産の牛肉に変更して販売を再開。

2008年には吉野家の店舗数を抜き、牛丼チェーン店では最大手となっています。

 

2005年になると海外進出も果たし、同年に中国、2010年にはブラジル、2011年にタイとその範囲を拡大しました!

その後も順調に店舗数を伸ばし、2017年の10月時点で全国47都道府県に約1955店舗を出店。

 

フランチャイズなどは一切なく、全ての店舗が直営となっているのも特徴として挙げられますね!

 

一方、「なか卯」についても触れさせていただくと、「なか卯」は1969年、大阪府茨木市に手作りうどんの店を開業。

「丼ぶり」と「京風うどん」を主力としており、中でも「卵」に強いこだわりを見せているのが特徴です。

 

歴史としてはすき家よりも古いです。伝統がある店と言っていいのではないでしょうか?

開業当時は関西圏を中心に店舗数を増やしていたのですが、1989年になると関東圏にも進出しました。

 

それを皮切りに1998年には北海道に進出。

同年12月には100店舗を達成。さらに2001年には200店舗を達成する等、順調に店舗数を増やしています。

 

ちなみに現在の主力商品である親子丼は1994年に導入されていますね!

ただ、2005年にゼンショーが親会社となって以降、現在もゼンショーの子会社として存続する形を取っています。

 

上記の経緯もあり、元々は別の会社であった事がお分かり頂けるかと思います。

これらの点を踏まえて、それぞれの特徴を比較してみると以下のようになりますね。

すき家

  • 牛丼とカレーがメイン
  • 目玉焼きを売っていない
  • 業界最大手

 

なか卯

  • 親子丼、うどん、カツ丼がメイン
  • 目玉焼きの販売がある
  • ゼンショーの子会社である

 


まとめ

以上、『「すき家」と「なか卯」の違いは?具体的に比較してみた』についてでした。

 

今回のポイントをまとめると次のようになります。

  • 親会社は同じだが、ウリとしている食品は異なる
  • すき家は牛丼メインで、業界最大手の企業である
  • なか卯は卵にこだわりのある会社で、現在はゼンショーの子会社
  • 歴史はなか卯の方が深い

 

親会社が同じと言うことで、違いが分かりにくいところもあるのですが、ご紹介させていただいたように店としての特徴は全く別物です!

 

なので、牛丼を食べたいならすき家の利用を、うどんや親子丼を食べたい場合はなか卯といったような分け方をするとわかりやすいかと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ