すき家のメニューの頼み方!オーダーから会計までの流れをご紹介

すき家は牛丼チェーン店の大手として知られています。

ほとんどの方は利用された経験があるはずです。

 

しかし、地方等ではこうした店舗が身近にないケースも出てきますので、まだ利用したことがないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「すき家のメニューの頼み方!オーダーから会計までの流れをご紹介」というテーマで書かせていただきました。

 

スポンサーリンク

 

すき家のメニューの頼み方

では、早速メニューの頼み方をご紹介させていただきます。

基本は以下のようになっています。

  1. 席に着く
  2. メニュー表を見てオーダーを決める
  3. やってきた店員にオーダーを伝える

 

1.席に着く

席に着きます。

基本的に店員さんからは「お好きな席へどうぞ。」と言われます。

 

席に着いた時点で、お水(麦茶)が出されます。

 

混んでいる時は、お水が出てきません。また、対応が悪い店舗でも出てこないことも…

呼び出しボタンをポチッと押して、店員さんにお水を要求してください^^

 

2.メニュー表を見てオーダーを決める

続いて、メニュー表を見て、オーダーを決めます。

これから、すき家のメニューの頼み方をご説明します。

 

すき家のメニューの頼み方

  • メインを決める(牛丼、カレーなど)
  • 一緒にセットメニューを頼む

 

すき家では、メインを注文した場合、メイン単品(牛丼、カレー)のみで出てきます。

 

お味噌汁が飲みたい場合は、セットメニューを追加で頼みます。

ちなみに、汁物は、「お味噌汁」「豚汁」「おでん」の中から選びます。

 

すき家のセットメニュー

  • おしんこセット→味噌汁+おしんこ
  • 3点セット→味噌汁+おしんこ+生たまご
  • ポテトサラダセット→味噌汁+ポテトサラダ
  • 健康セット→味噌汁+冷やっこ+カットりんご
  • たまごセット→味噌汁+生たまご
  • サラダセット→味噌汁+サラダ
  • オクラサラダセット→味噌汁+オクラサラダ
  •  

    ちなみに、ネギ玉牛丼を注文すると、生たまごがついてきます。

    なので、追加で「たまごセット」「3点セット」を頼むと、店員さんから「ネギ玉にはたまご付きますよ。」と言われます(笑)

     

    このように、すき家では、単品メニュー+セットメニューで注文します。

     

    3.やってきた店員にオーダーを伝える

    メニューが決まりました。

    次は、呼び出しボタンを押して、店員さんにオーダーを伝えるだけです。

     

    店員さん ご注文どうぞ。

    あなた  「牛丼並」に「おしんこセット」でお願いします。

    店員さん 「牛丼並」に「おしんこセット」ですね。少々お待ちください。

     

    このような流れです。

     

    メニューが出てきたら、支払い伝票が、近くの伝票入れに入ります。

     

    食べ終わったら、伝票をレジに出して、お会計を済ませればOKです。

    店員がレジにいない場合は、レジに備え付けられたボタンで呼び出してください。

     

     

    すき家ではキングサイズも注文可能

    ちなみにすき家には、キングサイズという裏メニューがあります。

    ご飯が並の約3倍、肉が並の約6倍というボリュームたっぷりのメニューです。

     

    また、このキングサイズはカレーや豚丼にも応用可能。

     

    キングサイズ注文時の注意点

    • キングサイズの食べ残しの持ち帰りは可能
    • 最初から「キングサイズ」を持ち帰るのは不可
    • 店内の状況や店員によっては断られるケースもアリ

     

    それから、うな丼やマグロ丼といったものにキングサイズは利用できません。

    もしキングサイズを注文する際は、これらの点にはご注意ください!

     

    次章では、すき家で無料で頼める追加注文について書いていきます。

     

    スポンサーリンク

     

    無料で頼める追加注文

    すき家での「メニューの注文方法」「キングサイズの注文の仕方」についてお伝えしました。

    この章では、無料で頼める追加注文について、ご紹介します。

     

    いくつかご紹介させていただくと以下のようなものがあります。

    すき家の無料で頼める追加注文

    • チーズの肉下
    • 牛丼のお茶漬け
    • ご飯の量を少な目
    • ご飯の熱さを指定
    • 味噌汁の熱さと濃さを指定可能
    • 肉の質を指定できる
    • 肉抜きや肉下といった注文も
    • 玉ねぎの量を調節
    • 玉ねぎの質を選択できる
    • つゆの量を変えられる

     

    一つずつ解説していきます。

     

    チーズの肉下

    これはチーズ系の牛丼を頼んだ時に使える方法で、牛肉の下にチーズがトッピングされるというものです。

    なので、ご飯とチーズを絡ませつつ、肉はそのままの味で食べられるという通好みの食べ方になりますね!

     

    牛丼のお茶漬け

    これは牛丼茶漬けを注文するのではなく、「熱いお茶を一つ」とオーダーし、牛丼の中に入れ、お茶漬け風にして食べるというやり方になります。

    もちろん、お茶だけを飲むこともできますよ!

     

    ご飯の量を少な目

    すき家にはご飯の量を増やせるとメニューにあるものの、減らせるとは記載されていません。

    しかし、実際には

    • 半シャリ⇒並の半分
    • 極かる⇒半シャリのさらに半分
    • 極かるかる⇒極かるのさらに半分

     

    といったように減らすことが可能なので、小食の方や女性でも無理なく食べることができますね!

     

    ご飯の熱さを指定

    また、ご飯の熱さを指定することもできます。

    • あつしろ⇒熱々のご飯
    • つめしろ⇒冷めたご飯、肉は熱い

     

    味噌汁の熱さと濃さを指定可能

    さらに味噌汁の熱さと濃さも選択することができます。

    • お湯割り⇒味噌汁薄め
    • 水割り⇒味噌汁薄めでさらにぬるくしたもの

     

    肉の質を指定できる

    これは他の牛丼屋ではあまり見られないのですが、肉の質を指定することもできますね!

    • とろだく⇒肉の脂身が多い
    • とろぬき、赤多め⇒脂身が少なく、赤みの部分が多い

     

    肉抜きや肉下といった注文も

    それから、肉抜きや肉下といった少し変わった注文もできます。

    • 肉抜き⇒玉ねぎとご飯のみ
    • 肉下⇒ご飯と肉の位置が逆になっている(ご飯の下に肉がある)

     

    玉ねぎの量を調節

    また、玉ねぎの量を調節することもできます。

    • ねぎだくだく⇒限界まで玉ねぎを入れる
    • ねぎだく⇒通常の2倍
    • ねぎちょいだく⇒通常の1,5倍
    • ねぎ少なめ⇒少量
    • ねぎぬき⇒ネギなし
    • ねぎだけ⇒肉がなく、ネギのみ

     

    玉ねぎの質を選択できる

    それと量だけでなく、質を選択することも可能となっています。

    • やわねぎ⇒玉ねぎの柔らかい部分が多め
    • かたねぎ⇒玉ねぎの硬い部分が多め

     

    つゆの量を変えられる

    また、吉野家と同じく、つゆの量も変更することができます。

    • つゆちょいだく⇒通常の1,5倍
    • つゆだく⇒通常の2倍
    • つゆだくだく⇒通常の3倍
    • つゆ少なめ⇒通常の半分
    • つゆぬき⇒つゆなし

     

    以上、無料で頼める追加注文でした!

    最後になりますが、持ち帰りの注意点をお伝えしますね。

     

    持ち帰りの場合の注意点

    ほとんどの牛丼屋で持ち帰りは可能となっていて、前述の通り、すき家でも持ち帰ることができます。

    ただ、以下の点には注意が必要ですね!

     

    すき家持ち帰り時の注意点

  • ハシ等がセルフサービスになっている
  • 注文間違いまたは入れ忘れ
  •  

    ハシ等がセルフサービスになっている

    すき家ではハシ等がセルフサービスとなっているため、取り忘れると自前で用意しなくてはならなくなります。

    自宅に割り箸すらなかった場合、食べるのが困難な状況も想定できるでしょう!

     

    加えて、セルフの物にはしょうがも含まれますので、持ち帰りの際はお気を付けください!

     

    注文間違いまたは入れ忘れ

    すき家は様々な無料サービス等を提供している関係上、細かい注文が多くなる傾向にあります。

     

    よく経験したのが、「ネギ玉牛丼の生卵忘れ(笑)!」

    ネギ牛丼じゃん・・・(笑)

     

    店舗が忙しかったり、慣れていない店員の場合、多様な要望に応えることが出来ません。

    結果として注文間違いをしてしまう可能性は高くなりますね!

     

    持ち帰りの際は、その場で商品を確認してください。

     


    まとめ

    以上、「すき家のメニューの頼み方!オーダーから会計までの流れをご紹介」についてでした。

    今回のポイントとしては以下のようになっています。

    • 備え付けのボタンを押して店員を呼び、注文をする
    • 無料の追加注文でもかなりの種類がある
    • 持ち帰りの際はハシやしょうががセルフサービスである点に注意!
    • 慣れていない店員の場合は注文間違いの可能性も!

     

    すき家は他の牛丼チェーンに比べると種類も豊富で、無料のサービスも充実しているのが特徴です。

    ただ、その分、注文間違いが起こるケースも多いです。

     

    先ほどもお伝えしましたが、生たまごの入れ忘れが何度かありました…(笑)

     

    飲食店、特に回転率の高いすき家のような店では忙しさも半端ではないはずですので、ある程度、仕方がない部分はあります。

    しかし、その辺りが改善されてくるとより利用しやすくなるとも思えますので、今後に期待したいですね!

    スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ