親戚の集まりが超苦痛!無口でいるのはアリ?

スポンサーリンク

親戚の集まりというと「年末年始」「正月」等、楽しいイベントが頭に浮かぶかと思います。

しかし、人見知りの人にとっては苦痛と言えるイベントですよね!!

 

なぜなら、年に1回くらいしか会わない親戚と「話す話題なんかないよ!」というのがホンネです・・・

そうした人にとっては、話すことは、とてもイヤで仕方ありません。

 

できれば無口のままで過ごして、出来るだけ早く帰りたいと考えますよね??

 

そこで今回は、「親戚の集まりが超苦痛!無口でいるのはアリ?」というテーマで書かせていただきました。

親戚の集まりから、イチ早く帰る方法についても書いたので、是非、最後までお付き合いください!!

 

スポンサーリンク

 

親戚の集まりで無口はアリか?どういう態度でいるべき?

まずはじめに、結論からお伝えすると、無理をしてまで話そうとする必要はありません!

人見知りの人にとって無理に話すことは苦痛を強いているのと同じです。

 

ですから、本人が無口でいたいと望むなら、それでも構わないかとは思いますね。

 

ただし、親が同席している場合、親の立場もあります。

あまりに無愛想にすることで、今後、親戚の集まりに行きづらくなります。

 

親戚関係って、今後も続きますので、とりあえず、作り笑顔でも構いません。

ここは、社会に出た以上、最低限の礼儀として認識しておきましょう。

 

しかし、多少の愛想も必要とは言え、性格上、限界もあるかと思います。

なので、、、

  • しつこく絡んでくるような人のそばには寄らない
  • 話好きの人には近づかない

 

などの工夫をしておくことも重要になってくるのではないでしょうか?

 

親戚にも良い人から質の悪い人まで様々な人がいます。

ですから、「面倒な人のそばには近寄らない」だけでも絡まれるリスクを軽減することは十分可能です。

 

そういう意味では、初めから勝負が決まります。

周りをよく見て、選べる状況であれば、面倒な人が近くにいない席を選ぶのもポイントになってくるかもしれません!

 

次章で、親戚の集まりからイチ早く帰る方法について、書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

親戚の集まりからイチ早く帰る方法は?

前章で、最低限の礼儀は必要になるとお伝えしました。

それでも、当人にとって無理を強いていることには違いありません。

 

なので、「最低限の礼儀はわきまえつつ、なるべく早く帰る!」のがおすすめです。

 

で、帰る理由の一つとして定番なのが、病気を装うことです!

出来れば、最初から、病気ということを匂わせます。

 

具体的には、マスクをしていくとかですね!

 

マスクをすることで、顔が隠れますので、表情が見えません。

「不愛想に見えるリスク」も完全排除できますので、おすすめです。

 

さらに、答えたくない質問が来たら、「ゴホンゴホン」と咳をして、ごまかせます。

そろそろ帰りたいタイミングになったら、「体調悪いので帰ります」と伝えればOKです。

 

もし、親と同伴の場合は、家を出る前から、病気(風邪)をひいておいてください…(笑)

親にも、病気を装うというのもアリかと…

 

まぁ、そこまでしなくても、親に「出来るだけ早く帰りたい」と単刀直入に言うのも、手段の一つです。

そのほうが気楽ですよね。


さいごに

以上、「親戚の集まりが超苦痛!無口でいるのはアリ?」についてでした。

前述の通り、無口でいること自体は別に問題になる行為ではありません。

 

ですが、親も同席している可能性が高いことを踏まえると多少の愛想は必要になってきますね!

 

今回のまとめとしては以下のような感じになります。

  • 無理に話そうとする必要はない
  • ただ、親がいる場合はあいづちや笑顔も多少は必要
  • 面倒な人のそばには近づかない
  • 切り上げたいときは病気や体調不良を装う

 

近い親戚関係は、今後もお付き合いが継続します。

大人になってから、「苦痛…」とならないように、少しは相手が「普段何をやっている(仕事とか趣味)のか?」だけは、よく観察しておいてください。

 

それが、いざという時の話のネタになりますよ!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ