プロテインを温めると効果が薄まるってホント?

プロテインは筋肉を付ける上で効果的なものとして知られています。

これから本格的に冬の季節になることもあり、温めて飲みたいという方もいらっしゃるかと思います!

 

しかし、一部でプロテインは温めると効果が薄まるんじゃない!?と思ってる方も多いはずです。

「たんぱく質に熱を加える事で、たんぱく質が破壊されるのじゃないか?」って疑問に感じませんか?

 

そこで今回、「プロテインを温めると効果が薄まるってホント?」というテーマについて書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

プロテインを温めると効果が薄まるの?

プロテインを温めると効果が薄まるのかどうかについてですが、結論から言うと効果が薄まるということはありません!

 

医学博士の武村政春先生の本である「たんぱく質入門」によると、たんぱく質に熱を加えても、栄養素の低下はしないと言われています。

何十年も研究してる医学博士が言うと、説得力がありますよね。

 

なので、取り込む栄養素に変化が生じることもないと考えていいでしょう。

 

ただ、温めると「プロテイン=タンパク質」が固まってしまうため、吸収速度が遅くなってしまうというデメリットはありますね!

「栄養素の変化はなし」だけど、「吸収の速度が遅くなる」ということです。

 

ここで、筋力強化を図るうえで、超重要ポイントはご存知ですか?

 

 

それはズバリ、、、

筋肉の超回復&運動直後のたんぱく質摂取です!

 

超回復に関しては、すでにご存じの方も多いと思います。

ですが、栄養素を素早く取り入れることに関しては、あまり重要視されていません。

 

実際に、ウイダーインゼリーを販売している森永製菓さんのHPでも、運動後、45分以内が筋肉が形成されやすいという情報もあります。

運動後、45分を超えると、筋細胞の同化能力が落ちるようです!

 

それだけ、運動直後の栄養摂取は超重要なのです!!

つまり、吸収速度が遅いことより、時間を置かずに摂取することが大切ですね。

 

それと補足としてプロテインにはいくつかの種類が存在します。

 

代表的なものとしては「ホエイプロテイン」、「ソイプロテイン」、「カゼインプロテイン」の3種類です。

中でも最も吸収速度が速いとされる「ホエイプロテイン」!!

 

筋トレのお供として特におすすめです!このプロテインは筋線維の修復に効果的な成分であるBCAAも含まれてます。

BCAAは、超回復のサポートとして用いるのであれば、最適なプロテインと言えるのではないかと思いますよ!

 

次章で、プロテインを飲むときの最適温度について、書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

プロテインを飲むときに最適な温度

前章で、プロテインを温めると効果が薄まるか?について書きました。

前章の結論は「吸収速度が遅くなる」けど、「効果に変わりなし!」でした。

 

出来るだけ、運動直後にたんぱく摂取すれば、ひとまず合格です!

 

では、プロテインを飲むときって、最適な温度は何度なのでしょうか??

 

最適な温度を知るうえで、超重要なのは、プロテインが固まる温度を知ること

前章の繰り返しになりますが、固まることで、吸収速度が遅くなります!

 

で、「プロテインが固まる温度」はというと、約60~80度です。

このあたりは、プロテインの種類によって、固まる温度が違います。

 

慣れるまで、微調整が必要になってくるかとは思われます。

結局、溶けている状態が吸収が良いので、感覚的にやるしかありません!

 

 


まとめ

以上、「プロテインを温めると効果が薄まるってホント?」についてでした。

 

では、今回の内容をおさらいしてみましょう!

  • プロテインは温めても効果は薄まらない
  • ただ、温めることで吸収の速度が遅くなる
  • 運動直後の栄養摂取が超重要
  • 最適な温度を知るには、固まる温度を知ること
  • ぬるさを感じる程度が適温!

 

効率を度外視するのであれば、カゼインのみで構成されたプロテインを活用することで、温めた状態のプロテインを飲むことも不可能ではないでしょう!

カゼインのみで構成されたプロテインはクセがあるものの、熱に強いことで知られてます。

 

理論上、100度を超えても固まることはありませんので、ホットにして飲むという点を重視するなら、選択肢に入ってくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ