クリスマスにバイトを休む理由は?店長を説得する方法

クリスマスにアルバイトを休みたい」と思っても、休めないって方って、かなり多いですよね!!

早めにシフト希望をしても、「〇〇さんが、休みが入ったから、出てくれない?」と言われたりします。

 

結局、「シフト早めに希望しても、ダメじゃん!店長!」って感じですよね!

では、一体、どうすれば、クリスマスに休みを取れるのでしょうか?

 

今回、クリスマスにバイトを休む理由というテーマで、現役の店長職の管理人が、「これなら、納得しちゃうな」という理由をあなた限定に公開します。

 

これを読んでいただき、彼氏(または彼女)と素敵なクリスマスを過ごせることを願います。

 

スポンサーリンク

 

クリスマスにバイトを休む理由でNGはコレ

まずは、クリスマスにアルバイトを休む理由で、NGな理由について、お伝えします。

 

それは、ズバリ、遊びの予定です。

なぜなら、遊びの予定は、他の日でも代替可能だからです!!

 

バイト先の店長はあなたを、相当、当てにしてます!!

「年末年始休む奴は誰や~」って、眉間にシワを寄せながらシフト表を眺めてます。

 

年末年始は、「飲食店」「販売関連」は、超繁忙期です!

 

そのため、遊びの予定は基本的にNGだと思っておいたほうが無難です。

 

体調不良、当日ドタキャンはどうなの?

どうしても、休みたい場合に、考えるのが、体調不良、ドタキャンです。

ですが、これらの2つはデメリットがあります!

 

「体調不良」「ドタキャン」2つのデメリット

  1. ウソを付く罪悪感
  2. 他のバイトから白い目で見られる

 

この2つです。

上記、2つは、1回くらいなら通用するでしょう!!

 

しかし、何回も繰り返すと、信頼感を失い、最悪あなたはクビになるでしょう。

「体調不良、当日ドタキャン」をやるなら、今回限りにしたほうがよいですね。

 

「もう店長と関わらないからいいや」という考えでしたら、ドタキャンはアリだと思います!

※ドタキャンを進めてるわけではありません。

 

正直に話す方法は?

「彼氏(または彼女)とクリスマスを過ごす事を正直に伝える」という方法もあります。

ですが、これに関しては、店長次第じゃないかと思います!!

 

どちらかというと、感情で流されるタイプの店長でしたら、説得できるかもしれません…

感情タイプには、情に訴えてみてください・・・(笑)

 

その際は、真剣な顔で言ってくださいね!

 

次章では、店長を説得させる方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

クリスマスにバイトを休む理由!店長を説得させる方法

前章で、遊びの予定がNGなことをお伝えしました。

では、バイト先の店長を説得するには、どうすればよいでしょうか?

 

店長を説得させる2つの方法

  1. 授業
  2. 家族の用事

 

授業

一つ目は、授業です。

これは、一言で言うと、「学業優先アピール」です!

 

この授業は、特に代替不可能ということをアピールしてください。

例文を出してみます。

 

あなた「年末最後の大事な単位に関わる授業なんです。」

あなた「単位落としたら、卒業できません。」

あなた「もし、留年したら、1年間分の授業料店長に請求していいですか?」←少しおおげさ(笑)

あなた「だいたい、○○○万円くらいだと思いますよ。」

 

さすがに、ここまで言われたら、「学校行ってください。」と言うはずです。

学生というのは、本来、学業優先ですから、この理由が一番おすすめです。

 

ポイントは、店長の恐怖を探って、そこをつくことですね・・・(笑)

 

家族の用事

続いて、家族の用事です。

ここでのポイントは、ウソだと感じさせない用事です!

 

おじいちゃん、おばあちゃんの〇回忌というのが、一番おすすめです。

 

あなた「12月24日はおじいちゃんの〇回忌なんです。」

あなた「家族全員で集まります。夜までかかるのでその日は休ませてください」

あなた「おじいちゃんが亡くなる前に、会えなかったことを今でも悔やんでます。」

 

いかがでしょうか?

かなり、具体的かつ、その理由を言ってるのが分かると思います。

 

おじいちゃん、おばあちゃんがご健在の方には、申し訳ないです。

ですが、このくらいの理由でないと、バイト先の店長も納得してくれません。

 

次章では、クリスマスは絶対にバイト休めないか?についてお伝えします。

 

 

クリスマスにバイトは休めない?絶対出勤しなくてはいけないの?

前章で、バイトを休む2つの理由にお伝えしました。

代替え不可能な用事ということがポイントでした。

 

ですが、ここまで言っても、バイトが休めないかもしれません。

そこで、バイトは絶対に休めないか?について、管理人なりの考えをお伝えします。

 

で、さっそく、結論ですが、最後は会社の責任です!!

つまり、休んで、シフトが埋まろうが埋まらないがあなたには関係ありません!

 

もし、あなたがクリスマスに休んだら、店長は、きっと、アルバイトの穴埋めに入るでしょう。

 

さらに、店長がクリスマスに休んだら、その会社のエリアマネージャーが来ます。

※個人経営の場合は、お店休業になると思います。

 

さすがに、クリスマスに店長が休むことはないと思いますが・・・(笑)

私自身が、何度も経験していて、このような結論に至りました。

 

なので、冷たい言い方になりますが、休むことに罪悪感を持つ必要はありません。

思い切って、休んじゃっていいんです!

 

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

クリスマスにバイトを休む理由についてお伝えしました。

 

それでは、最後におさらいをしてみます。

 

  • NGな理由は遊びの予定
  • 当日「ドタキャン」「体調不良」は今回限りにする
  • 正直に話す方法は店長次第
  • 代替え不可能な用事にする
  • 「授業」→学業優先アピール
  • 「家族の用事」→具体的な用事
  • 最後は会社の責任
  •  

    以上です。

     

    「最後は会社の責任」ということをお伝えしました。

     

    これを聞いて、ちょっとでも、「それは罪悪感あるな…」と思ったあなたは、健全な人間です!

    相手の事を考えられる人間だと思います。

     

    そうはいっても、バイトは休みたいですね・・・!?

     

    念のため、シフトは早めに提出してください!

    それでは、良いクリスマスを過ごせることを願います♪

     

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ