腸内洗浄のやり方!自宅でエネマキットでやる方法はコレ

自宅での、腸内洗浄のやり方を知りたい!

でも、具体的な方法が載っているブログがない…

 

腸内洗浄のやり方で、お困りですか?

実は、管理人、腸内洗浄を経験して、早1年になります。

 

自宅での腸内洗浄をやるにあたって、数々の失敗を繰り返してきました。

水が冷たすぎて、お腹が痛くなったこともありますし、逆に熱すぎて、おしりが焼けた経験もあります…(笑)

 

そんな、数々の失敗を繰り返してきた管理人が、腸内洗浄のやり方(コーヒーエネマ)に関して、ステップバイステップで、やり方をご紹介していきたいと思います。

 

最後まで、見ていただくことで、失敗なく腸内洗浄が出来るはずです。

 

最近、友人に腸内洗浄のやり方を教えましたが、ほぼ失敗なしで、腸内洗浄を終えることができました。

腸内洗浄の準備~腸内洗浄のやり方、注意点まで、かなり細かく書いてみましたので、参考になると思います!

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

腸内洗浄のやり方!準備編♪準備するモノリスト

まず、はじめに、腸内洗浄をやるにあたって、準備するモノがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

03__【平日12時までのご注文は当日発送】自宅のトイレでできる腸内洗浄スリムエネマキットスリムエネマ(浣腸器具)+ジェル(小)+計量カップ+ドアフック【あす楽対応】
価格:8316円(税込、送料別) (2017/5/6時点)

 

実際に管理人が使っているエネマキットです。

エネマキットの中身

  • エネマキット(本体・チューブ・チューブ先端)
  • ドアフック(あると便利)
  • 計量カップ(あると便利)
  • ジェル(小)(他で代用可)

 

腸内洗浄をやるにあたって、エネマキットは、絶対必須です!

これがないと、腸内に液体を入れることができません…(笑)

 

「ドアフック、計量カップ」に関しては、なくても、間に合います。

「ドアフック、計量カップなしバージョン」も販売されているので、比較検討してみてください。

 

ですが、準備万全で腸内洗浄に臨みたい場合は、上記のエネマキットがおすすめです。

 

その他必要なモノ

  • S字フック→エネマキットをかけるのに使う
  • バスタオル→液体がこぼれた時
  • オリーブオイル→おしりに塗る時
  • トイレロール→おしりを拭くとき
  • ティファール→お湯を沸かすのに使う
  • ミネラルウォーター→体に入れるので綺麗な水で!
  • オーガニックコーヒー→体に入れるので、良い豆で!
  • コップ→コーヒーを沸かすときに使う
  • コーヒードリッパー
  • ペーパーフィルター

 

その他、必要なモノをまとめてみました。

 

特に水に関しては、ミネラルウォーター。コーヒーはオーガニックの豆。

体に入るモノなので、最高級の品質を選びたいところです。

 

間違っても、水道水はやめてくださいね…(笑)

 

実際に管理人が使用しているエネマグッズです↓

「エネマキット」

 

「S字フック、ドアフック、計量カップ」

 

「コーヒーカップ、コーヒードリッパー、ペーパーフィルター」

 

「ティファール」

 

「ミネラルウォーター」

 

「オリーブオイル」

 

+α必要なモノ

  • 掃除用具(ブラシ)
  • 洗浄スプレー

 

腸内洗浄をやるにあたって、直接は関係ありませんが、掃除用具が必要です。

なぜなら、腸内洗浄をやった直後、便器がかなり汚れます…(笑)

 

洗浄スプレーとブラシ等を準備することで、トイレにいったあとに、便器を綺麗にすることができます。

 

腸内洗浄をやる場所は?

腸内洗浄をやる場所ですが、最初はお風呂がおすすめです。

 

お風呂が窮屈なので、管理人はやった経験はありません。

ですが、いざ「液体がこぼれた時」に安心して腸内洗浄を行うことができます。

 

管理人は、部屋で腸内洗浄を行っています。

バスタオルをフローリングに引いておくことで、液体こぼれを防止しています。

 

準備に関しては、以上です。

次章で、自宅での腸内洗浄の具体的なやり方について、書いてきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

自宅での腸内洗浄のやり方!ステップバイステップでご紹介!

前章では、腸内洗浄の準備についてお伝えしました。

エネマキット以外にも、コーヒーグッズや便利品、または掃除用具等もご紹介しました。

 

この章では、具体的な自宅での腸内洗浄方法をご紹介していきます。

 

腸内洗浄のやり方!3ステップ

  1. 液体を準備してエネマキットに入れる
  2. 液体を体内に入れる
  3. トレイに直行!

 

1.液体を準備してエネマキットに入れる

まずはじめに、液体を準備します。

 

ここで言う液体は、水(ミネラルウォーター)+沸かしたコーヒーです。

割合は、水:コーヒー=6:4ぐらいのイメージです。

 

※初めての方は200ml位の少量からスタートするのがおすすめです。

「ミネラルウォーター」

 

「沸かしたコーヒー」

 

ポイントは、指で触ったときに、ぬるま湯より少し暖かい温度です。

この温度で入れることで、腸に入ったときに、お腹が痛くなりにくいです。

 

逆に温度が低いと、お腹が痛くなりますし、熱いと火傷(やけど)します(笑)

 

何回もやっていくうちに最適な温度がわかるようになります。

最初は、何度も指で温度を確認するようにしてください。

 

あと、忘れがちなのが、液体をエネマキットに入れるときです!

ストッパーが止まっていない状態で、液体を入れてしまうと、全部下に流れます(笑)

 

液体を入れるときは、必ずストッパーをしましょう。

「ストッパーで留めている状態」

 

2.液体を体内に入れる

次に、液体を体内に入れます。

 

入れる前に、おしり(肛門)とチューブの先端にオリーブオイルを塗ります。

オリーブオイルを塗ることで、チューブがおしりに入りやすくなります。

 

液体を体内に入れやすくするポイント

液体がエネマキットの上部で留められている状態で、チューブの先端をおしり(肛門)に入れると、体内にうまく入りません。

なぜか?というと、空気が抜けていないからです。実際に体験してみると、お分かりになると思います。

 

そのため、ストッパーを外して、ストッパー付近まで液体を一時的に流します。

「ストッパー付近まで液体を流して留める」

 

 

液体を体内に入れるステップ

  1. 左わき腹を下にする
  2. 仰向けになる
  3. 右わき腹を下にする

 

最初、体内に液体を入れるときは、左わき腹(床側)を下にします。

なぜ、左わき腹が下か?というと、腸のカタチを考えているからです。

 

下記の動画をご覧ください。

 

腸が反時計回りになっていることが、お分かりになると思います。

つまり、肛門から左わき腹にかけて腸が巻き付いています。

 

左わき腹を下にした状態で、液体を入れることで、液体が体内に流れやすくなるということです。

 

左わき腹を下にした状態から液体を入れたら、徐々に仰向けになり、その後、右わき腹を下にしていきます。

このように、回転することで、直腸からS状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸へと、液体が流れていきます。

 

体勢を変えるタイミングですが、管理人の場合、お腹が苦しくなってきたら、体勢を変えるようにしています。

 

トレイに直行!

液体がすべて、体内に入り終わりました。

 

この段階で、すでに便意を我慢できない状態になるはずです。

その時は、我慢せずに、トイレに直行しましょう!

 

腸内洗浄を初めてやる人にとって、最初の腸内洗浄はかなり辛いです。

なぜなら、宿便が腸の中にこびりついている可能性大だからです。

 

管理人も、初めて腸内洗浄を行ったときは、数十秒しか、我慢できなかった記憶があります。

 

慣れてくれば、数分我慢できますが、基本的には便意が発生したら、トイレに直行するのがよいでしょう。

 

次章では、腸内洗浄をやるにあたっての注意点について書いていきたいと思います。

 

 

腸内洗浄を行う時の注意点

前章では、腸内洗浄の具体的なやり方についてお伝えしました。

 

特に重要なのは、「液体の温度」と「最初の体勢」です。

この2つだけは必ず押さえておきたいですね!

 

この章では、腸内洗浄を行う時の注意点について、書いていきます。

腸内洗浄を行う時の注意点

  • 食後はやらない
  • 便意があるときはやらない
  •  

    食後はやらない

    腸内洗浄をやるタイミングは、朝一番がおすすめです。

    朝食後の何も食べていない空腹時です。

     

    朝は、昨日の食べたものが全て消化している状態です。

    消化している状態なので、腸内洗浄をやっても、お腹の痛みが少ないです。

     

    逆に、食後に腸内洗浄をやると、お腹がかなり痛くなります。

    詳しい事は分かりませんが、消化と洗浄がお腹の中で同時で行われているので、お腹の中が混乱しているのかと…(笑)

     

    管理人のあくまで、経験談です。

    空腹時にやることが、一番リスクが少ないです。

     

    便意があるときはやらない

    次に、便意が発生しているときです。

     

    一度やった経験がありますが、液体がかなり漏れました…

    といいますか、液体が体内に入らなかったです(笑)

     

    おそらく、便意がある状態は、直腸付近で、便が溜まっているので、液体が入らないのかと思います。

    そのため、便意があるときは、腸内洗浄はやらずに、そのまま排便するほうがよいでしょう。

     

    合わせて読みたい関連記事

    腸内洗浄の効果は?メリットデメリットを体験談でご紹介

     


    まとめ

    私の経験談を交えて、自宅での腸内洗浄のやり方について、お伝えしました。

    今回の内容をカンタンにまとめてみたいと思います。

    • エネマキットの準備
    • その他必要なモノの準備
    • トイレ用具は必需品
    • 水はミネラルウォーター
    • コーヒーはできればオーガニック
    • 液体の温度は指で確認
    • 温度はぬるま湯
    • ぬるま湯より少し暖かい温度がおすすめ
    • 何回かやると、温度のコツがつかめる
    • ストッパーが留まってない状態でエネマキットに液体を入れない
    • おしり(肛門)とチューブの先端にオリーブオイルを塗る
    • ストッパーを外して、液体を途中まで流す
    • 液体を入れる時の最初の体勢は左わき腹が下
    • お腹が苦しくなったら、体勢を変える
    • 我慢できなければ、すぐトイレに行く
    • 食後はやらない
    • 便意があるときはやらない

     

    以上です。

    今回、腸内洗浄のやり方をかなり細かい部分まで、突っ込んで書いてみました。

     

    最後にお伝えしたいことがあります!

    ※あくまで私のやり方です。

    最終的にはご自身の責任で行ってください!

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ