二人暮らしの貯金の平均は?貯金額を増やす方法はコレ

二人暮らしで貯金をしたいけど、なかなか貯まらない…

一体みんなは、毎月いくら位貯金しているのか、気になりますよね!

 

管理人も、最近は、貯金できるようになりましたが、一人暮らし時代は、貯金0生活を送っていました…(笑)

入ってきた給料は全て使ってしまう。」という典型的な消費人間でした。

 

ですが、結婚して、子供が出来るにつれ、貯金の意識が高くなりました。

その成果もあって、おかげさまで、貯金は右肩上がりです(笑)

 

一家の大黒柱が貯金ゼロだったら、奥さんが不安ですよ~!!

 

今回、二人暮らしにおいて、毎月、いくら位の貯金が平均なのか?について調べてみました。

また、貯金額を増やす方法についても、具体的に書きましたので、参考にしてみてください。

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

二人暮らしの貯金の平均はいくら?

まずは、2017年2月の総務省統計局の家計調査を見てみましょう。

勤労世帯

  • 実収入  484038円(配偶者収入含む)
  • 支出   379589円
  • 収支合計 104449円

集計世帯数 7714世帯
世帯主年齢 59.5歳
持ち家率  85.8%

※総務省統計局家計調査(家計収支編)

 

いかがでしょうか?

 

旦那さんが25~28万円、奥さんが20~23万円の共働きだと仮定すると、現実的ですね!

 

また上記の調査は、持ち家比率が高いです。

持ち家は、家賃がかからないので、その分の支出が減ります。

 

家賃分の支出が減って、支出の合計が37万円。

もし、家賃が加算されていれば、合計支出が42万円は超えているはずです。

 

二人暮らしで40万円以上の支出は多すぎな気はします…(笑)

30万円前後の世帯年収として、20~25万円以内の支出に抑えることが出来れば、5~10万円の貯金が可能です。

 

  • 月10万円以上の貯金 超優秀
  • 月5~10万円の貯金 優秀
  • 月5万円以下の貯金  良
  • 月1~2万円の貯金  普通

 

もし、あなたが、賃貸で、しかも月に10万円の貯金が出来ていれば、かなり優秀という目安になります。

 

次章では、貯金額を増やす方法について、具体的に書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

貯金額を増やす方法はコレ

前章では、二人暮らしの貯金の平均について、政府の調査データを参考に書いてみました。

貯金額月に10万円ということですが、本当は、もっと貯金したいところです。

 

この章では、貯金額を増やす方法について、ステップバイステップでご紹介します。

 

  1. 現実を受け止める
  2. 減らせる部分を減らす
  3. 収入をアップすることを考える

 

現実を受け止める

貯金額を増やす方法で一番大切なのは、現実を受け止めることです。

現実を受け止めるというのは、月にどれだけの支出をしているか?ということを1円単位で把握することです。

 

この作業は超嫌な作業です。これをやることで、思ったほど、貯金が貯まらないことに気づきます…(笑)

ですが、どれだけお金が出て行っているか?を把握しないと、貯金出来る金額が見えてきません。

 

「ノートに書きだす」もしくは「エクセルに支出をまとめる」等の作業をして、支出を管理します。

 

上記は、実際に管理人が作成したエクセルファイルです。

数字を入力するだけで自動計算されるようにシステム化しました。

 

貯金額を増やす前に、月にいくら使っているのか?を見ていくことが、貯金への近道です。

 

減らせる部分を減らす

月にどれだけの支出をしているか?が分かりました。

次にすることは、減らせる部分を減らす事です。

 

先ほど、お見せしたエクセルファイルをもう一度ご覧ください。

上記項目で、手っ取り早く減らすとすれば、「携帯電話」「食費」「娯楽費」の3つです。

 

携帯電話は「格安スマホ」に切り替えることで、月に5000~15000円くらいの節約になります。

娯楽費に関しては、全部減らすとストレスになり続かないので、毎月少しづづ減らします。

 

食費に関しては、下記の記事を読んでいただければ、1回の食事にどれくらいの金額をかけれるか?が明確になります。

是非、お時間あるときに読んでください。

二人暮らしの食費の平均!月に5万円は高すぎ?

 

収入をアップすることを考える

現実を受け止めて、減らせる部分を減らすことを考えました。

無駄な部分を削ぎ落していけば、支出が確実に減ることは間違いありません。

 

しかし、支出を減らすだけで、終わってしまうのはよくありません。

なぜなら、支出を減らすにも限界があるからです!

 

また、今後も収入はずっと同じとは限りませんよね!!減ることだって現実的にあり得ます。

減ってしまった場合は、取戻しができません。

 

そのように、考えていくと、収入を増やすしかありません。

 

そこで、支出を減らしながら、収入を増やす方法をとります。

 

具体的には副業です。

管理人のように、ブログで収入を得るという方法もありますし、他にもたくさんの方法があります。

 

個人的には、会社にバレないような副業がおすすめです。顔出しなしで出来る副業です。

なぜなら、会社にバレたら、白い目で見られますし、最悪クビになる可能性があります。

 

また、顔出しすることで、「●● 詐欺」などの検索ワードで、ご自身の名前が載る可能性があり得ます。

※●●は人物名

 

次章で、副業をやる上での、重要ステップを書いていきたいと思います。

 

 

副業をやるうえで重要ステップは2つ

前章では、貯金額を増やす方法について、お伝えしました。

「支出を減らすには限度がある」ということで、貯金額を増やすのは、収入を増やすしか方法がありません。

 

この章では、副業をやる上での、重要ステップをお伝えしたいと思います。

 

どんな副業をやるにしても、応用できる考え方なので、是非、参考にしてみてください!!

  • 実績があるメンター(指導者)を見つける
  • お金を支払って継続して教えてもらう

 

実績があるメンター(指導者)を見つける

副業をやるうえで、一番重要なのが、メンター(指導者)選びです。

なぜ、メンターが必要か?というと、時間の短縮になります。

 

副業にやるにあたって、時間はとても大切です。

本業以外で副業に充てられる時間は、本当に限られています。集中して作業できるのは、おそらく1日1~2時間が限度でしょう。

 

時間の話はこれ以上説明すると、しつこくなるのでやめておきますね(笑)

 

メンターを見つけるうえで、もう一つ重要なのが、現在進行形で稼いでいるか?どうかです!

私も最近になって、わかったのですが、見せかけの人(一時的な稼ぎ)が、この業界、非常に多いです。

 

私もマーケティングについて、詳しくありませんが、彼ら(見せかけの人)はブランディングというのを悪用し、私たち素人をカモにしています。

 

彼らは、素人を相手にすることで、ビジネスを行っています。

つまり、1万円稼いでいれば、「月1万円稼げる方法」として、商品販売することが可能です。

 

また、視覚効果を利用して、高級車を乗っている写真を見せつけることもあります。

素人に対して「この人1000万円以上稼いでそう!」と想像させます。

 

ですが、現実的には、全く稼いでいないというオチが待っています…(笑)

※中には、見た目と収入の額が一致している人もいます。

 

そのため、指導者が稼いでいなければ、受講者が稼げるはずがありません。

 

指導者を見分けるポイントは、非常にカンタンで、直近の実績があるかどうか?です。

直近の実績がない人は、かなり古いデータ(2年前など)を載せていることがあります。

 

当時(2年前)は、稼いでいた人も、今になったら稼いでないってパターンはよくあります(笑)

 

お金を支払って継続して教えてもらう

指導者も、無料で稼げる方法を教え続ける人は、ほぼいません…(笑)

指導者は、お金という対価をもらって、受講者に教えています。

 

教える期間は、6ヶ月や1年といった期間が決まっています。

 

受講者は決まった期間で、指導を受けるわけですが、この期間内に全員が稼げるわけではありません。

「副業の時間が取れる」「副業の時間がなかなか取れない」といった感じで、人よって進行状況が違います。

 

そのため、稼げるようになるまで、1年間以上もかかる人もいます。

そうなってくると、指導者にお金を継続して支払う必要が出てきます…(笑)

 

継続になれば、多少支払う金額は安いパターンが多いです。

 

個人的には、支払った額以上に、稼げるようになっているので、メンターにお金を継続して支払うことが意味があると思います。

 

ただ、そのメンターも勉強を続けていない人には、お金を支払うのは辞めたほうがよいです。

常に勉強を続けているメンターがおすすめです。

 


さいごに

二人暮らしの貯金の平均というテーマで書いてみました。

二人暮らしの貯金から副業というテーマにいってしまいました(笑)

 

でも、まじめなお話、支出を減らすのは、本当限界が来ます。

支出を減らすのは続けながらも、新たな収入を模索するほうが、確実に貯金は増えます。

 

ただ、収入を得るまでに、お金を失ったり、失敗したりするのが、怖いです。

管理人も、それを乗り越えて、ブログでの収入が安定してきました。

 

もし、何かご相談がありましたら、メールやスカイプでお話ししましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ