学校の先生の夏休み!仕事は暇?給料もらえるの?

学校の先生って、夏休みに何やっているか?気になりますよね!

ぶっちゃけ、先生暇でしょ。」と思っている方が多いようですが、実は忙しいみたいです!

 

管理人の同級生に高校の教員がいるので、直接、本人に電話で聞いてみました。

今回、学校の先生の夏休みの仕事、夏休みに給料はもらえているのか?などなど、疑問に感じたことを書いていきます。

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

学校の先生の夏休みの仕事は?

管理人の同級生である学校の先生に「夏休みの先生の仕事」について聞いてみました。

 

結論からいうと、先生は普通に仕事してますよ!

「夏休みだからと言って、暇…」ということはないようです…(笑)

 

特に夏休みは、職員研修が多いとのこと。

 

なぜ、夏休みに職員研修が多いのか?というと、夏休みぐらいにしか研修ができません。

そのため、ここぞとばかりに、「研修!研修!」のオンパレードです。

※学校によって研修の回数は違うようです。

 

この職員研修は「生徒を教えるための研修」や「自分自身のスキルアップの研修」です。

先生も生徒に教えるために、日々努力されているのですね。

 

ですが、毎日、研修というわけではないです。

 

他には、どんな仕事があるか?を管理人が分かる範囲で、調べてみました。

  • 一学期の成績の整理・整頓
  • 二学期の教材の準備
  • 教材研究
  • 事務処理
  • 部活動の指導
  • 職員会議
  • 受験向け補習
  • 低学力者向け補習
  • プールの開放(小中学校)
  • 日直
  •  

    などなど!他にもいろいろあると思います!

     

    上記を見てみると、わかりますが、「担任・部活動の顧問」は特に忙しいです。

    私の同級生の先生は、体育会系の部活動の顧問です。なので、当然休みは少ないようです…(笑)

     

    あと、ぶっちゃけトークを聞きましたが、先生は普段から休みがないそうです。

     

    確かに、考えてみても、「生徒が登校している月~金」に「今日、先生授業休みま~す。」なんて言っている先生はいません…(笑)

    こんな意識の低い先生がいたら、即クビ確定です…(笑)

     

    土曜日だって、日直していることだってありますし、部活動の指導もありますよね。

     

    なので、この夏休みに休みが取れれば、「普段の休みがない分の穴埋め」をしているそうです。

    先生って、安定しているかもしれませんが、時給計算に換算したら、かなり割に合わない仕事ですよ。

     

    次章では、夏休みの先生の給料について、書いていきます。

     

    スポンサーリンク

     

    夏休みなのに給料はもらえているの?

    前章で、夏休みの先生の仕事について、お伝えしました。

     

    先生って、結構大変なんです。

    普段休みがないことを考えると、2週間ぐらい休んでもいいんじゃないかな?と個人的に思います。

     

    この章では、先生の夏休みの給料について書いていきます。

     

    前章でお伝えしました通り、先生は夏休みでも普通に仕事をしています。

    仕事をしているので、通常通り、給料が発生しています。

     

    ここで興味深い記事があったので、内容を要約して紹介しますね。

     

    先生の時給は400円?

    中学校の先生が休日に部活動の指導をやるときに、部活動手当というのが支給されます。

    この部活動手当は、4時間従事した場合、3600円の支給となります。

    ※2017年より3000円→3600円に増額予定。

     

    ここでのポイントは、4時間以上の拘束でも、金額は変わらず3600円のままです。

    つまり、9時間仕事しても3600円です。時給にすると、400円です・・・

     

    部活動は、午前中だけで終わりということはなく、遠征にいく場合もあります。

    先生の都合で、「今日は4時間だけしか仕事しない」ということはできません。

     

    先生の時給はコンビニの店員さんと同じってホント?

    先生って、朝礼の時間から、学校の門に立っている事って多いですよね。

     

    学校の朝礼は、だいたい8時くらいです。

    で、仕事が終わるのが、だいたい早くても18時ぐらいでしょうか。

     

    これでも早く終わるほうだと思いますが、10時間は学校にいます。

    そこで、先生の1ヵ月の給料を分かりやすく、時給換算で想定してみました。

     

    先生の1ヵ月の給料想定(月22万円の場合)

    • 1日10時間勤務
    • 月8日休み=23日出勤
    • 月22万円の給料

    22万円÷230時間=約956円

     

    月に23日の出勤で、約900円台です。

    おそらく、早く帰れいないことを考えると、もっと時給が下がります。

     

    このように考えると、先生って、「コンビニの店員さんと同じ時給」といっても、おかしくありません。

    先生って大変なんです。

     


    さいごに

    夏休みの先生の仕事についてお伝えしました。

     

    「先生って良い仕事!」

    「先生の夏休みって暇そう…」

    「退職金も沢山もらえていいな!」

     

    管理人も以前までこのように考えていました。

    ですが、先生の現実って、全然違うことを最近知りました。

     

    私の地元に定年退職した先生がいます。

    その先生は、校長先生まで登りつめました。

     

    その先生は、現役時代、国内の高級車と呼ばれる車を乗っていました。

    ですが、定年退職後は、軽自動車。

    ※軽自動車が悪いという事ではありません。

     

    退職後は、仕事を続けない限り、現役時代の生活を続けることはできません。

    先生は、一般の会社員同様、大変なんです!!

     

    「ラクな仕事はない」ということを今回お伝えしたかったです。

    それではまた!

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ