大学受験に落ちたらどうしよう?気持ちの切り替え方はコレ

大学受験に落ちたら、どうしよう…

自分の受験番号が掲示板に載っていなかったら、かなりショックですよね…

 

大学受験は、子供の勉強時間以外にも、多額の塾費用が掛かっています。

塾費用だけではありません。送迎のガソリン代、受験料、滑り止めの手続き金などなど、数百万円単位のお金が動いています。

 

その費用を払うのは、すべて親。※バイトしている人は除く

もし、受験に失敗したら、子供たちは、このような気持ちになるはず。

 

「期待に沿えず、ごめんなさい…」

罪悪感の気持ちでいっぱいです。

 

管理人も、受験に失敗したときは、このような気持ちになっていました。

 

そこで、今回、受験に落ちた高校生に向けて、受験に落ちたら今後どうするのか?気持ちの切り替え方などなど、受験に落ちた後の人生について、管理人の経験談を踏まえながら書いていきます。

 

これを読めば、1日以内で気持ちの切り替えが出来るでしょう!

逆に読まないと、1週間、2週間経っても、落ち込んだままになります…

 

是非、最初から最後まで、目を通してください♪

 

スポンサーリンク

 

大学受験に落ちたらどうする?

受験お疲れ様でした!

受験勉強って、あんなに長いのに、試験は一瞬ですよね。

それで、「不合格」って、なんか不公平な気持ちになります。

 

受験に落ちると「人生全否定された気分」です。

 

号泣している人も少なからずいるはず。

そんな「受験に落ちたあなた」

 

大学受験に落ちたら、今後の人生どうするか?冷静に考えていきましょう。

 

まず初めに考えたいのが、受験に落ちた事実は変えることは、残念ながらできません。

そう。受験に落ちて、泣き崩れても、叫んでも、何も変えることが出来ないのです。

 

ここは、しっかりと現実を受け入れる必要があります。

現実を受け入れるには、かなり時間がかかるはずです。

 

次章で、気持ちの切り替え方法について、書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

気持ちの切り替え方は?

受験に落ちた事実は変えられないので、現実を受け入れることの重要性をお伝えしました。

 

ですが、そうカンタンには立ち直ることができません。

立ち直るためには、気持ちの切り替えが大切です。

 

この章で気持ちの切り替え方について、お伝えしていきます。

気持ちの切り替え方

  • 受験に落ちる=人生の失敗ではない
  • ひたすら寝る
  • 走る

受験に落ちる=人生の失敗ではない

一つ目は、受験に落ちることが、人生の失敗ではないということを認識することです。

 

受験は、学校側が一方的に行う〇×クイズです。

その〇×クイズには、「合格基準」という指標があります。

 

いつの時代かわかりませんが、このような基準が始まってしまいました。

 

その「合格基準」に満した人が、合格。満たさなかった人が不合格。

ただそれだけです。

 

テストに〇×の採点をされただけ。

ですので、あなたの人生に〇×されたわけではないのです!!

 

このことが理解できれば、気持ち的にかなりラクになりますよ♪

 

ひたすら寝る

二つ目は、ひたすら寝るです。

管理人が今でも実践している方法です…(笑)悪い言い方だと、現実逃避ともいえます。

 

やっぱり、イヤなことがあったら、寝るに限ります。

寝ることで、今日あった出来事が徐々に忘れていきます。

 

走る

走りながら、落ち込んでいる人っていませんよね…(笑)?

走るという行為は、それだけ何も考えることができません。

 

「100メートルを猛ダッシュしながら、落ち込んでみる。」

是非、実践してみてください。

 

体を動かすことが、かなりのリフレッシュになりますよ!

 

いかがだったでしょうか?

この3つを実践すれば、間違いなく、気持ちの切り替えが可能です。

 

次章で、気持ちの切り替えを行った後に、どんな選択肢があるか?見ていきましょう。

 

 

受験に落ちた後の選択肢はコレ

現実を受け入れて、気持ちを切り替えることが出来ました。

 

そのあとは、次のステップです。

受験に落ちた後は、どんな選択肢があるのでしょうか?

 

4パターンの選択肢を準備してみました。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

  • 浪人
  • 滑り止め大学に通う
  • 専門学校に通う
  • 就職

 

浪人

まず、はじめに浪人です。浪人は、第一志望に合格するために、再受験する方が多いでしょう。

ここで、次の年に合格した場合は、浪人は卒業。

 

問題は、再浪人した場合。2年目の浪人ですね。これがかなり辛いです…

 

実際に、管理人の友人で、2浪して受験失敗した人がいます。

その後の人生は?というと、ココだけの話、うつ病です…

 

最近も地元で、その友人を見かけたことがありますが、精神的に病んでました。

個人的には、お医者さんなどの専門職を除いて、浪人はおすすめできません。

 

なぜか?というと、お医者さんなら、浪人しても、職業の確定要素があります。合格した時点で、ほぼお医者さん決定ですよね。

※大学卒業のためには、かなり勉強必要だと思います。

 

ですが、一般的な文系大学になると、職業の確定要素がないです。

 

やはり、浪人になると精神的に、かなりキツイです…

 

滑り止め大学に通う

次に考えるのが、滑り止め大学に通うです。

 

この滑り止め大学は、だいたいが私立かと思います。

 

親に本当に申し訳ないと思いますが、管理人は、滑り止め大学をおすすめします。

 

なぜなら、大学進学を選ぶほうが、メリットが多いからです。

大学進学のメリット

  • 浪人生より1年早く社会人になれる
  • 浪人生という劣等感がない

社会人を1年早く経験できるということは、「お金が稼げる」「社会経験が積める」ことが出来ます。

 

何だかんだ言っても、社会人の経験が、今後の人生で一番役立ちますし、気づきが多いです。

 

また、浪人生という劣等感がないので、精神状態も良好です。

 

専門学校に通う

管理人が、大学以外を選ぶとしたら、「専門学校」をおすすめします。

 

なぜなら、手に職を付けることが出来るからです。

看護師・保育士・調理師・電気工事施工管理技士・大工さん…その他多数。

 

これらの職業は、かなり専門的です。しかも、一定数の需要があります。

 

この職業を選ぶことで、職業に困る心配が、格段に減ります。

専門的な仕事も出来て、さらに一般的な仕事もできれば、最強です。

 

就職

最後に就職です。

 

高校からの就職ですと、一般的なお仕事は、かなり限られてしまいます。

 

運よく、良い職場に就職できたとしても、初任給・待遇が、大卒と比較されます。

実力で、「大卒より上」になれば、良いですが、年功序列を採用している会社の場合、まだまだ大卒が強いです。

 

就職を選択する場合は、大卒に勝てる職場を選ぶことが大切です。

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のテーマのまとめです。

  1. 受験に落ちた現実を素直に受け入れる
  2. 受け入れるには気持ちの切り替えが必要
  3. 気持ちを切り替えたら、次の選択肢を考える

 

「学校で勉強したことって、社会で役に立たないよね…」

このことに、すでに気づいているあなたは、かなり優秀です。

 

これからは、「人工知能AIの技術」が、ますます発達していきます。

学校で教える「〇×クイズ」はすべて、AIが行ってくれます。

 

また、分からないことは、グーグルさんの検索窓に打ち込めば、一発で答えが探せます。

 

つまり、現在行われている受験は、ほぼ、役立たなくなるでしょう。

※全部役に立たないわけでないです。

 

あなたに必要なことは、人間にしか出来ないことをやることです。

 

「機械が出来るような仕事はやらない。」

 

このことに注目すれば、今後、社会人で仕事に困ることがありません。

是非、落ち込まずに、今後の人生を楽しんでいきましょう!

 

人生は変わろうと思った時が新たなスタート

ではでは♪

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ