LINEでの告白はあり?なし?かを検証してみた

LINEで告白したいけど、ありなのかな?なしなのかな?

好きな人との会話がLINEメイン」って人、結構いますよね~。

 

LINEの会話がメインだと、普段から電話しなかったり、会わなかったりする人も多いはず。

普段から会わないと、告白自体していいか?どうか疑問に感じます。

 

そこで今回、LINEでの告白自体がありか?なしか?管理人の経験を交えながら、わかりやすく解説していきます。

 

これを聞いたあなたは、LINEでの告白について、とても理解が深まります。

 

逆に、これを聞かなかったあなたは、LINEでの告白で失敗してしまう可能性大です。

 

準備はいいですか?

それでは、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

LINEでの告白はありか?なしか?

まず、はじめに、LINEでの告白についてですが、ズバリおすすめしません。

なぜなら、LINEでの告白はリスクが高すぎるからです。

 

もしかして「LINE 告白」の検索順位で、出ていた画像をご覧になりましたか?

あれは、たまたまLINEで告白が成功した、ゴクまれな事例です。

 

なぜLINEでの告白がリスクか?という理由について、これから話してきます。

 

LINEでの告白のリスクはコレ

  • 真剣さが伝わらない
  • 現実味が湧かない

 

真剣さが伝わらない

一番のリスクは、真剣さが伝わらないことです。

カンタンにいうと、文字のみで伝えるからです。

 

「恋愛ドラマ」と「恋愛小説」を比べると、とても分かりやすいです。

 

恋愛ドラマの「感動的シーン」を見ていると、ほんの数分でも感情が動かされませんか?

なぜか?というと、それだけ「人間」対「人間」のやりとりというのは、非常に濃いコミュニケーションだからです。

 

  • 表情
  • 声のトーン
  • その場の雰囲気(夜だとロマンチックなど…)

このように、いろいろな要因が重なり、人の感情が動かされます。

 

逆に、恋愛小説だと、最初から最後まで、読み込まないと感情が動かされません。

 

現実味が湧かない

もう一つ理由は、現実味が湧かないことです。

 

理由は、相手の顔が見えないからです。

やはり、顔が見えていない状況で、LINEで告白されても、バーチャルでお付き合いしている感覚です。

 

悪い言い方をすると、ゲーム感覚

フワフワしながら、妄想の世界でお付き合いしている感覚になってしまうでしょう。

 

ですので、LINEでの告白は、おすすめできません。

 

次章では、LINEでの告白がありな場合のパターンをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「LINEでの告白があり」なパターン

LINEで告白するリスクをお伝えしました。

 

やはり、告白という行為は、結婚のプロポーズ同様、とても重要な場面です。

カンタンにLINEで告白してしまうと、相手にされない場合があります。

 

ですが、逆に「LINEでの告白があり」なパターンも、存在します。

この章で、そのことを詳しく解説していきます。

 

LINEでの告白がありパターン

  • 恋愛話になって自然の流れ
  • 話題が尽きない
  • 直接会ってくれる

 

恋愛話になって自然の流れ

一つ目は自然の流れパターンです。

 

特に恋愛話で盛り上がっていれば、LINEでの告白は成功確率高いです。

このときは、相手も恋愛モードになっていますからね!恋愛モードかどうか?を是非、察知してください。

 

逆に、LINE続いたとしても、日常会話ばかりだったら、注意が必要です。

日常会話から、いきなり告白になると、相手もビックリしてまいますから…(笑)

 

ここは恋愛モードに突入することを意識しましょう。

 

話題が尽きない

2つ目は、話題が尽きないです。

正確に言うと、話題が尽きても、相手から新しい話題を振ってくれることです。

 

なぜか?というと、好意がない場合、話題が尽きたら、LINEが継続されないからです。

LINEが継続されているということは、比較的、脈ありと判断できます。

 

直接会ってくれる

3つ目は、直接会ってくれるか?どうかです。

 

意外とこれは重要です。なぜなら、好きなら、直接会ってくれるからです。

もし、直接会う約束をして、変な理由で断られたら、LINEでの告白はなしだと思ってください。

 

告白後は、直接会ってお付き合いすることになりますので…(笑)

会うこと自体断られたら、ほぼ告白失敗です…(笑)

 

 

LINEでの告白!男性は女性より不利!なぜ?

前章では、LINEでの告白ありなパターンを3つご紹介しました。この他にも、いろいろなパターンが複数存在すると思います。

 

告白ありなパターンあったら、是非コメントください(笑)このブログを読んでいる人にとって有益な情報になりますので!!

 

で、LINEでの告白ですが、「男性が女性に告白した場合」と「女性が男性に告白した場合」

 

この両者を比較してみると、圧倒的に男性が不利です。

なぜなら、男がLINEで告白すると、女々しく見えるからです。

 

やっぱり、女性は、男性の男らしさという部分をかなり重点的に見ています。

それがLINEで告白とかすると、かなり軽いし、男らしくありません。

 

逆に女性の場合は、どちらかというと、か弱い印象があります。

か弱い印象があれば、LINEでの告白というのも、暗黙的にありではないかと感じます。

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回のお話をまとめますね。

  • LINEでの告白はリスクあり
  • 理由①真剣さが伝わらない
  • 理由②現実味が湧かない
  • LINEでの告白がありな場合もある
  • LINEの告白は男性の方が不利

電話やメールがなかった時代は、必ず会うしか方法がありませんでした。

会うしか方法がないので、当然、会っての告白です。

 

現在の社会では、会わずに、メールやLINEが手軽にできます。

非常に便利になってきた半面、私たちは会う事の重要性を忘れている気がします。

 

やっぱり、人間は会って話すことが、密度の濃い時間が過ごせます。

ですので、出来るだけ会って、お互いの気持ちを伝えてくださいね!!

 

ではご検討をお祈りします。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ