アレッポの石鹸の口コミ!カサカサの乾燥肌は改善するの?

アレッポの石鹸って、噂によると口コミで評判らしいですよ~!!

 

つい最近、職場の同僚から、「アレッポの石鹸良いよ~」というお話をチラッと聞きました。同僚に聞いたところによると、どうやら、アレッポの石鹸で全身を丸ごと洗ってるらしいです(笑)使い心地も、抜群と言ってました♪乾燥肌も治ったとのこと。

 

管理人も乾燥肌で悩んでいたので、ついに乾燥肌が治るか~??って事で、かなり期待しているアレッポの石鹸。

 

気になったら、実際に試さないと気が済まない性格なので、管理人自ら体を張って体験してみましたよ!!また、ネットでのアレッポの石鹸の口コミも気になるので、リサーチしました。

 

それでは、さっそくいってみましょう♪

 

スポンサーリンク

 

アレッポの石鹸の口コミは?

まずはじめに、アレッポの石鹸のメリットに関する口コミをまとめてみました。

アレッポの石鹸のメリット

  • アレッポ石鹸を使うとかゆくならない
  • そのまま使うと大きいので4つに切るのがおすすめ
  • 洗顔後はしっとりする
  • 私には合わなかった
  • キシキシするけど、乾くとサラサラ
  • 使用後は石鹸置きかネットに入れるのがいい
  • 乾燥肌には合う
  • 肌がツルツル♪
  • エクストラはリンスなしでもしっとりする
  • 脂性の混合肌・乾燥肌におすすめ
  • 洗ったあと体がうるおう
  • 頭皮臭の予防効果もある

アレッポの石鹸で、特に評価が高かったのは、洗い上がりの肌の質感ですね。アレッポの石鹸に含まれるオリーブオイルが、洗い上がりの、かさつき感を防止しています。

中には「肌が合わなくなった…」という人がいましたが、多くの人が満足していました。

 

管理人も、実際に使用してみましたが、洗い上がりは本当にしっとりしていました^^薄い膜でバリアされているような感じで、次の日まで、肌の質感がしっとりです♪これも、オリーブオイル効果ではないかと思います。
 

続いデメリットを見てみましょう。

 

デメリット

  • 少し泡立てにくい
  • 泥くらい臭いがする
  • 髪にはガサガサになる
  • 臭いが苦手…
  • ローレルオイルが合わなかった
  • 洗髪すると石鹸カスが残ることがある

逆にデメリットは、洗髪後に髪がギシギシになることですね。

アレッポの石鹸には、基本的に石鹸成分しか入っていません。石鹸成分だけなので、髪の潤いを保つ成分が含まれていないのです…

 

そのため、洗髪するときには、洗髪後に、クエン酸リンスをすると髪のギシギシを防止できるでしょう。クエン酸リンスは自分で作ることも出来ますが、面倒なので、ドラッグストアもしくは、楽天かアマゾンで準備したほうがラクですね。

 

管理人も髪を実際に洗いましたが、洗髪後のギシギシ感が凄かったです^^;髪を乾かした後は、だいぶ、ギシギシが治りました。

 

洗顔もしてみましたが、洗い上がりがモッチリしていて、化粧水いらずって感じでしたね♪

 

臭いに関しては、「我慢できないほど臭い」という感じではなかったです。ただ、アレッポの石鹸を使ったあと、お風呂を締め切りにすると、お風呂の中にニオイが充満するので、お風呂後はしばらく換気したほうが良いです。

 

スポンサーリンク

 

アレッポの石鹸の成分は何が良いの?

前章で、アレッポの石鹸の口コミについて書いてみました。いろいろ調べてみてわかったのは、アレッポの石鹸単体での使用はボティ・洗顔用に向いているという事ですね。

 

では、アレッポの石鹸のどの成分が肌に良いのでしょうか?気になるところですね!!

気になったので調べてみましたよ^^

 

乾燥肌の人はアレが足りない!

アレッポの石鹸には、オリーブオイルが含まれている事は、前章でお伝えしました。

 

では、「オリーブオイルの何が良いの?」ってことで調べたところ、オリーブオイルに含まれているオレイン酸が肌に良いことがわかりました!!

 

oribuoiru

 

椿油を販売している(株)健やか総本舗亀山堂によりますと、人の皮脂には、オレイン酸が41%含まれているとのこと。カンタンにいうと、このオレイン酸が不足することによって、乾燥肌になってしまうのです…

 

このオレイン酸というのは、脂肪酸の一つで、肌に塗っても、低刺激なのが特徴です。低刺激なので、主に化粧品やローションに使われていいます。化粧品にも使用されているということは、一つの安心感ですね♪

 

ということで、オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、皮脂を守るために、大きく役立っているという事です♪

 

アレッポの石鹸の選び方と使い方は?

前章で、オリーブオイルに含まれているオレイン酸の効果についてお伝えしました。オレイン酸=肌のバリアっていうことが、わかりましたね^^

 

ですが、まだまだ解決していない問題があります。

 
それは、アレッポの石鹸も3種類もあるんですよね!それで、3種類の違いは?というと、ローレルオイルの含有量です。このローレルオイルの含有量が違う事で、肌への影響が変わってきます。

そのため、ローレルオイルについて、もう少し詳しく見てみましょう!

 

アレッポの石鹸(ノーマル)

  • オリーブオイル 90%
  • ローレルオイル 10%

areponormal

 

 
アレッポの石鹸(エクストラ40)

  • オリーブオイル 60%
  • ローレルオイル 40%

arepoextra40

 

 
アレッポの石鹸(ライト)

  • オリーブオイル 98%
  • ローレルオイル 2%

arepolight

 

ローレルオイルの含有量

エクストラ40>ノーマル>ライト

 

アレッポの石鹸では、このような順番で、ローレルオイルの含有量が多くなっています。

ココで考えるのが、「ローレルオイルの含有量が多いほうが肌に優しいのでしょ?」そのように思いがちなのですが、実は違います!!ローレルオイルに向いている肌と向いていない肌があるのです。

 

それでは、ローレルオイルって、どんな肌に向いているのでしょうか?効果についても調べてみました。

 

ローレルオイルはどんな肌に向いている?

ローレルとは、クスノキ科の木の事で、ハーブに属しています。ローレルオイルは、ローレルの実から取れているんですね。

oribuoirunomi

 

そんなローレルオイルの主な効果は、鎮痛・抗菌・消臭。

 

顔に関してはニキビ改善が期待されています。ニキビが改善されるということは、どちらかというとサッパリに仕上がるという事が分かります。

 

ということで、アレッポの種類別で向いている肌質についてまとめてみました。

 

超乾燥肌→アレッポの石鹸(ライト)

乾燥肌→アレッポの石鹸(ノーマル)

脂性肌→アレッポの石鹸エクストラ40

 

肌がいつも乾燥している超乾燥肌の方はライトがおすすめですね。逆に、いつも脂っぽいという方は、エクストラ40がおすすめです。迷った場合は、その中間のノーマルを試してみると良いでしょう^^

あと、個人的には考えたのは、脂分が多い顔はエクストラ40。乾燥しやすい体はノーマルかライト

このような使い分けもアリですね。

 

ただ、エクストラ40もノーマルもライトも、見た目が一緒なので、使う時に間違わないようにだけ注意したいところです(笑)間違わないために、石鹸置きの色を変えたりするが良いと思います^^

 

 

アレッポの石鹸はどの種類が使いやすい?

今まで、アレッポの石鹸の魅力について、お伝えしました。
 

ここまで来たら、「アレッポの石鹸買うしかない!」と思います。

 
 

それで、具体的には、どの種類が良いか?というと、管理人的におすすめなのが、エキストラ40です。

 

アレッポの石鹸 エキストラ40【2個】送料無料!

 

 

理由は、泡立ちの良さです!!

 

使ってみて、わかりましたが、エキストラ40は、他の種類より泡立ちが良かったです。ボディタオルを使うと、さらに泡立ちますよ♪

 

エキストラ40は、値段が一番高いです。ですが、1人で使うなら、1ヵ月近くもつので、コスパは最強です!

 

最近は、カサカサの乾燥肌も、だいぶ治ってきて、良い感じになってきました。


まとめ

今回、アレッポの石鹸の口コミについて、書いていました。

こんな良い石鹸が身近にあるとは思いませんでした。同僚に感謝ですね♪

今まで、市販のボティソープで、肌がかさついていたので、これからは、しばらくアレッポの石鹸を使ってみて様子を見たいと思います^^

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ