【高校版】おすすめの部活ランキングBEST5!運動部で選ぶならコレ!

高校に入ったら、どんな部活動をやろうか?って悩みますよね~!

 

なぜ、悩むかといえば、部活動に入らないと、帰・宅・部になるからです。この帰宅部というネーミングが嫌ですよね。

このネーミングが嫌で、部活動に入ろうと思っている高校生も多いのではないでしょうか?

 

管理人の高校生時代といえば、超体育会系の部活動でしたよ~^^;管理人が入っていた体育会系の部活動は、拘束時間も長く、練習もかなりキツかったです…

でも、高校3年間部活動を続けた結果、大学の推薦をもらえることができたので、今では部活動に感謝しています♪

 

そんな高校の部活動。どんな部活動がおすすめなのか?体育会系の部活動をやってきた管理人が、特におすすめの部活動を独自のランキング形式にしてみました。体験談を中心にお話ししていきます^^

 

 

それでは、高校生のおすすめ部活ランキングにいってみましょう♪

 

スポンサーリンク

 

高校の部活動を選ぶ前に重要な事

まずはじめに、部活動を選ぶ前に、超重要なお話があるので聞いてください。これを聞かないと、将来とても後悔することになります。

 

結論から言ってしまうと、ケガが少ない部活動を選ぶことです。

 

理由は、とてもカンタンです!ケガをしてしまうと、今後の人生にかなりの支障が出るからです。

 

まずは、人生を長い目で見て、冷静に考えてください。高校を卒業する18歳から60歳の定年まで、何年ありますか??

 
60−18=42年

計算が早い方は既に答えが出たと思いますが、定年まで約40年もの期間があります。

 

長い人生の中の高校3年間というわずかな期間で、大きなケガをしてしまうのは、非常にもったいないというのが、管理人の個人的な意見です。

 

もちろん、「俺(私)は将来、オリンピックに出場する!」という意気込みのある方は、将来を否定しません。ですが、スポーツというのは、ゴルフなどを除き、多くの種目は、年齢的な限界があります。

 

プロ野球で40代。プロサッカー選手でも30代。水泳でも30代。

だいたいのスポーツが、30代前半~30代後半を境に再就職というカタチになるでしょう。

 

スポーツ選手の再就職という話にズレてしまいましたが、要するに、「部活で本気になるな。」と言いたいです。

ですので、出来るだけ、ケガが少ない部活動を選ぶことを心からおすすめします。

 

かなり、おおげさに聞こえるかもしれませんが、実際に管理人の友人でも、半月板を損傷したり、手首を骨折したりしてる方がいます。

 

高校生だと骨のくっつきが良いので、すぐ治ってしまいますが、歳をとるごとに、骨は弱くなってくるので、若いころにケガした部分の痛みが出てきます。

 

 

それでは、本題のランキングにいってみましょう♪

 

icon-rank-tk02_m05

5位 剣道部

kendobu

友達ができる度:★★
モテる度   :★★
 

剣道部というと、「あの面が暑そう~」とか、「裸足は冬寒そう」とか、いろいろなイメージがあると思いますが、実はメリットも沢山あります。

 

剣道部がおすすめな理由

  • 礼儀正しくなれる
  • メンタルが強くなれる
  • 社会人でも出来る生涯スポーツ
  • ケガが少ない

剣道部がおすすめの理由は、礼儀正しくなれることですね。試合前と試合後は、必ずお辞儀をします。比較的、剣道部は他の部活に比べ、上下関係も厳しいと言われているもあり、礼儀良くなるのだと思います。

逆にデメリットは、防具セットの費用が掛かることです。高校生向けだと、約6万円ほどかかりますね。また、防具がやたら臭くなるのが、一番気になりますよね^^;

 

剣道の防具って、洗剤で洗ってはダメと聞いたことがあります(笑)

kotetoshinai

 

 

icon-rank-tk02_m04

4位 陸上競技部

rikujobu

友達ができる度:★★
モテる度   :★★★
 

陸上競技部といえば、足が速くないと出来ないスポーツと思ってしまいがちですが、種目数も結構多く、自分に合った種目を選べるので、足の速さは必要としていません。

種目の例でいうと、短距離・中距離・長距離・走り幅跳び・三段跳びなどなど…ですね♪

 

陸上競技部がおすすめ理由

  • 足の筋肉が付く
  • 体力が付く
  • 精神的に強くなれる
  • ボールを使わない

陸上競技部がおすすめなのは、何といっても体力が付くことですね。体力が付くと、普段生活していても、疲れにくくなりますし、適度な運動は、脳も活性化して、勉強もはかどります。

また、陸上競技はボールを使わないというのが大きなメリットです。

野球・サッカー・バスケットボール・バレーのような球技スポーツは、ボールを扱うので、かなりのセンスが必要です。陸上競技は、走るという基本動作さえできれば、出来るスポーツなのが、メリットですね。

 

逆にデメリットは日焼けですね^^;陸上は基本的に外で行うスポーツです。特に、真夏は太陽がガンガン照っている時に、部活動を行わなくてはいけません。美白命の女子は、耐えられないスポーツですね…^^;

 

スポンサーリンク

 

icon-rank-tk02_m03

3位 バドミントン部

batomintonbu

友達ができる度:★★★
モテる度   :★★★
 

バドミントン部は、何か楽しそうだな~というイメージが強く、結構人気な部活ですね。それでは、おすすめ理由を見てみましょう。

 

バドミントン部がおすすめ理由

  • 室内で出来る
  • 日焼けしない
  • 楽しそう♪
  • 痩せそう
  • ラリーなら続けられそう

バトミントン部は、何といっても、室内で、できるというのがメリットですね。「日焼けなし」「楽しそう♪」というのがおすすめポイントです。

 

逆にデメリットは、意外と走り込みが多いことです(笑)楽しいと思ったバドミントン部が、強豪チームとなると、かなり走り込みがあるみたいですよ^^;やっぱり、バドミントンもラリーが続くと体力が必要ですからね。沢山走ることは、どの部活でも必須ですね^^

 

icon-rank-tk02_m02

2位 水泳部

suieibu

友達ができる度:★★★
モテる度   :★★★★
 

水泳といえば、小中学校でスイミングスクールに通っていた方も多いと思います。

そう両親が進んで通わせたいのが、この水泳です!水泳にはおすすめの理由があるんです。

 

水泳部がおすすめな理由

  • ケガをしにくい
  • ストレスが発散される
  • スタミナが付く
  • 全身が鍛えらえる
  • 筋肉がバランスよく鍛えられる
  • 疲れなくなる
  • よく眠れる

水泳の一番のおすすめ理由は、心肺機能が向上することですね^^4位の陸上より、かなりの肺活量を使うので、疲れ知らずの肉体が出来上がります。

 

管理人も小学校6年生まで水泳をやっていましたが、体力がかなり付きましたね♪当時、同時進行で少年野球もやっていたのですが、肩のケガもなかったですし、その後、中学校の野球部時代もケガがありませんでした。

 

水泳はメリットが多いスポーツではありますが、逆にデメリットは水着になることですね。特に女子は体系を気にされてると思うので、水着になるのが嫌な場合はおすすめできません(笑)また、水泳で使われる水は、塩素が入っているので、肌荒れには注意したいところです。

 

 

5位~2位のおすすめの部活をご紹介しました。

どの部活動も、それぞれのメリットがあって、おすすめなのですが、それを超えて、1位になったのは、どの部活動でしょうか?

 

それでは、高校生のおすすめ部活ランキング1位の発表にいってみましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

icon-rank-tk02_m01

1位 ダンス部

dansubu

友達ができる度:★★★★★
モテる度   :★★★★★
 

ダンスは、学習指導要領で2008年から必須項目になりました。中学校でダンスをやって楽しかったという人も多いのではないですか?

それでは、ダンス部がおすすめな理由を見てみましょう。

 

ダンスがおすすめな理由

  • 全身の筋肉が鍛えられる
  • 室内でできる
  • 姿勢が良くなる
  • スタイルが良くなる
  • 楽しそう♪
  • リズム感がよくなる
  • 初期費用が少ない

ダンスがおすすめな一番の理由は、全身がバランスよく鍛えられることです。

 

ダンスは、立ったり、座ったりと様々な動きをしますよね♪

 

筋力・持久力・柔軟性などが養われて、とても健康的に運動が出来ます。健康に良いダンスは、男女問わず、人気なスポーツです。人気が高いという事は、人が集まる。人が集まるので、お友達がたくさん増える事間違いなしの部活ですね♪

 

また、何より揃える道具がいりませんし、基本的にTシャツ&長ズボンでOKですよね♪もちろん、ダンス着を揃える場合もありますが、それでも数千円~1万円の出費です。

 

今後、まずます注目の部活ですね~^^

 


まとめ

今回、高校の運動部でおすすめの部活動をご紹介しました。

本来であれば、自発的に運動していれば、部活動に入らなくも良いと思いますが、運動って、めんどくさいので、誰も自発的にやらないんですよ(笑)

ですので、強制的にやる部活動は、意味がある活動だと思います。ですが、ケガだけには気を付けてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ