妊婦がお寿司!食べていいネタは?気をつけるポイントはコレ!

妊婦さんは寿司食べたらダメなの?水銀が胎児に影響するらしいけど…

妊娠6ヶ月の妻を持つ管理人です。先日、奥さんと妊娠中の食べ物について話をしていました。

 

妊婦さんはお腹に子供を授かると、かかりつけの病院から栄養指導が入り、必ず「妊娠中=生ものNG」的なことが言われます。特に魚などの生ものは水銀が含まれいているので、胎児にはよくないと言われていますよね。

 

ただ、つわりが終わると食べたくなるんですよね… 寿司!!でも、寿司のネタに水銀が入っているか、入っていないかは、私たちのような素人ではわかりません。

妊婦さんが食べていいのはどんなネタか、逆にどんなネタが食べたらダメなのか、奥さんのために調べてみましたよ!このページをご覧になっている方は妊婦さんが多いですよね^^一緒に見ていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

妊婦が食べていいお寿司のネタは?

妊婦って、どんなお寿司のネタなら、安心して食べれるの~?という疑問

とその前に、厚生労働省HPに書かれている注意が必要でない魚という項目があるので、まずはその項目を確認してみましょう^^

注意が必要でない魚

  • キハダ
  • ビンナガ
  • メジマグロ
  • ツナ缶
  • サケ
  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • さんま
  • タイ
  • ブリ
  • カツオ

※厚生労働省HP参照

注意が必要でない魚の中で、特に水銀値が低いものは下記のお魚でした。

  • ツナ缶
  • サケ
  • アジ
  • イワシ
  • さんま
  • カツオ

厚生労働省の諸外国の魚のデータを見ていても比較的、安全なお魚でしたね。このお魚でしたら、厚生労働省からは「通常の量を摂取」と言われているので、比較的気にせずに食べていいと思います。

「注意が必要でない魚」の通常の量ってどれくらい?

ここで疑問に残るのが注意が必要でない魚の「通常の量を摂取!」。通常の量と言われても、あいまいな表現で、1週間にどの程度食べて良いのか迷いますよね^^;

 

管理人なりに考えてみたのは下記の通りです。

  • 焼き魚だけなら→週2~3回
  • 生魚(寿司や刺身)のみなら→週1回
  • 焼き魚+生魚両方なら→週2回

 
だいたいこのようなイメージではないでしょうか。ここで、さらに気になるのが、お寿司や刺身などの生魚を食べたときに下痢になったら心配?という不安。

下痢と流産の関係性

日本産婦人科学会によると、妊娠12週未満の妊婦さんの流産が最も多く、全体の80%だそうです。妊娠初期の流産の原因の多くが染色体異常で起こるとのこと。

このように見ていくと、下痢と流産は関連性がないような気がします。ただ、妊娠初期は流産する確率が高い事を考えると、妊娠初期の妊婦さんはお寿司や生魚は特に控えた方が無難だと思います。

スポンサーリンク

妊娠中に寿司!注意が必要なネタは?

前章では、注意が必要でない魚についてお伝えしました。注意が必要でない魚は「通常の量を摂取してよいですよ」ということで、それほど、食べる量に関して明確な基準がありません。

ですが、この章でお伝えする「注意が必要なネタ」は、食べる量の明確な基準があります!!それでは明確な基準を見てみましょう。

注意が必要なネタ(魚)の摂取量の目安!

厚生労働省のHPによりますと、注意が必要なネタ(魚)の、1週間で食べていい魚の量が約80グラムとされています。80グラムってイメージ出来ないと思いますが、スーパーで売られている鮭が約140グラム位なので、その半分くらいですね。

syake

ですので、80グラムの量で言うと、ザックリ刺身4~5切れといったところです。1週間でこれだけの量だと少なすぎると思いますが、厚生労働省が出している基準なので、間違いはないと思います。

なぜ、注意が必要な魚は食べる量が制限されているの?

これからご説明するお魚は、先ほどもお伝えした通り、食べる量が1週間に80グラムと制限されています。なぜかというと、単純に水銀の量が多いからです!水銀の量が多い魚を食べ過ぎると胎児が奇形児になる可能性がありますからね。

それでは注意が必要な魚を見てきましょう。

注意が必要な魚とは…

  • キダイ
  • マカジキ
  • ユメカサゴ
  • ミナミマグロ(インドマグロ)
  • ヨシキリザメ
  • イシイルカ
  • キンメダイ
  • ツチクジラ
  • メカジキ
  • 本マグロ
  • メバチマグロ
  • エッチュウバイガイ
  • コビレゴンドウ→食べてはダメ
  • バンドウイルカ→食べてはダメ

この中で、絶対食べてはいけないのが、コビレゴンドウ、バンドウイルカです!この2つのお魚の特徴はデカい!なぜこの2種類が食べてはいけないかというと、水銀が多いからです。

特に大きい魚というのは、小さい魚(水銀入り)を食べているので、水銀値が高いと言われています。ですので、食べてはいけないんですね。

 

まぁ、現実的に考えてイルカはお寿司のネタでは出てきませんので…(笑)もっと、お寿司屋さんでよく出てくるネタについて、見ていきましょう。

上記のお魚で、特にお寿司屋さんでよく出てくるネタといえば…

 

マグロ!!

maguro

マグロは種類が沢山あり、中には注意が必要でないマグロもあります。注意が必要か必要でないかは、お寿司屋の店員さんに一つ一つ聞いてみないとわかりません^^;

お寿司屋さんに行って注文する度に「これ何マグロですか?」と聞くのは正直言って面倒だと思いますので、マグロについては、生まれてくる胎児の事を考えると全く摂取しないという方針がよいと思いますよ!!

どうしてもマグロが食べたい場合は、少量を食べてくださいね^^

その他注意が必要な魚について

マグロ以外の注意が必要なネタですが、キダイ、キンメダイが水銀値が比較的高いですね。上記以外にはマダイも水銀値が高かったです。

コレって食べていいの?寿司屋でよく見るネタを徹底検証!

前章では注意が必要なお魚についてお伝えしました。注意が必要なお魚というのは全部で12項目ですが、実際に寿司屋さんで出てくるネタって、これ以外にも沢山あります。

このネタって水銀多いの?このネタって産地はどこ?何をチェックすれば安全性がわかるの?など細かい疑問についてまとめてみましたよ。

特に、お寿司屋さんでよく見るネタだけ厳選してみたので、参考になると思いますよ~♪

※某大手チェーン店の原産地情報を見てみました。

サーモン

サーモンって美味しいですね!!管理人も大好きでよく食べます。水銀値については低めなサーモン。

samon

気になるのが原産地!日本に輸入されるサーモンの90%以上がノルウェー産との情報を見つけました!「ノルウェー産 サーモン」で検索してみてください。どのサイトにも、あまり良い噂がなくてビックリです( ゚∀゚)ノあんなに美味しいのに…

サーモンはノルウェー産以外にも、チリ・デンマーク・イギリスが原産地として使われていることが多いですね。

管理人も大好きなサーモンですが、これからお寿司屋さんに行くときには、ちょっと注文するのが戸惑いますね…

エンガワ(カレイ)

次にエンガワです。エンガワはカレイという魚です。これも管理人が好きなメニューの一つです(笑)エンガワについて、主にロシア・アメリカ・カナダ・アイスランド・デンマーク・ノルウェーなどが原産地として使われていますね。

気になる水銀値ですが、海外産のカレイは低めです。水銀値を見る限りは比較的、安全と言えますね。

ハマチ

ハマチですが、ブリの中型版→ハマチってご存知ですか?ですので、ハマチ=ブリということです。ハマチについては、原産地は国産が多かったです。水銀値は平均的に見ると低めです。

日本産っていうことが何より安心ですね。

生エビ

続いてエビです!エビって日本産だと思い込んでいましたが、意外にも外国産ばかりで驚きでした…原産地はアルゼンチン・ベトナム・タイ・インドネシア。水銀値は低かったです。

イカ

続いてイカです。イカは日本以外だと、中国・韓国・タイ・ベトナム・インドネシアなどが原産地です。日本産のイカは水銀値はほぼなく、海外産のイカも水銀値は低めでした。

ウニ

続きましてウニです。ウニは日本産の場合は、水銀値は問題ありません。外国産の水銀値については情報がありませんでした。外国産はアメリカ・カナダ・中国・ロシアが多かったですね。

しらす

しらす=イワシの稚魚です。イワシは国産・海外産、共に水銀値は低めでしたね。原産地は日本が多く、他にはベトナムなどがありました。

 

妊婦さんが寿司屋に行く前にチェックしたいポイント

今までいろいろお伝えしてきましたが、寿司屋さんに行く前にチェックしていただきたいポイントが2つあります。

  • 放射線等の検査をしているか
  • 国の出荷規制の基準に従っているか

2つの共通点は安全性です。より、安全に作られているかが一番大切だと思います。上記の2点はお寿司屋さんのHPに記載してありますので、気になる妊婦さんはチェックしてみてください^^

◆気になる関連記事◆

焼肉→陣痛→出産は根拠なし!!その理由とは??
出産早めるには焼肉?根拠あるの??

紅茶好きの妊婦さんにおすすめ
妊婦が紅茶!カフェインの摂取量の目安は?

母子手帳をまだ買ってないママ必見
母子手帳ケースはジャバラが便利!人気ランキングBEST5

妊婦は運動していいの?
妊婦の散歩の時間!目安はどれくらい?


さいごに

ここまで、いろいろ調べて見て分かったことは…

よーく考えてみたのですが、寿司屋さんに行っても、寿司ってそんなに食べれませんよね^^;食べれるとしても10皿程度です。月に1回。お寿司屋さんに行って、10皿程度食べるなら問題ないような感じがします。

ただし、マグロ、タイについては妊婦さんは避けたいところですね!!

もし、妊婦さんがお寿司屋でお腹いっぱい食べたいなら、たまご焼き、ツナサラダの軍艦、納豆巻き、かんぴょう巻きなどで、お腹いっぱいにしつつ、食べたいネタを食べるのがバランスが取れると思いますよ。

あと、最近の回転寿司はサイドメニューが豊富ですので、ラーメンというのもアリじゃないですか^^長くなりましたが、お腹にいる胎児が一番大切ですので、ママの心の声に従って、食べてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ