花粉症!鼻うがいのやり方!痛くない方法を解説します

花粉症で鼻づまりが酷くてツラい…どうにか鼻の通りをよくするやり方ないかな?

鼻うがいはやったことないけど、「鼻に水入れるのって、何だか痛そう~!!」って思っている人って多いですよね。実は管理人もその一人でした^^;

去年、花粉症でない方も今年になって、花粉症の症状が出た方って非常に多いですね!「自分は花粉症なんかじゃない」と思い込んでいても、実際に花粉症の症状が出てしまうと、「オレ花粉症なのかな??」とふと、考えてしまいますよね。

花粉症の症状が出ると、鼻は詰まるし、喉の奥がかゆくなるし、鼻水はタラタラ垂れるし、最悪です!!花粉症になったら、勉強や仕事も集中できませんので、出来るだけ、早めに対処・治療したいところです。

管理人もここ数年は花粉症で悩んでいますが、つい最近、ネティポットというインドの伝統療法(鼻うがい)を始めました!このネティポットですが、かなり鼻の調子がよくなります。ただ、正しいやり方をしないと、鼻が痛くなったりするんですよね…

今回はどのようにすれば、鼻うがいを正しく出来るのか、痛くならないのか?などについて管理人の体験談などをシェアしていきますね^^

スポンサーリンク

花粉症の鼻うがいの正しいやり方!準備編

まずはじめに、花粉症に限らず、鼻うがいで一番重要なポイントは真水で絶対やらない、必ず食塩水で行うです!

なぜ塩を入れて鼻うがいをするのか?

水に天然の塩を入れることで、食塩水が体液に近い濃度になり、鼻が痛くなくなります。一般的に売られている食塩でも良いですが、鼻の中に入れるので、出来るだけ天然の塩を使うと良いでしょう!

ちなみに真水を鼻の中に直接入れると鼻の粘膜が傷ついてしまいます。千葉県船橋市にある、いとう耳鼻咽喉科の伊藤先生も、生理食塩水での鼻うがいについて、正しいやり方をやれば効果的だとおっしゃています。

管理人が実践済!鼻うがいをするための3つの準備

花粉症の鼻うがいの正しいやり方の前に、下記の3点セットを準備してください。

  • ネティポット(容器)
  • ミネラルウォーター
  • 天然の塩

ショップ名 スタイルデポ

ショップ名 ヒマラヤ岩塩専門店

花粉症の鼻うがいで痛くならない3つのポイント!

  • 水の温度
  • 塩の量
  • 小さいスプーンで混ぜる

水の温度

水の温度ですが、こちらはぬるま湯が一番ベストです!ほとんど、痛くなりません。これが冷たいと痛いですね…私の場合、熱いほうが耐えられます。一度、指で温度を確認してみるとよいでしょう。「ぬる~い」がポイントです!!

このような順番で、ぬるま湯を作ります↓

1.天然の塩をネティポット(容器)に入れる
2.お湯(ミネラルウォーター)をネティポットに注ぐ
3.冷たい水を入れて、ぬるま湯に調整する

最初にお湯を入れる理由ですが、最初にお湯を入れることで、塩が溶けやすくなります。冷たい水を先に入れてしまうと、塩が解けにくいですね。

ちなみに私はミネラルウォーターがない時、水道水で鼻うがいを行った時がありますが、水道水で作った食塩水は塩素臭いです^^;水は体の中に直接入るものですし、くれぐれも皆様は水道水でやらないようにしださい^^

塩の量

次に塩の量ですが、親指と人差し指で塩をつかんで、ネティポットの容器に2掴み入れます。この塩を入れすぎると、かなり鼻が痛くなります^^;

だいたいこの位の量がベストです↓
himarayaganen

塩入れすぎた~と直感で思ったら、迷わず洗面台に食塩水を捨ててください(笑)鼻に濃い濃度の食塩水を入れると、痛くてあとで絶対、後悔します…もう一度、ぬるま湯で食塩水を作り直しましょう。

小さいスプーンで混ぜる

最後に小さいスプーンで混ぜます。混ぜることで、ぬるま湯全体に塩が行き渡り、鼻が痛くなりません。ぬるま湯のどこかに塩が固まった状態で、鼻に食塩水を入れるとその塊が鼻の中を通って痛くなります^^;

上記の注意事項を守っていただければ、鼻は痛くなりません。

スポンサーリンク

花粉症の鼻うがいのやり方!実践編

前章では、花粉症で鼻うがいをやるための準備についてお伝えしました。痛くならないポイントは「ぬるま湯で食塩水を作る!」です!この章では具体的な花粉症での鼻うがいについて書いていきたいと思います^^

本当であれば、自分で鼻うがいを撮影して、動画にアップすればよいのですが、恥ずかしがりの管理人なので、今回は他の方の動画に使わせて下さい(笑)

ネティポットをつかって鼻洗浄。インドの鼻うがいネーティーとは?【前篇】

「京都 整体 あかときTV」

ネティポットをつかって鼻洗浄。インドの鼻うがいネーティーとは?【後篇】

「京都 整体 あかときTV」

鼻がスッキリ!鼻うがいの効果的なタイミング!

動画はいかがだったでしょうか?「自分には出来なそう~」と感じた方も多いかと思います。確かに最初は慣れないので、鼻の詰まりが取れないこともあります。私も最初に実践した時は上手く出来ませんでしたね^^;

ですが、毎日、鼻うがいをやるにつれて、コツを掴んできました。

この章では、管理人が実践した中で、特に「鼻うがいで効果的だな!」と思ったタイミングについて書いていきたいと思います。

管理人が実際に使用しているネティポット↓
nethipot

効果的なタイミングは3つ

  • 寝起き
  • 食事後
  • 鼻がムズムズしている時

寝起き

まずは寝起きです。普段から、部屋をマメに掃除している綺麗好きな人でも、睡眠をしている時は布団や部屋のホコリをかなり吸っている可能性があります。

もし、寝起きで鼻が詰まっているとしたら、かなりホコリを吸っていますね。寝起きで鼻が詰まっている時に鼻うがいをするとスッキリしますよ^^

食事後

次に食事後です。なぜ食事後がよいかと申しますと、食事をすること(ご飯やみそ汁など暖かい物を取り入れる)で、鼻が暖まり、鼻水が液状になります。この状態で鼻うがいをすると、鼻の粘液やホコリ、ウイルスがドバーと流れ落ちて、かなりスッキリします。

鼻がムズムズしている時

最後に鼻がムズムズしている時です。この状態は食事後とほぼ同じです。鼻がムズムズしている時も鼻水が液状です。食事以外で、鼻がムズムズしている時に鼻うがいをやると、かなりスッキリしますよ!!

hanadumari

鼻の中が乾燥している時はやっても無意味か?

ここで疑問に残るのが、鼻の中が乾燥している時です。ズバリ、鼻の中が乾燥している時でもやってください!!鼻の中が乾燥している時の鼻うがいのポイントは、多めに食塩水を流すことです!!

※多めというのは濃度が濃いという意味ではなく、沢山の量の食塩水を流し続けるという事です。

多めに食塩水を流すことで、徐々に鼻の中のホコリや鼻の汚れが落ちます。また、鼻の中に湿気が出てきてスッキリしますね。ネティポットでの鼻うがいを2回やるイメージでよいでしょう!!

鼻が詰まっている時の鼻うがいは?

次に鼻が詰まっている時の鼻うがいのやり方です。これが結構、難しいんです^^;私もやったことありますが、両鼻が詰まった状態だと、右から食塩水を流して左から出ず、入れた方から食塩水が出ます(笑)同じく、左から食塩水を流して、右から出ず、入れた方から出てきます…

鼻が詰まっている時の鼻うがいのポイントは、詰まっていても鼻の中に食塩水を流し続けるです!仮に、逆方向から食塩水が出なくても、鼻の中に食塩水を入れることで、徐々に鼻の中が暖まっていき、鼻の通りがよくなります。

ですので、入れた方向から食塩水が出てきても、食塩水を流し続ければ鼻の通りがよくなるってことです!!

鼻に水が入ったら中耳炎にならないの?

最後の疑問ですが、耳に水が入っても大丈夫なの?ってことです。鼻は耳とも繋がっていますので、鼻うがいをしたい際に、変なやり方をすると耳に水が入るかもしれません。

耳に水が入ってしまうと、中耳炎になる危険性がありますよね。管理人は今のところ、鼻うがいをしている時に中耳炎になったことはありませんが、念のため、耳に水が入る危険性についても調べてみました。

静岡県にある植田耳鼻咽喉科の植田先生によりますと、耳に水が入っても体温で自然乾燥するので大丈夫とおっしゃっています。

ただし、耳に傷がある時は話は別です!耳に傷がある場合は、耳からばい菌が入ってしまうことがあります。ですので、耳に傷がある場合は、鼻うがいをしないようにした方が無難ですね。

「耳鼻科で治療」対「ネティポットで自然治療」費用面を比較!

前章では、花粉症での鼻うがいの実践編、特に効果的なタイミングについてお伝えしました。ここまで、見ていただけば、鼻を痛めず、かつ鼻の通りがよくなると思います^^

この章では耳鼻科で治療するのとネティポットで自然治療するのでは、どちらが費用的に安いのかについて、考察してみました!

耳鼻科の場合の1ヶ月の費用

月に1回、鼻の治療に通っている場合(例)

診察代(約1000円)+薬代(約1000円)=想定2000円
jibika

ネティポットで鼻うがいした場合の1ヶ月の費用

水代(約150円)+天然の塩(約75円)=約225円

※ネティポットの容器を満タンにすると約150ml入ります。私の場合、天然の塩(1キロで約900円)は半年で半分しか減っていませんでした。

水(ミネラルウォーター)の1ヶ月の費用

約150ml×30日=4.5L(2Lのペットボトル2本弱)→1ヶ月あたり約150円

天然の塩の1ヶ月の費用

半年で約450円→1ヶ月約75円

その他、ネティポットの容器はプラスチック製で一つあたり約700円です。ポットでお湯を沸かす電気代は入れていませんが、入れても電気代は数百円程度です。

ネティポットなら1年で約2700円!

ネティポットを毎日使ったとしても、1ヶ月で約225円しか費用がかかりません(笑)

1年間で計算すると…

  • 2Lのペットボトル×27本分(2L×6本入りで4ケース弱)→1800円
  • 天然の塩(1キロ分)→900円

1年間通しても、約2700円しかかかっていません!!かなりお安くありませんか??

耳鼻科で処方されるエバステル(エバスチン)の副作用

費用面の比較から少し話がずれてしまいますが、お伝しなくてはいけないと思ったので書きます!私は普段からお酒を飲まない方なのですが、会社の健康診断の時に、肝機能(かんきのう)が低下していると診断されました。

「なんでオレが肝臓(かんぞう)悪いんだよ~。お酒飲まないし、肝臓悪いはずない。」と思っていた時に、何か薬飲んでないかな?と考えました。よく考えてみたところ、耳鼻科で処方されている「エバステル(エバスチン)」や「フロモックス」を毎日、服用していました。

私もつい最近知ったのですが、特にエバステルは飲みすぎることによって肝機能が低下するとネットにも書いてあります。「あ~そう言う事だったのか!」と思って、それからエバステルは飲まずに、ネティポットを毎日続けたところ、次の健康診断では肝機能に異常がありませんでした。

ネティポットは民間療法なので誰もやらない

今までネティポットの魅力について、お伝えしてきましたが、この方法をお伝えしても、やらない人が多いです。理由は民間療法だからです。

今まで、鼻が悪くなったら「耳鼻科へGO!」もしくは「薬局で点鼻薬!」というのが当たり前です。私も、1年前までは、そのような考え方でした。私は中学校から、鼻が悪かったのですが、その時も両親から耳鼻科を勧められました。

でも、いろいろな勉強をしていくうちに「出来れば自然なやり方で治すのがいいよね」という考え方にシフトしてきました。もちろん、鼻の症状がかなりヒドい時は、耳鼻科で手術も考えないといけませんが、軽い症状でしたら、ネティポットを毎日継続することで、症状は軽くなってきます。


まとめ

花粉症の鼻うがいのやり方ですが、まとめると…

  • ぬるま湯がベストの温度→冷たいと痛い…
  • 塩は少量で!→たくさん入れると痛い…
  • 効果が出るのは食後か鼻がムズムズしている時

以上ですね!

最後になりましたが、耳鼻科で出される鼻の点鼻薬や治療(スプレー)は炎症を抑えるだけのため、細かい鼻のホコリやウイルスは取ることができません。

私も耳鼻科で手術も経験して、長年お世話になっている(感謝してます)ので、耳鼻科否定は全くしていませんが、出来れば自然で鼻を治療したいですよね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ