銀行の印鑑を紛失した?手続きを徹底解説します!

やばっ!銀行の印鑑なくした!お金下ろせないんだけど…

いつも、バックの中に銀行印を閉まっておくのに、たまたたま印鑑をポケットに入れて、そのまま印鑑を紛失してしまった管理人です(笑)

今まで銀行の印鑑を紛失した経験はなかったのですが、ズボンの中に入れておいたら、いつの間にかなくしてしまいました( ゚∀゚)ノかなり、あせりましたよ( ゚ー゚)ノそれを奥さんに話したら、「恥ずかしい…誰にも言わないで」と言われてしまいました。

印鑑をなくしたので、早速、百円均一に行って、印鑑を調達してきました。その後、某地方銀行2行とゆうちょ銀行に行ったのですが、某地方銀行さんは手続きが、物凄く面倒で3往復もしてしまいました^^;

そんな私の経験談をシェアしながら、銀行の印鑑を紛失した時に何をすればよいか、手続きに必要な物は何か、手続きにはどのくらい時間がかかるのか、などについて調べてみましたので、ご覧ください!!

スポンサーリンク

銀行の印鑑を紛失!必要な書類と手続き方法はコレ!

まず、はじめに銀行の印鑑を紛失した場合、一般的に最低限必要な物は以下の3つです!!

  • 新しい印鑑
  • 通帳
  • 本人確認書類(運転免許証・保険証など)

この3つが最低限用意されていないと、銀行に行っても、すぐに返されてしまいますので、ご注意ください。また、ご存知かと思いますが、印鑑はシャチハタは認められていません。シャチハタというのは、インク入りの印鑑のことです。だいたいのシャチハタはキャップがついてますね。

syachihata

一般的には、上記の3つが必要ですが、銀行によって手続きのやり方が若干違います。

りそな銀行の場合

  • 1.近くの店舗に来店
  • 2.書類を記入
  • 3.自宅に案内状
  • 4.案内状を持参

りそなさんの場合は、案内状が必要です。手続きには約1週間~2週間ほどです。近くの店舗にまずは問い合わせしてみてください。

三菱東京UFJ銀行の場合

  • 1.喪失受付センターに電話にて連絡→0120-544-565(毎月第2土曜日21時~翌朝6時40分を除く、24時間365日)
  • 2.印鑑登録手続き
  • 3.10日~2週間で手続き完了後、印鑑の利用が可能。

三菱東京UFJさんの場合、印鑑を紛失した旨を銀行に連絡します。印鑑での不正取引を防止するためですね!

ゆうちょ銀行の場合

  • 1.新しい印鑑・通帳・本人確認書類を提出
  • 2.改印届を提出
  • 3.当日に手続き完了

ゆうちょ銀行さんのHPによると、本人確認書類は顔写真付きとのことです。ですので、保険証などは写真が付いていないのでNGですね。

通帳が複数ある場合(管理人の体験談)

必要書類の中に銀行の通帳がありますが、銀行によっては、手続きするのに全部の通帳を持参する必要があります!自分では一つしか通帳を持っていないと思っていても、両親が子供の貯蓄用の通帳を隠し持っていたりします。管理人がこのパターンでした^^;

その場合は通帳を2つ窓口に用意しないと、手続き不可になってしまうことがありますので、十分気を付けてくださいね^^

印鑑をなくした時の手続き時間は?

手続き時間についてですが、ゆうちょ銀行さんで手続きしたところ、約20分ほどで新しい印鑑の登録が完了しました!私は平日の昼過ぎに行ったので、混んでいませんでしたが、月末月初、5、10日と言われる日は混雑していますので、出来る限り銀行が忙しい時は避けましょう^^

スポンサーリンク

平日忙しくて銀行に行けない!代理する場合に必要な書類は?

前章では、銀行の印鑑を紛失した場合に、どのような書類を提出すれば手続きを行えるのか、また、手続きにはどの位の時間がかかるのか、ということをお伝えしました。

基本的に新しい印鑑と通帳と運転免許証などの本人確認書類があれば、手続きが可能ですが、銀行によって、少しやり方が変わりますので、その3つを準備した後に、銀行に連絡してみてください。

また、新しい印鑑での取引は最短で当日、遅くて約2週間程かかります。ですので、銀行の印鑑をなくした場合はすぐに銀行に連絡することが大切です!特に週末を挟んでしまうと、土日は銀行さんが営業していないので、手続き完了までに2週間以上かかってしまいます。

では、平日にどうしても銀行に行く時間がないサラリーマンの方はご家族に手続きを任せることが可能なのでしょうか?また、家族に手続きを代理する場合にどんな書類が必要なのかについても調べてみました!

ゆうちょ銀行の場合は?

ゆうちょ銀行さんのHPによりますと、銀行の印鑑を紛失して代理人が手続きを行う場合以下の3つが必要です!

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類
  • 代理人の印鑑

ここで少々やっかいなのが委任状です!一度、銀行に足を運んで委任状をもらった後、委任状を印鑑を紛失した本人に書いてもらって、再度、銀行に訪問しなくてはいけません。ですので、代理する場合は、最低でも銀行に2回行く必要があります。

ininjyo

他の銀行の場合も手続き方法は同じ?

他の銀行さんの情報も少しリサーチしてみましたが、見つかりませんでした。ですが、本人が行うのではなく代理人が新しい印鑑を登録するので、必ず本人の許可は得ているのか?という確認はされるはずです。

最近、管理人は奥さんの印鑑証明書を代理で申請しましたが、その時も委任状が必要でしたよ^^

銀行の印鑑を紛失しないようにするには

今までは銀行の印鑑を紛失した時にどのように手続きするかについてお伝えしました。そもそも、「銀行の印鑑をなくさなければ良い話じゃん…」という声が聞こえてきそうですが、なくしてしまったことは仕方ありません(笑)

ですので、今後は銀行の印鑑を紛失しないようにするためにはどのような方法を取ればよいかについて考えていきたいと思います。

金庫または同じ場所に保管

印鑑って、よほどのことがない限りは、普段使うことってありませんよね。

ですので、自宅の金庫などに閉まっておくことが大切です。また、当たり前のことではありますが、同じ場所にいつも置いておくことが紛失しない秘訣です。でも、これが当たり前のようで、出来ないんですよね…汗

銀行の貸金庫を利用する

こちらは銀行の貸金庫サービスというのを利用する方法です。年間約8000円~3万円の利用料金を銀行に支払うことで、ご自身の大切な預金通帳や貴金属類等を保管することが出来ます。

kinko

貸金庫に印鑑を預けておけば、銀行に印鑑が置いてありますので、絶対なくしませんね(笑)印鑑以外にも、高額な時計やネックレスなどが保管出来ますので、もし自宅に金庫がないという方は取り入れてみてもよいかもしれません。

ですが、貸金庫は年間の利用料がかかってしまうので、払う価値があるという方にはおすすめできますが、払ってまで保管する必要ないという方にはおすすめできません。また、貸金庫は数に限りがありますので、もし検討したい場合は早めに銀行に連絡してみてください^^

 


最後に

銀行の印鑑って紛失すると、とても面倒ですよね^^;印鑑を紛失してしまった場合は、今までお話した内容をもう一度読んでいただければ、新しい印鑑を登録することができますが、それよりまず、印鑑をなくさないことが大切です!!

私も日常生活でよく物を紛失しますが、良く考えてみると、いろいろな場所に物を置いてたりします。置いたのはよいのですが、置いた場所すら忘れています(笑)ですので、最後にお伝えした同じ場所に物を置くってことがベストですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ