健康診断前日の食事!おすすめメニューはアレだった!

明日は半年に一度の健康診断!前日はどんな食事をとればいいの?少しでも健康診断が良い結果になりそうな食事を取りたいところですね!!健康診断の時期がやってきました。半年ってあっという間ですよね。私の会社は半年に一回会社負担で健康診断を行っています。

いつも健康診断の時期が近づいてくると、ダイエットを意識する人っていますよね!私もその中の一人です(笑)特に健康診断の前日ともなると、野菜をモリモリ食べて明日は準備万端!と意気込んでいます。

ですが、健康診断の前に暴飲暴食をしている人が、健康診断の結果が良かったりするので、何を食べても結果は変わらないのか!と思ってしまいます。果たして、健康診断の前日はどんな食事を取ればよいのでしょうか?また、健康診断の何時間前に食事するのがベストなのでしょうか?

健康診断の前日の食事について、まとめたことをシェアしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

健康診断前日の食事!おすすめメニューはアレだった!

まず、はじめに健康診断前日ですが、ズバリ、バランスのとれた食事がベストです!特に炭水化物、タンパク質、油分が多いメニューや塩分が多いメニューを食べ過ぎないようにすることが大切です。

asagohan

理由は尿検査で行う尿蛋白(タンパク)のチェックや血液検査で行う血糖値で引っかかる可能性があるからです。といっても、尿蛋白や血糖値の異常は普段の偏った食生活で起こります。ですので、健康診断前日だからといって、野菜だけ食べようというのは、ほとんど意味がありません^^;

それを踏まえた上でおすすめメニューをご紹介しますね。

  • 玄米のおかゆ(茶碗一杯)
  • 白菜の漬物
  • ほうれんそうのお浸し
  • 納豆
  • もずく酢・海藻類
  • みそ汁(味噌は少なめ)

特に納豆などの豆類、もずく酢に含まれる酢は血糖値を下げる効果があります!

最近、注目されている低GI食品(血糖値の上昇がゆるやかな食品)と呼ばれているものです。詳しく知りたい方は低GI食品で検索して頂くといろいろな食品が出てくると思いますが、注意点は低GI食品でも食べ過ぎると血糖値が上がります。

白米のおかゆや玄米のおかゆはGI値が、普通のご飯より低いとされていますが、おかゆを2杯食べしまったら、普通のご飯を食べた事と同じになりますので、やはり食べすぎには注意ということですね!

スポンサーリンク

健康診断の何時間前に食事を取るべき?当日は食べたらNG?

前章では、健康診断の前日のメニューについてご紹介しました。個人的には普段からのバランスのとれた食生活をすることが大切だと考えているので、前日だからといって、極端に気にする必要もないかなと思います^^

私の職場で60代の女性がいますが、健康診断の前日にお酒を飲んで健康診断して、何も異常なしという結果でした。ですので、極端にタンパク質を摂取したり、脂肪分を沢山とらないようにすれば、健康診断の前日の食事は特に気にする必要もないのではないでしょうか?

ところで、「健康診断の前日は食事しない」とか「健康診断の当日は食事しない」というルールが一般的に言われていますが、健康診断の何時間前に食事を摂取するべきなのでしょうか?

公益財団法人岩手県予防医学協会によると、健康診断を実施する場合、食後10時間以上は飲食をしないこととされています。10時間以上空けるということなので、朝~昼にかけて健康診断を行う方は健康診断当日の朝食は飲食できません。

aisatujyosei2

理由は空腹時血糖検査という項目が関係しています。空腹時に検査しないと正確な数値が計れないということが、理由なんですね!!ですので、健康診断の前日の夜は食べることが出来るので、前日の午後18時~20時に夕食を済ませておくことがベストですね。

健康診断当日に食事を取って良い場合

逆に、当日の健康診断の時間が午後16時以降でしたら、午前6時に朝食を食べれば間に合います!ですが、10時間ピッタリになりますので、朝からお肉!というのはやめて、軽めの朝食を食べましょう^^

 

尿蛋白や血糖値に引っかかるとどんな病気になるの?

前章では、健康診断の何時間前にご飯を食べることがよいのか?というテーマでした。空腹にならないといけないので、最低でも10時間開けることが大切です。

とここまでは、健康診断の前日から当日にかけての食事の話題でしたが、もっと重要なのは普段の食生活からだと思います!もし、健康診断の結果がギリギリセーフだったからといって安心できません。逆に健康診断の結果が悪い人の方が、健康診断後、食べる物に気を配るので、数値が改善されたりします。

私も健康診断でコレステロールが異常に高いことが発覚して、それから半年間油分の多い食品を控えるようにしたら、次の健康診断で数値がかなり下がった経験があります。

ですので、健康診断の結果が、仮に悪かったとしても、普段の食生活を見直せば、徐々に健康体になっていきます。ですが、具体的に食生活のどのような部分を見直せばよいのか?が分からないですよね。特に普段の食生活で気をつけたい栄養素について調べてみましたよ♪

尿蛋白を排出されないためには腎臓のケアが必要!

健康診断でよく尿に蛋白(たんぱく)が出てしまうという方がいますが、普段の生活では尿に蛋白は出ることはありません。

全国健康保険協会のHPによると、尿に蛋白が出てしまう場合は、腎臓病(じんぞうびょう)などの腎機能障害が出ている場合です。そのため、尿に蛋白が出ている段階なので、まだ症状は悪化していません。初期症状と言えますね。食生活を見直すことで尿の蛋白は改善されます。

では具体的な改善アプローチはどのような方法があるかというと、まずはじめに良質なタンパク質を摂取することと塩分を控えめにすることです!タンパク質や塩分を摂取すると体から老廃物が排出されますが、この老廃物が腎臓に負担をかけているんです。

nattou

ですので、出来るだけタンパク質は魚や鶏肉・納豆などの良質な食品を取ることで腎臓への負担を軽減することができます。また塩分を控えるには、味付けを薄くするなどの工夫が必要ですね^^

血糖値を下げるにはジューサーで作る生の野菜ジュース

最初の章で血糖値を下げるには低GI食品を食べるのが効果的だということをお伝えしました。低GI食品というのは、玄米や納豆などの豆類、野菜全般、など、要するに炭水化物が極端に少ない食べ物です。

逆に高GI食品というのは白米を代表とした炭水化物が多い食べ物です。結論から言うと、お米を控えて野菜や豆類をいっぱい食べましょうというのが、一般的に言われている血糖値を下げる方法です。

ですが、これには弱点があります。最初の1~2週間は続きますが、次第にお米を食べたい欲求が抑えられなくなり、最後にドカ食いしてしまうというオチです。これでは続きませんし、逆にストレスが貯まってきます。

ですので、お米を控えるという方法はやめて、代わりの方法にします。その代わりの方法というのが生の野菜ジュースを飲むという方法です。私もここ6ヶ月くらい生の野菜ジュースを毎日かかさず飲んでいますが、かなり体の調子が良いです^^

yasaijyusu

ポイントはご飯前に野菜ジュースを飲むことです!ご飯前に野菜ジュースを飲むことで、おなかいっぱいになりますので、自然と白米を食べる量が減ります。しかも、野菜の凝縮した成分も摂取できるので、血糖値を下げるには効果的です!!

ちなみに私が使っているのはヒューロムスロージューサーH2Hというジューサーです。デメリットは商品の値段が高く、メンテナンスが少々面倒という点ですね^^;また、生の野菜を使いますので野菜代がかかります。最近は野菜が高騰していますからね。

ですが、将来、何かの病気になって高額な病院代・薬代を払うなら、今から自己投資と思って、野菜ジュースを飲んでいたほうが、トータル的に見てお金がセーブできます。ということで、野菜ジュースを飲むのをおすすめしているわけです^^

 

まとめ

健康診断の前日の食事ですが、おすすめはバランスのとれた食事です。炭水化物や油分が多い食事は、尿蛋白や血糖値に引っかかる可能性がありますので、控え目に食べましょう!

また、健康診断の結果が悪かったとしても、まだ大丈夫です!日々の食生活から見直すことで、健康体になることもできます!個人的におすすめなのはジューサーで作る生の野菜ジュースです。これを毎日飲むことで、かなり体の調子がよくなります。

あとはストレスを溜めないことも大切ですので、たまにはご飯も沢山食べて、脂っこい物も沢山食べて息抜きしましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ