窓の断熱シートの効果!冬の寒さにも有効!?

窓からのスキマ風が寒ッ!!

部屋を暖めているけど、何か寒いな~というご経験はありませんか?ズバリ、窓から冷たい風が入ってきているのが寒い原因です。我が家にも全面が窓の部屋がありますが、冬は窓際にいるだけで、寒くてブルブル震えちゃいます( ツꀀ゚∀。)ノ

そんな時に活躍するのが窓の断熱シートです!

でも、断熱シートって本当に効果があるのかってことが気になります。また、どのようにすれば断熱シートの効果をより発揮できるのか、部屋に冷たい空気が入らないようにするにはどうすればよいか、などなど!気になる疑問をまとめてみましたよ♪

スポンサーリンク

窓の断熱シート!夏と冬の効果の違い

まずはじめに、窓の断熱シートですが、夏が涼しく、冬は暖かいと一般的には言われていますね!断熱シートの効果は基本的にフローリングに入れる断熱材と同じです。

夏の効果は日差しや暑さをカット!

夏は冷房を使うと思いますが、窓の断熱シートやフローリングの下の断熱材がないと、涼しい空気が外に逃げてしまいますが、断熱シートや断熱材を入れることで、外から入ってくる暖かい空気を遮断し、中の涼しい空気を保つことが出来ます。

冬の効果は冷気を遮断!

冬の場合は、この逆で、窓の断熱シートや床の下の断熱材を入れることで、外から入ってくる冷たい空気から守ってくれ、部屋の中では暖かい空気を外へ逃さないという効果が得られます。

dannetuzai

冬に窓の断熱シートを付けて効果を得る方法は?

外から入ってくる冷たい空気から守っていくれる窓の断熱シートですが、冬の寒い時期には、本当に断熱効果が得られるのでしょうか?実際にネットで販売している窓の断熱シートの口コミを読んでみましたが、中には「断熱効果が得られない」と書いているが何人かいらっしゃいました。

おそらく・・・

  • 窓の構造が2重サッシでいないこと
  • 部屋の隙間から冷たい風が入ってくる

上記のような原因で部屋の室温が下がっています。冷たい空気が入ってくると、そのまま部屋の下に流れてしまうので、床やフローリングが冷たくなってしまいます。

特にフローリングは一度冷たくなってしまうと、なかなか暖まりにくいという特徴があります。ですので、部屋の下に冷たい空気が流れないようにするのが最も効果的ですね!

部屋の床を暖かくするには?

では、部屋の床やフローリングに空気が流れないようにするためにはどうすればよいか?ということですが、窓際のパネルを使うという方法があります!

冷気をストップ!窓際パネルLサイズ882円(税別) 送料別

ショップ名 ハッ!と驚く衝撃価格!HAT-SHOP

こちらの窓際パネルは、窓の下部分の全面を覆うことで、冷たい空気を緩和することができます。肝心の効果についてですが、「暖かい」と口コミしている方もいる反面、「思ったより薄かった」「ないよりあるほうがまし」「寒い」というような口コミもありました。

かなり冷え込む真冬には完全に効果を実感するのは難しいと個人的には感じます。

スポンサーリンク

断熱シートと断熱カーテン!どっちが効果ある?

前章では断熱シートや窓際パネルを使うことで、部屋に入ってくる冷たい空気をシャットアウトすることをお伝えしました。断熱シートは窓のガラス面を保護することで断熱効果を得られることがメリットの半面、窓以外の部分を保護することが出来ないのがデメリットです。

窓以外の部分というのは、窓枠だったり、窓枠と壁の間の隙間です!意外と隙間から風が入ってしまい冷えるんですよね( ´Д`)ノ

そんな時の救世主が断熱カーテンです!

mado

ズバリ、断熱シートより断熱カーテンのほうが窓全体を覆うことが出来るので、断熱の効果が期待できます!普通のカーテンと断熱カーテンの違いは3重構造になっていることです。断熱カーテンの場合、表地と裏地の間にアルミやチタン、樹脂などの生地が混ぜられていることが多いですね。

断熱シートか断熱カーテンどちらか一つを使うというのも良いですが、出来れば、「断熱シート&断熱カーテン」や「窓枠パネル&断熱カーテン」など合わせ技をするとさらに効果が高まりますよ♪

 

まとめ

断熱シートの効果はご自宅の窓によって効果が違ってきますね!!

比較的、最近建てた新築住宅でしたら窓が2重サッシになっていて、断熱材が入っている事が多いので、断熱の効果が得られますが、昔建てた住宅の場合、サッシが2重になっていなかったり、断熱材が全く入っていないので、隙間から冷たい風が入ってきてしまいます。

もし、断熱効果を得たい場合は、窓枠パネルや断熱カーテンを合わせて使うことで、外からの冷たい風を抑えることができます。全部取り付けるとお金が掛かりますので、予算面を考えて、ご家族と相談してから決めてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ