防寒手袋!バイク用でおすすめな商品は?

真冬にバイクを長時間運転すると手がガチガチに凍りますよね( ´∀`)ノ

特に毎日、バイクを運転する方は、手が痛くて仕方ないというご経験をされているのではないでしょうか?

私も仕事柄、よくバイクを運転しますが、冬になるとバイクの運転が本当嫌になります…^^;真冬にバイクを運転していると、手が凍っているということは何度もありました。

でも、手袋って防寒用にすると手の暖かさが全然違うんですよね!

私自身も防寒の手袋はいくつか試したことありますが、この冬に向けて、改めて防寒の手袋を探そうと思いました!

バイク用の防寒手袋でおすすめなものはないか、機能はどうなのか、しっかり防寒できるのか、などなど、機能的なバイク用の防寒手袋について調べてみました!

スポンサーリンク

まずはじめに、おすすめの防寒用の手袋をご紹介する前に、バイクの運転で手を寒くしないためには、ハンドルカバーを最低限装着することです。

理由は冷たい風と雨をハンドルカバーによって防止できるからです!!経験上、あるのとないのでは、寒さが全然違います( ・∀・)ノ

ハンドルカバーが着いていれば、普通の軍手を付けていても、少しの時間は寒さをしのげます。もし、余裕のある方はハンドルカバーもご検討してみてくださいね^^

防寒性、機能性重視の防寒手袋

おたふくの防寒防水手袋!裏フリースの二重手袋

1280円(税込)

【おたふく】【防寒防水手袋】 HOT ACE PRO / HA-323 裏フリースの二重手袋 グレー×黄 マジック付

ショップ名 ワークストリート

商品の特徴

  • 防寒
  • 防水
  • 中がフリース

この商品のおすすめな理由は何と言っても、中がフリースになっていることです!!

私も普通の手袋と中がフリースになっている手袋を比べたことがありますが、中がフリースになっている手袋の方が圧倒的に暖かかったです。

tebukuro

冬に長袖のフリースを来ているのと同じ感覚ですよね^^また、商品ページにも書いてありますが、防水加工になっているので、雨の日も水を弾きます。

水を弾くので、雨の日でもハンドルカバーがなくても、バイクの運転に心配はありませんね。

ただ、口コミにも書いてありますが、手袋の隙間から水が入ったり、使い込んでいくと中に水がしみ出てきてしまいます。

金額的にリーズナブルなので、使い込んだら新しい商品を買ってみてもよいのではないかと思います。

また、口コミを見ていてわかりましたが、手袋が二重構造になっているので、買う時はワンサイズ大きめを買ったほうがよいです。

ほっかほかインナー手袋 充電式ホットインナーグローブ

10926円(税別)

ショップ名 マツカメショッピング

商品の特徴

  • 手袋に電気ヒーター内臓
  • 普段使いもできる
  • 手袋が使いやすい

こちらの商品は充電式の電子ヒーター内臓の防寒手袋です。2.5時間の充電で約6時間連続使用が可能です!

この商品は仕事場の人が持っていて、管理人も付けたことがありますが、かなり暖かさが実感できました♪

しかも、普通の手袋とほとんど使用感が変わりないので、バイク以外でも使用可能です。

暖かい防寒手袋ではありますが、やはり、バイクの運転時に風が手に当たり続けると、次第に手は冷たくなります。ハンドルカバーも装備しておくことで、2倍の効果が得られますね^^

スポンサーリンク

おしゃれな防寒手袋はないの?

防寒手袋を一通り見てみましたが、どちらかというと、機能重視、防寒重視になってしまうため、デザインがオシャレとはかけ離れていますよね( ´∀`)ノ

どちらかというと、スキー用の手袋に近いデザインのものが多いように感じます。

女性にとっては、もう少しオシャレな防寒手袋をつけたいところです。そんな女性のために、女性用の防寒手袋を探してみました。

tebukuro1

柔らかさが違う!裏起毛であったか!最高品質ラムレザー本革手袋(fg16)

3790円(税別)

ショップ名 reca (レカ)

商品の特徴

  • 本革
  • 裏起毛
  • 手の甲のデザインが選べる

この商品はバイク用ではありませんが、裏起毛ということで高評価を得ている商品です。

良い部分は本革を使用しているので、高級感があることです。また、おしゃれなのでバイク以外でも、普段使いでも使えることが良いですね^^

逆にデメリットは、中が裏起毛になっているので、サイズがワンサイズ小さくなっていることです。少し大きめを買うことをおすすめします。

他にバイクで使う女性用の防寒手袋を探してみましたが、値段も5000円以上して、商品的にも価格的にも魅力的な商品はありませんでした。

最大限に手を温める方法は?

今までバイク用の防寒手袋について調べてきましたが、手を暖めるためには防寒手袋だけでは、寒さをしのぐのは厳しいです。

手を最大限に暖めるには、防寒手袋、ハンドルカバー、ハンドルヒーターの3つが必要です!!

防寒手袋

ハンドルカバーとハンドルヒーターの2つを付けていれば、防寒手袋は必要ありません。

urakimogunte

裏起毛の軍手

こちらの写真は、私が冬に着用している軍手です。近所のホームセンターで買ってきました♪

私が乗っているバイクにはハンドルカバーとハンドルヒーターが付いているので、この裏起毛の軍手だけで十分です^^

何時間もバイクを運転していると、さすがに手は冷たくなりますが、1時間の運転くらいなら、裏起毛軍手で問題ありません。

ハンドルカバー

この記事の最初の方でも、お伝えしましたが、ハンドルカバーは風や雨を防ぐのに効果的です。特に冬に吹く風は冷たいので、ハンドルカバーがあるとホントに暖かいです。

ハンドルカバーはアマゾンや楽天などで1500~3000円くらいで販売しているので、バイクを日常的に乗っている方はご検討してみるとよいと思います。

ハンドルヒーター(グリップヒーター)

ハンドルヒーターというのは、バイクのハンドル部分に付けるヒーターのことです。ハンドルヒーターはハンドルに内臓タイプとハンドルに外付けタイプがあります。

おすすめはハンドルに内蔵タイプです。ハンドルに内蔵タイプは温かさの段階を別付けのスイッチで調整できるのが最大の利点です。

温かさマックスで素手で運転すると、熱くて火傷するほどの温度です^^;

ハンドルに内臓タイプはハンドルのゴム部分ごと取り換える必要があるので、通常、バイク屋さんに修理を依頼しなくてはいけないのがデメリットですね。

バイク屋さんに依頼する場合は、ハンドルカバー代+修理代がかかりますので、金額的にも負担になりますね。

バイクのおすすめグッズ

nekuwoma

首を暖めるためのスヌードです。ユニクロで1500円位で買いました。

バイクを運転していると、どうしても、襟元から風が入ってしまいますが、これを付けることで、暖かくなります。

かなりおすすめですね!これなしでは、冬は過ごせません^^;

 

まとめ

バイク用の防寒手袋ですが、おすすめは手袋の裏が起毛になっているタイプです。手袋に防水機能も付いていると、雨の日も寒さを和らげることができますね^^

また、充電式のホットインナーグローブは電気製品のため、雨の日の使用に気をつけたいですね。

バイクを長時間乗る方やバイクを日常的に運転する方は、ハンドルカバーとハンドルヒーターも合わせて付けることをおすすめします。

 

手をもっと温めたい方におすすめの記事はこちら

バイクのハンドルカバーのおすすめ商品はコチラ!

バイクのグリップヒーターの効果を最大限に高める方法!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ