滑舌が悪い原因は?実は食事と舌の位置が影響してる!

滑舌が悪くて、上手く話せない。

面接の時、噛んでしまったら、どうしよう…

普段の日常生活で何か言葉に詰まってしまう時ってありませんか?滑舌が悪いな~って感じたことありませんか?

実は私も滑舌が悪くて、人前で話す時に噛んでしまう時があります。

私が社会人になりたての頃、新人だったので電話受けを任されていましたが、いつも噛んでしまって恥ずかしい思いをしていました。

いつも電話を出るのが嫌で嫌で仕方ありませんでした(´д`)ノ

でも、何で人によって滑舌が良い、悪いという差が出てきてしまうのでしょうかね?舌が長いからといか、いろいろなことが言われていますが、滑舌が悪い原因ってよくわかっていません。

何で滑舌が悪くなってしまうかについて調べてみました!

スポンサーリンク

滑舌が悪い原因は?

まず、滑舌が悪い原因についてですが、調べたところ、様々な要因があることがわかりました!!

以下のような流れで滑舌が悪くなると考えられます。

  • 噛む回数が減っている
  • 下顎が小さくなり、上顎と噛みあわない
  • 口呼吸になる
  • 低位舌(ていいぜつ)になる
  • 舌が下がっているので滑舌が悪くなる

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

噛む回数が減っている

まず、滑舌が悪い根本的な原因は、ズバリ食事の時、噛む回数が減っていることです!!

kamu2

戦争前の日本は食べる物もごくわずかで限られていました。食べ物が限られていたので、満腹を満たすためによく噛んで食べていましたね。

よく噛んで食べることで、顎(アゴ)が発達してきます。顎の発達は主に下顎に影響してくるので、しっかりと噛んでいれば、下顎と上顎の大きさに差がありません。

 

下顎が小さくなり、上顎と噛みあわない

ですが、現代社会では、柔らかい食べ物が増えて、食事の時に噛む回数が減ってきてしまっています。噛む回数が減ってくると、当然、下顎も発達しませんので、下顎が小さくなってきます。

下顎が小さくなっていくると上顎と上手く噛みあわなくなってきて、口が空いてしまいます。

また、下顎が小さくなるとそれに伴って、歯並びがV字型になってきてしまいます。歯並びがV字型になると歯並びも悪くなってしまうんです。

口呼吸になる

元々、下顎というのは筋肉で繋がっているだけなので、下顎がブラブラとぶら下がっている状態です。それに加え、上顎と下顎がかみ合わなくなると、口呼吸になってしまいます。

通常、口を閉じている状態であれば、舌は下がりませんが、口が空いている状態だと、舌が徐々に下がってきてしまいます。

スポンサーリンク

低位舌(ていいぜつ)になる

この舌が下がってきている状態を低位舌といいますが、低位舌は、主に口呼吸や幼少期の指しゃぶりが原因と言われています。

低位舌は舌が下がった状態にあるので、舌苔が出来やすくなり口臭の原因や睡眠時無呼吸症候群にも繋がります。

 

舌が下がっているので滑舌が悪くなる

舌が下がってくると軌道が塞がった状態になってしまうので、軌道が塞がったまま、話すことで滑舌が悪い!ということになるんですね。

正しい舌の位置って?

舌が下がってしまっていることは、滑舌が悪い原因だということはわかりましたね^^では、舌というのは、日常生活でどの位置にあれば、正常なのでしょうか??

日本矯正歯科学会の岡崎医師によると、舌の正しい位置は、前歯の少し後ろ付近に舌がある状態のことです。

実際に指で触るとわかりますが、ちょうど丸く膨らみがある部分です。この部分をスポットと呼んでいて、普段から舌をスポットに置いておくことが滑舌にもよいんです!!

舌が下がっているかどうかを見分ける目安

舌が下がってきていると、舌の外側に歯形がついてしまいます。

舌の外側が歯で当たって痛かったり、表面がボコボコしていたりすると、舌が下がってきてしまっているので、スポットを意識するよいですね。

 

また、正しい位置に舌がないと、歯並びも悪くなるって、ご存知でしたか??

「え~!舌と歯並びって何の関係があるの?」って思いましたが、どうやら、飲み込む動作に関係があるようです!!

人間は毎日、無意識のうちに飲み込む動作をしていますが、この飲み込む動作をするときに、舌で歯を押してしまうことで、じわじわと歯並びが悪くなっています。

要するに舌で歯を押して隙間が出来ることで、歯並びが悪くなってしまうということですね。ちなみに飲み込む動作は1日で約1500回も知らず知らずにやっていると言われています。

ですので、舌の位置はスポットに当てることを意識することで、滑舌が悪いのも直ってきますし、歯並びも改善されてきますね^^

滑舌が悪いのを診てくれる医者は何科?

滑舌が悪い原因は、食事の時に噛む回数が少ないことや舌が正しい位置にないことだということはお伝えしました。

では、実際にお医者さんに診てもらう場合は、何科に行けばよいのでしょうか?

「正しい舌の位置」で検索してみると、だいたい歯医者さんが出てきたので、歯科で間違いありません。もう少し専門的な分野ですと、歯科口腔外科になります!

歯医者さんによって、歯科口腔外科も入っているので、一度電話にて確認してみるとよいですね。

口腔外科って何を診てくれるの?

日本口腔外科学会のHPによると、口腔外科は主に口の中や顎、その周辺付近を診てくれるお医者さんです。

また、それ以外にも食事や発音・会話が上手にできないなどの症状が出た場合も相談できます^^

 

最後に

滑舌が悪いのは舌が下がってきているからだったんですね!

食事で噛まないことが根本的な原因となっていて、それによって舌が下がってきて、軌道を塞いでしまっているんです。

滑舌が悪いな~と感じたら、舌が下がっているので、舌を前歯の後ろ付近に当ててみてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ