コンタクトを付けて寝ると失明する?危険性や防止策!

「あ!コンタクトを付けながら、1時間くらい寝ちゃった。。

「寝ても痛くなかったけど、失明するって噂で聞いたよな…」

私の友人でコンタクトを付けたまま寝る人がいます。「そんなことしてたら、目に悪そう…」と前々から思ってはいました。

本人は「ただ痛いだけなので、問題ない」と言っていましたが、そのまま放置すると目に危険ではないかな?と心配です。

友人の事が心配なので、今回、コンタクトを付けて寝る事の危険性などを調べようと思い、リサーチしてみました!!

スポンサーリンク

コンタクトを付けて寝るとどうなるの?

まずはじめに、コンタクトを付けて寝ることをしてしまうと、どうなるか?について調べてみました!!

公益財団法人日本眼科学会に所属している静岡市静岡医師会のHPによりますと、コンタクトを付けて寝ることにより、目の中に酸素が不足すると記載があります。

kontaut2

酸素が不足するとどうなるか?ですが、角膜の透明性が減ったり角膜内皮障害という病気になってしまうそうです!

角膜内皮障害って?

まず、自覚症状として目のかすみが起こる場合があります。また、角膜が剥げやすくなり、ひどくなると目の痛みが起こります。

一度、剥がれてしまった角膜を元通りに戻す場合、現段階では角膜の移植手術しかないそうです!!怖いですね><

 

また、目をつぶっている時は目をあいている時に比べて、酸素の供給量が3分の1に減ってしまうようです。確かに目を閉じているのですから、酸素が目に行き渡りませんよね…

スポンサーリンク

コンタクトを付けて寝ると失明するの?

次にコンタクトを付けて寝ると失明するか?ですが、どうやら感染性角膜炎になってしまうと、失明の危険性があるようです!!

kontakut1

感染性角膜炎について、もう少し掘り下げていきたいと思います!!感染性角膜炎の感染経路は、不衛生な手で目を触ったり、便や飛沫感染などがあります。

感染性角膜炎の症状としては、目がしょぼしょぼしたり、白目が充血したり、ゴロゴロしたりします。ひどくなると、出血やリンパが腫れたりします。

このように症状をみてみると、コンタクトを付けて、寝てしまった場合が原因というより、コンタクトを衛生的に扱っているか??に問題があるようですね!!

コンタクトで失明を防ぐには?

コンタクトで失明を防ぐには衛星的に扱うことがとても重要だということがわかりました!!では、コンタクトを衛生的にするにはどうすればよいか?について調べてみました。

me1

コンタクトで有名なシードさんによりますと、コンタクトの連続使用時間は使い捨てコンタクトレンズで1日となっています。

めちゃっくちゃ当たり前の事ですが、これを守るってことです^^;コンタクト代を節約したいからといって、2日使用したらNGですね。

また、「一度外したコンタクトレンズは必ず捨てる!」というのが鉄則です。

大事な目を守るために覚えておきたい事

 

酸素透過性が高いコンタクトを使用する

酸素の供給量が減りやすいコンタクトは、大き目のレンズというのが特徴です。レンズが大きいと目に酸素が行き届かなくなります。

最近の主流となっているのは、酸素透過性の高いコンタクトです。特徴としてはレンズが小さくコンタクトを付けている時に、酸素が行き渡りやすくなっています。

定期検査

定期検査ですが、コンタクトを購入する度、もしくは2~3ヶ月に一度は必ず行うようにします。ただ、このような決まりがあっても、みなさん守っていないのが現状です!!

使用方法を守っていない人がほとんど??

ワンデーアキュビューを販売してるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の「コンタクト使用者1000人へのインターネット調査」によりますと…

  • コンタクトを購入する度に定期検査を受けている人が約3割。
  • 使用期限を超えてコンタクトを使用している人が4割。
  • コンタクトをインターネットで購入している人の眼科受診が2、3年に1回…

最初はルールを守るけど、その後は、みなさんいい加減なんですね^^;

 

違和感があったら外す

目に違和感があったら、すぐコンタクトを外すことが大切です。以下の症状があった場合は外す目安ですね!!

  • 目が痛い
  • 目が充血する
  • 目やにが出る
  • 目にゴロゴロ感がある
  • 目がショボショボする

 

まとめ

今回、コンタクトを付けて寝ることについて調べみて、わかったことが「コンタクト自体が異物」ということです!このことは、日本眼科学会も認めていますし、コンタクトと付けて寝ることはやめた方が良いですね。

もし、コンタクトを使用する場合は、使用方法をしっかり守り、定期検診に2、3ヶ月に1度必ず行くことをオススメします。

また、酸素透過性の高い(酸素が行き渡りやすい)コンタクトを使うことで、目への病気を防止することができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ