電子レンジのアース線は付ける必要ある?付けないと漏電する?

「新しい電子レンジ買ってきた~!」

「これから説明書見てキッチンに取り付けなくちゃ!!」

でも、待って!電子レンジに付いている緑のアレ!アース線

これって付けるべきなのか??そもそもなんのためについているのか?今回は、そんなアース線についての記事です。

スポンサーリンク

アース線を付けないとどうなる?

アース線の役割は、何らかの問題によって、電子レンジの外側に電気が流れ出てしまった場合、つまり漏電してしまった場合に、その流れ出た電気を、安全な場所へ流すのが役割です。

kumatan_warai

漏電の仕組みは、電化製品の内部の絶縁体が破損して、本来は流れない場所、つまり電化製品の外側に電気が流れるといったものです。

最近の電子レンジは、漏電の危険性はとても低いですが、万が一という場合があります。

例えば、漏電している電子レンジの設置場所が、木やゴム等、電気を通さない絶縁体の上にあるとします。その電子レンジに人間が触れると、電気がすべてその人に流れてきます。

そのまま地面に流れていけばよいのですが、足場等が濡れていた場合、感電し、最悪の場合、命に関わります。ですので、手間を惜しんで付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

アース線の付け方

さて、そのアース線の付け方ですが、いたって簡単です。コンセントの下についているネジに巻きつけるだけです。

konsent

アース線と表記されたフタがついているものもあれば、ネジがむき出しのものもあります。

まず、アース線の先端のビニールを取ります。最近のものは切れ目が入っていて、手で簡単に取ることが出来ますが、かたい場合は、ペンチを使いましょう。

電線が出たら、アース線用のネジを緩め、そこに巻きつけます。作業は以上です。簡単ですね。

付けるコンセントがない場合

コンセントの差込口しかない・・・。

「アース線が届かない。」

といった場合の対処法について解説します。

densirenji

■アース用の端子が無い場合

他の電化製品で使用中であれば、一色単にして大丈夫です。元々無い場合は、「ビリビリガード」という商品を使いましょう。この商品は、漏電を素早く感知して、通電を止めてくれるものです。

■短くて届かない場合

ホームセンターなどで、アース線だけを買ってきて延ばすことができます。やり方は、むき出しにした電線同士をねじってつなぎ、ビニールテープ等の絶縁体で固定すればOKです。

まとめ

アース線は、漏電の危険から私たちを守ってくれるものです。最新の電化製品は、漏電対策がしっかりしているようです。しかし、万が一のことを考えると、しっかりと取り付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ